イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【双亡亭壊すべし】第17話:溶暗【ネタバレ感想】

2016/12/04

160720-s15

◆双亡亭壊すべし◆

第1巻相当(1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻相当(9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻相当(19話・20話・21話・22話・23話・24話・25話・26話・27話・28話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。




突如、周りが闇になり・・・・・

鬼離田姉妹が多くの人間がとりつかれていた理由を説明しようとしたところ・・・・・、突如、明かりをともしていた『投光器』の調子がおかしくなり、全て消え、真っ暗闇になってしまいました。

160720-s01

暗闇になった途端、周りにいたはずのタコハ、森田、宿木隊長の気配が無くなっていることに気づく紅。

山で修業し、暗闇に慣れているにもかかわらず、周りがまったく見えません。

そもそも、今はまだ午前中です。

大きな窓があり、投光器が無くても問題ないくらいの明るさはありました。にもかかわらず、投光器が消えてしまっただけで、まったく周りが見えないほどの暗闇になってしまっています。

160720-s02

闇の中で、唯一見えたのは・・・扉?

その扉に近づき、扉の中を覗いてみると・・・・・。

内閣総理大臣官邸にいる緑朗と青一

小学校にいた緑郎と青一は、宿木と森田に案内され、内閣総理大臣官邸へとつれてこられました。

緑郎と青一は、とある部屋で待機しています。

闇の中、襲われる緑郎と青一

そこへ・・・頭に変な眼鏡をつけた男たちが現れました。

160720-s04

その男たちは照明を消します。あたりは真っ暗闇です。

そして、いきなり襲い掛かってきました。

160720-s05

緑郎と青一は驚きながらも反撃!

160720-s06

そこへ、棒を持った男が襲い掛かります。

青一は冷静に、腕をドリル状にして、棒を粉々に粉砕してしまいました。

160720-s07

暗闇の仲であるにもかかわらず、青一のその攻撃は的確だったのです・・・。




緑郎と青一を試した斯波総理

戦いが終わりと、照明がつき、明るくなりました。

照明をつけたのは桐生防衛大臣でした。

160720-s08

そして、襲ってきた男は、斯波内閣総理大臣だったのです。

160720-s09

<h2暗闇でも見ることができる緑朗

斯波内閣総理大臣は、緑郎を見て言います。

160720-s10

緑朗は暗いって感じはしなかったと言いますが、実際は、『普通の人間が赤外線照射と光増幅管付きの暗視ゴーグルがあってやっと見えるくらいの暗さ』だったのです。

実は、同じように暗闇でも目が利く人間が2人います。

斯波総理と、桐生防衛大臣です。

緑朗と2人に共通していることは『一度、双亡亭で憑りつかれたことがある』ということです。

双亡亭内の絵

斯波総理は、緑郎に45年前の話をします。

160720-s12

その直前、彼女は壁にある・・・・・おそらくは『絵』だと思われるものを見ていました。

一方、暗闇の中でツトムたちとはぐれてしまった紅は、自分の肖像画の絵を見つけていました・・・・・・。

160720-s15

そして・・・その肖像画に近づいていきます・・・・・。




-双亡亭壊すべし

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。