イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【双亡亭壊すべし】第14話:<双亡亭>侵入【ネタバレ感想】

2016/12/04

160629-s01

◆双亡亭壊すべし◆

第1巻相当(1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻相当(9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻相当(19話・20話・21話・22話・23話・24話・25話・26話・27話・28話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。




ツトムが参加することになった理由

ツトムは双亡亭内の知識を持ち合わせていなかったため参加は見合わせることになっていたのですが、急きょ、双亡亭に関する重要な情報を持っているということが判明したため、加わることになりました。

160629-s01

第一班、超常現象研究グループ、アウグスト博士

160629-s05

持参している機器で霊的現象、磁性現象をチェック。異常がないことを確認します。

作戦の内容

第二班であるツトムは、森田さんに作戦内容を聞きます。

・双亡亭の四方数か所から侵入。
・民間の特殊専門家
・それを護衛する4名の志願隊員
・後ろから『爆破部隊』が続く

つまり、『双亡亭破壊作戦』とは『爆破部隊が、内部から爆薬で吹き飛ばす』という作戦なわけです。

160629-s02

紅などの霊能力者たちは、その爆破部隊の護衛と補助という位置づけです。




双亡亭内に突入

双亡亭の玄関を開き、刀巫覡の紅が内部の霊的なものをチェックします。危険はありません。

部隊は内部に侵入。
160629-s51

第三班、修験者『朽目洋二』

奇妙な階段があるため、先に危険がないか修験者の朽目がチェックをします。

160629-s03

隊員が登ってみると、先は天井に突き刺さり、行き止まりになっていました。

第四班、新霊能力者『鬼離田姉妹』

和室らしき部屋のふすまを開けます。

160629-s04

そこは『部屋』というほどのものではありませんでした。

奥行50cmほどしかなく、双亡亭の主人である『坂巻泥努』の肖像画が飾られています。

そして、なぜか首から下は水につかっている状況になっていました。

160717-s52

ツトムは坂巻泥土が書いた本を読んだことがある

この前の説明会の時出た名前『坂巻泥土』。

以前、ツトムは古本屋で自費出版の古本を見つけ買ったことがありました。それが双亡亭の主人である『坂巻泥努』が書いた本だったのです。

160717-s51

その本の情報は誰も知らなかったため、重要情報提供者としてツトムは双亡亭破壊作戦に参加してもらうことになったのです。




-双亡亭壊すべし

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。