イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【ダイヤのA act2】第44話:塁上の元気者【ネタバレ感想】

2016/08/12

160803-d02

◆ダイヤのA act2◆

5巻(37話38話39話40話41話42話43話44話45話
6巻(46話・47話・48話)

最新『ダイヤのA act2』

◆キャラクター紹介◆

◆青道高校◆

1番(遊)倉持 2番(中)東城 3番(二)小湊
160810-d91 160810-d92 160810-d93
4番(捕)御幸 5番(右)白州 6番(一)前園
160810-d94 160810-d95 160810-d96
7番(左)結城 8番(投)降谷 9番(三)金丸
160810-d97 160810-d98 160810-d99
控え(投)川上 控え(投)沢村
160810-d82 160810-d81

◆市大三高◆

160810-3708

◆現在の試合状況◆

春季東京都大会 準決勝
『青道』VS『市大三高』

青道 2 0 0 0 0 2
市大 0 0 0 0 5 5




意表を突く、沢村の打席

5回裏は沢村の好投で何とか抑えることが出来ました。

6回表は8番ピッチャーの沢村。

160803-d01

沢村は、まさかのバントの構え。

ランナーがいないにもかかわらずです。

160803-d02

エースと控えの差

沢村は、打席に立ちながら5回の事を考え悔しがります。

160803-d03

監督が降谷をなかなか変えなかったのは、降谷がエースだったからです。

もし自分が投げていたなら、果たして5点取られるまで投げさせていただろうか・・・・・いや、とっくに返られていたはずです。

沢村は、背番号の差、エースと控え投手の差を痛感しながら打席に立ちます。

160803-d04

バントの構えからヒッティング!

ファーストの上を抜け、ライト右のライン上を転がっていきます。

沢村は2塁まで走りました。ツーベースヒットです。

160803-d05

9番、金丸はバントの構え

ノーアウトランナー2塁で、次は9番の金丸。

監督からのサインでバントの構えです。

ピッチャー天久の初級は・・・・・切れのあるスライダー!

金丸、バントの構えですが空振り!

2塁から飛び出ていた沢村をキャッチャーは矢のような牽制を送りますが、ギリギリセーフです。

余裕のある天久

ピッチャーの天久は冷静です。

ノーアウトランナー2塁ではありますが、点差は3点。

1点、2点は大丈夫と考えながらも、切れのあるボールを投げ込んできます。

2球目もスライダー!

金丸は必死に食らいつきますが、ファールです。バントでもあてるのは難しい状況。

これでツーストライクと追い込まれました。

バント失敗する金丸

追い込まれた金丸は監督を見ます。

監督はスリーバントのサイン。

160803-d06

そして天久、3球目!

金丸はバントで迎え撃ちます・・・・・が・・・・・・

160803-d07

スリーバント失敗。ランナー送れず。

ワンナウト、ランナー2塁となりました。




1番、倉持

そしていよいよ青道は上位打線です。

1番の倉持!

160803-d08

点差は3点であるため、1点ずつ確実に取っていく必要があります。

初級、インコースへストレート!

ファールです。

2球目、なんと意標をついてのスローカーブ。

倉持はタイミングを外され空振り。

そして、3球目!

160803-d10

鋭いスライダーが内角に決まります! 空振り三振!!

天久の勢いはとまりません!




-ダイヤのA actⅡ