イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【星野目をつぶって】第10話:と、或る人が云っていた②【ネタバレ感想】

160615-h02

◆前回のあらすじ◆

星野のメイクだけ上手くできないことを弓削先生に相談する小早川。弓削先生は意識するあまりうまくいかない『イップス』ではないかと言います。

星野も小早川にはゆっくりと上手くなっていってくれればいいと考えているのですが、そういう星野に小早川は当たり散らします。その行為を見て、星野は小早川の過去に何かあったからではないかと勘づき、それを話してほしいというのでした。

◆星野目をつぶって◆

第1巻7月15日発売!

第1巻相当(1話2話3話4話5話番外
第2巻相当(6話7話8話9話10話・11話)

最新『星野目をつぶって』

◆登場キャラクター◆

160518-h95 星野海咲(ほしのみさき)
クラスの派手なグループにいる本作品のヒロイン。結構な行動派で正義感が強い。毎日メイクをしているが、自分でメイクする能力はゼロである。
160518-h91 メイク前の星野
小学生までは普通にスッピンでいた。弓削先生のおかげで中学からメイクし始めます。
160518-h93 小早川(こばやかわ)
人とあまり関わり合いを持ちたがらない性格であったが、美術部顧問の弓削先生に頼まれ星野のメイクをしてあげることになる。メイクをしてあげるも、うまくならない。
160518-h94 松方いおり(まつかたいおり)
加納グループといういじめっ子達にいじめられていたのを星野と小早川が助ける。小早川が好きである。小早川が星野のメイクをしていると知り自分もと仲間にいれてもらう。
160518-h92 弓削先生(ゆげせんせい)
美術部顧問の先生で生徒たちから人気がある。星野のメイクをしてあげているが、忙しいため小早川にも協力をお願いする。




松方さん、停学明けの加納と遭遇

星野とトイレで会話した後、教室に戻る松方さん。

今まで一人でいることが松方さんにとって、今までになく楽しい日が続いていました。

そんな時、廊下で誰かとぶつかります。

160615-h01

それは、警察に暴力をふるってしまい停学になっていた加納でした。

小早川の小学生時代

小学生のころ、小早川は引っ込み思案で、愚鈍、チビという存在でした。イジメにあっていてもおかしくはないくらいの大人しいタイプだったんです。

そんな小早川をいつも気にかけ、仲間の輪に入れてくれていたのが●●という同級生の少年でした。

160615-h03

強くて優しくてヒーローのような存在であった●●くんでしたが、何故か彼は周りに敵を作ってしまいました。●●くんに対して、クラスメート全員による、嫌がらせ、イジメが始まってしまったんです。

160615-h04

小早川は●●くんに

『●●くんは悪くない!』
『みんながどんなに無視したって』
『僕がそばにいる』
『僕が守るから』
『だって僕らは・・・・・』

そう言っていた小早川でしたが、だんだんと●●くんと距離を置くようになり、●●くんをイジメていた方の輪に身を置く存在となってしまいました。

160615-h05

そんな小早川は、周りの人間に、何より自分自身に強い嫌悪を感じてしまいます。そして、小早川はそれ以降、卒業まで家を出ることはありませんでした。

話そうとしない小早川

星野は、小早川が人と人とのつながりをきらいのは理由があるんだろうと感じます。それを小早川に話してほしいと言います。

しかし、小早川は話をしません。

『別に話したくなかったら話さなくていいよ』
『ウチらだって16年も生きてれば』
『誰にも話せないツラいこともできるし』

160615-h06

そうアドバイスする星野でした。

そこで、遠くからガラスの割れる音と、悲鳴が聞こえてきます。2人はそちらの方へ向かいました。




松方さんに暴力をふるう加納

ぶつかった松方さんと加納ですが、加納は一方的に松方さんが悪いと決めつけ、謝らなかったことを激怒し、突き飛ばします。

ガラスにぶつかり、破片で切ったのか、松方さんは頭から血を流していました。加納は怒りが収まりません。

160615-h07

その騒ぎに気づいた周りの生徒たちは、とめもせず、ただ面白がってみているだけでした。

あたしは”あっち側”だったの

その場に駆け付けた小早川と星野。周りのみんなも、教員たちも見て見ぬ振りです。

星野は松方さんを助けるために、メイクを落としに行こうとしますが、小早川はそれを止めます。『ヒーロー気取って突っ走るのではなく、おとなしく”こっち側”で仲良しこよしだけしてろよ・・・!』と

そんな小早川に星野は言います。

『あたし達のいる今ここが』
『”こっち側”っていうんなら』

160615-h08

『あたしは”あっち側”だったの』
『むかしね』

思いがけない言葉に、小早川は驚くのでした。

◆感想◆

松方さんピンチです! 会話は後回しにして、早く助けて!! そして、加納達はもう退学にしておいてください。

というか、わざわざメイクを落としに行く必要があるんでしょうかねぇ。前回はトイレで松方さんに水をかけていたため、メイクが落ちるという理由から、メイクを落として助けに行きましたが、今回は止めるだけなんですから、特にメイクを落としに行く理由はないと思います。ちょっとその点が疑問でした。

今回、小早川の過去が語られましたので、次回辺り、星野の過去が語られる回になるかもしれませんね。

いや、語るのは後でいいので、松方さん助けてあげてください!!




-星野目をつぶって

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。