イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【たくあんとバツの日常閻魔帳】第9話:地獄の日常【ネタバレ感想】

2016/07/26

160711-n07

◆前回のあらすじ◆

たくあんの学校にスクールカウンセラーの先生として赴任してきた馬頭。馬頭は嘘を本当のことのように見せてしまう能力を持っています。馬頭の嘘に翻弄されます。

さらに、馬頭は『閻魔大王殺しの犯人とたくあんは一緒に生活していた』という驚きの事実を伝えます。これは嘘ではなく真実でしたが、バツは惑わされることなく、馬頭の策を見破り、馬頭を捕らえるのでした。

◆たくあんとバツの日常閻魔帳◆

1巻相当(1話2話3話4話5話6話7話8話

2巻相当(9話10話11話・12話)

最新『たくあんとバツの日常閻魔帳』

◆登場キャラクター◆

160517-ee1 バツ
閻魔大王の一人娘。閻魔大王が殺害されてしまい、鬼ノ怪が現世に溢れてしまいました。それをどうにかするため、バツは地上に行きます。秩序、均等に関して強いこだわりを持っています。
160517-ee2 九十九多九郎(つくもたくろう)
日常の中にある幸せを追い求める少年。あだ名は『たくあん』。唯一の家族で会った母親を殺され、犯人に強い悪意を持っている。そのため、鬼にとり憑かれてしまった。
160610-t91 麻狛(まこ)
閻魔大王に買われていた犬『麻狛』。閻魔大王を人間に殺されてしまったために、人間を憎んでいる。たくあん宅の壁修理費用返済のため現在、バイトを頑張っている。




嘘をついたバツを受ける馬頭

160711-n01

閻魔大王殺しの犯人について知っていることを話すよう、バツは馬頭に『熱々おでんの刑』を与えます。

『百舌野創平』はこの街のどこかに潜伏している

閻魔大王を殺した犯人である『百舌野創平』。

彼はこの街に潜伏しており、たくあんと何らかの接触をはかろうとしいると馬頭は考えています。

もしかしたら、たくあんは百舌野創平の仲間になってしまうかもしれません。

敵になるか、味方になるか、その判断をするために馬頭はここにきました。

結論としては、『ひとまず生かしておく』です。

しかし、たくあんとバツの結束が揺らぐようなら、即座に殺すと脅しをかけます。

160711-n02

閻魔大王が生きていた頃のように・・・

そのまま去って行こうとする馬頭と牛頭。

バツは2人に言います

『牛頭、馬頭』
『アナタ達にはまだ未熟な私に色々教えてもらいました』
『また・・・』
『父がいた頃のようには・・・なれないのですか』

夕飯を食べていかないか?

寂しそうに、そう言うバツを見て、たくあんは言います。

『今から夕飯つくるけど食ってかねーか?』

160711-n03

そこへ麻狛もやってきます。

160711-n04

たくあんの機転で、にぎやかな夕食となりました。




バツが失った地獄の日常

バツも張り切って料理を振る舞います。

160711-n05

しかし、料理は酷いものでした。

結局、たくあんが全て作ることになります。

160711-n06

少し前までは敵として戦っていた相手ですが、もともとは共に過ごしてきた仲間であったはずです。

これがバツの地獄の日常だったんだなと感じるたくあんでした。

160711-n07

『百舌野創平』

二階にあるとある部屋。そこには母親、たくあんと百舌野創平の3人の写真がありました。

160711-n08

写真をのぞき込むバツに、たくあんは百舌野創平のことを話します。

創平はある事件で両親を亡くしており、その事件の担当だった母親が保護し、一緒に生活することになりました。約2年ほど家族として一緒に生活していたというわけです。

閻魔大王が生きていた頃のようだった

暗い話題をさえぎって、バツはたくあんにお礼を言います。

まるで父が生きていた頃のようだったと。

160711-n09

偵察に来ていた創平の部下

隣の建物の屋根の上にいる敵に気づいたたくあんは、一人やってきます。

みんな、平和な日常の中にいるため邪魔をされたくはありません。

『帰ったらアイツに伝えとけ』
『必ず会いに行くって』

『お前の事、一時たりとも忘れたことはないって』
『あの日のことも』

160711-n11

今日から一緒に住むことにしたバツ

次の日の朝、地獄の連中は帰ってしまったようでした。

昨日は色々あったため、今日は一日ノンビリしようと考えるたくあん。

朝風呂に入ろうとしたところ・・・・・

160711-n12

着替え中のバツが!?

バツは、いつ敵が来るかわからない為、たくあんの家で一緒に住むことにしたのです。

とりあえず、恥を均等にするために、ひんむかれてしまうたくあんでした。

◆感想◆

今回はノンビリとした日常回でしたね。戦ってばかりというのもなんなんで、こういった日常回はもっと増やしてほしいなと個人的に思いますねぇ。

たくあんの母親を殺し、バツの父親である閻魔大王をも殺した百舌野創平。今回の話で、ラスボスが『百舌野創平』であることがハッキリしたわけでして。まぁ百舌野創平も何かに操られているという可能性も高いのですが。

何となく全体像が見えてきましたね。

それはそうと、たくあんが鬼化した時の髪の長さが長くなっていましたね。

160711-n11

以前はもっと短かったはずです。麻狛と似ているから何らかの理由付けで設定変更したのかもしれませんね。

160711-t51

右がたくあんです。

しかし、よくみると麻狛も髪を束ねているだけで、長いですねぇ・・・・・。




-たくあんとバツの日常閻魔帳

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。