イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【たくあんとバツの日常閻魔帳】第6話:人食い屋敷の吸生樹【ネタバレ感想】

2016/07/26

160620-n08

◆前回のあらすじ◆

たくあんが通う学校に入学することにしたバツ。たくあんは、バツに休まる時間をと考えていましたが、本人には全くそういった気持ちはありません。そこで、『日常特訓』によるボーリングの歓迎会を提案しました。

ボーリングに行ったのはたくあんの友人である天王寺と綺芽委員長。途中、天王寺が歪んだ勝利への執念で鬼ノ怪にとりつかれてしまうトラブルもありましたが、バツにとってはこれからも心休まる時間を作ることができる良いきっかけとなりました。

◆たくあんとバツの日常閻魔帳◆

1巻相当(1話2話3話4話5話6話7話8話

2巻相当(9話10話11話・12話)

最新『たくあんとバツの日常閻魔帳』

◆登場キャラクター◆

160517-ee1 バツ
閻魔大王の一人娘。閻魔大王が殺害されてしまい、鬼ノ怪が現世に溢れてしまいました。それをどうにかするため、バツは地上に行きます。秩序、均等に関して強いこだわりを持っています。
160517-ee2 九十九多九郎(つくもたくろう)
日常の中にある幸せを追い求める少年。あだ名は『たくあん』。唯一の家族で会った母親を殺され、犯人に強い悪意を持っている。そのため、鬼にとり憑かれてしまった。
160610-t91 麻狛(まこ)
閻魔大王に買われていた犬『麻狛』。閻魔大王を人間に殺されてしまったために、人間を憎んでいる。たくあん宅の壁修理費用返済のため現在、バイトを頑張っている。




少年からの依頼

とても無口な少年がチラシを持ってたくあんの家にやってきました。どうやら初めての依頼です。

160620-n01

2丁目の真暗坂の上に大きな屋敷があります。

その屋敷の敷地内にある森のように広大に広い場所が子供たちの遊び場になっています。そして、子供が何人かそこで行方不明になっているのです。

大人たちにはそう言っても信じて貰えず、その少年はチラシを見て、たくあんとバツの元へやってきたということでした。

屋敷の中へ

屋敷の門の前まで来たたくあんとバツ。危険なのですが少年もついてきてしまいました。

そこへ突如現れた子供。いきなりバツの尻を触り遊ぼうと言ってきます。

160620-n03

どうやら、少年が言っていたとおり、多くの子供たちが集まって森のように広い敷地内で遊んでいるようでした。

バツは敷地内で遊んでいる子供たちを追いながら庭の調査を行います。

160620-n04

たくあんはおじいさんが一人で住んでいるという屋敷の方へ向かいました。

屋敷の中を調査

『すいませーん』

そういって玄関の戸を開けますが、誰も出てきません。

子供が行方不明になっているという事情が事情なだけに、たくあんは中へと不法侵入していきます。

そこには写真たてが・・・・・

160620-n05

たくあんは写真を見て、あることに気づきます。

そして、慌ててバツがいる森の方へ向かっていきます。




木の鬼ノ怪

子供たちを探すバツ。木の陰に隠れている子供を見つけます・・・が、隠れているのではなく、木の鬼ノ怪に食べられている状況でした。

バツは慌てて子供を救出します。しかし、木の鬼ノ怪はつるでバツを捕らえると口の中に入れてしまいました。

160620-n06

どうやらそのまま血を吸うタイプの鬼ノ怪のようです。

鬼ノ怪の正体は少年に変装した屋敷の主人

バツのピンチでしたが、鬼化したたくあんが救出します。

たくあんはバツに『憑りつかれているのはこの屋敷の主人だ』と告げます。

そこへやってきた子供たち。その子供にたくあんは言います。

160620-n07

実は子供の姿に変装した屋敷の主人だったのです。普通ならありえないことですが、鬼ノ怪の能力を使い、子供になっていたのです。

たくあんは一度見たものはいつでも脳内で再生できるという高い記録力を持っています。

家の中にあった老人の写真の顔の傷。そして、子供の顔の傷。その2つがまったく同じであったことから、同一人物である可能性が高いと判断できたわけです。

裁きの時間

本性を現した屋敷の主人は木の鬼ノ怪に姿をかえます。

体のいたるところには行方不明となった子供たちが捕らわれています。

160620-n08

どうやら主人はその能力を使い、子供たちを自分の若返りのための養分としていたようでした。

たくあんは鬼の力を使って子供たちを救出。

そして、バツによる裁きです。

160620-n09

養分を全て吸い取られ、主人は地獄へと落ちていきました。

謎の二人!?

少年の友達を救出し、一件落着です。

少年はこれからも変な噂などがあれば教えてくれると約束してくれました。

その光景を電柱の上から眺める謎の二人・・・・・!?

160620-n10

◆感想◆

この作品は『たくあんが探偵役』で『バツが裁き役』って感じですね。

そして、たくあんには『一度見たものは脳内でいつでも再生することができる記憶力』という能力があるようです。とても便利ですね! これくらいの記憶力を身に着けたいものです。

そして最後に出てきた二人・・・・・。口ぶりからしてバツの仲間っぽいですね。

女の方は『牛』で、男の方が『馬』ってことでしょうかねぇ。地獄がらみで牛と馬って登場していましたっけ? よくわかりません。

今後、どういった登場の仕方をしてくるのか楽しみです!




-たくあんとバツの日常閻魔帳

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。