イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【ヒナまつり】第59話:怪物VSモンスター【ネタバレ感想】

2016/12/04

160821-h16

新田の元へやってきた2人の高校生男子

顔を怪我した妙な高校生男子が、ヒナと共に新田の家にやってきました。

160821-h01

2人は新田のことを尊敬しており、大はしゃぎです。

そこへ新田が現れます。

ヒナの男友達だと思った新田は『友達は選べ』とヒナに注意します。

160821-h02

しかし、どうやらヒナではなく、新田の方に用事があって訪ねてきたのでした。




ヒナの高校の空手部顧問になったミカ

新田は、以前、ミカが訪ねて来た時のことを思い出します。

ミカは、ヒナが通う帝辺高校の空手部顧問になることになりました。

自分が通っていた道場の先輩つながりでの紹介です。

160821-h03

とりあえず、自分で部屋を借りて生活するとのことで安心していました。

キチガイモンスターをどうにかしてください!!

2人の高校生は、尊敬する新田の妹が顧問ということで喜んで空手部に入ったのですが、あまりにも凶暴で、毎日毎日、顔面をボコボコにされてしまいます。

そこで、新田に妹を止めてほしいとお願いしにやってきたのでした。

160821-h04

ミカを心配する?母親からの電話

夜、母親から電話が来ました。

ミカがうまくやれているか気になったからです。

もちろん、上手くいっているわけがありません。

160821-h05

母親もなかなか落ち着いてくれないミカに大弱りです。

お兄ちゃんなんだから何とかしてという頼みに、新田も困ってしまうのでした。

ミカをどうにかしなければ

新田は子供の頃のミカを思い出します。

ミカはすぐに暴力をふるう困ったタイプの人間でした。

160821-h06

その延長線上にいるのが、今のミカなわけです。

新田にとってミカは、長年やり損ねた板宿題です。

160821-h07

覚悟を決める時がやってきました。




ミカ(妹)に勝負を挑む新田(兄)

160821-h08

新田は

『俺が勝ったら』
『ごく一般的な体罰のない』
『健全な空手部にする』

という条件で勝負を挑みます。

ミカはもちろん余裕で勝てる自信があります。

160821-h09

新田も余裕を見せます。

『ここいらで分からせてやろうと思ってな』
『兄には決してかなわないって事をよ』

もちろん、ヒナの超能力を使って勝つ気でいます。

お前の攻撃は当たらない

いよいよ闘いが始まります。

しかし、新田は構えようとはしません。

『このままで十分だ』

そういって余裕を見せます。

160821-h10

『じゃあ、はじめ』

ヒナの掛け声とともに、開始です。

160821-h11

なんと、あっけなく当たってしまいました。

ミカの攻撃が予想よりも速かったため、ヒナが対応しきれなかったのです。

160821-h12

痛さを我慢して、必死に演技を続ける新田。

ミカの攻撃を全てよける

ヒナも今度は集中して対応します。

160821-h13

当たりません。

全て避けられてしまいました。

驚くミカ。

しかし、大きく避けるのは、新田の体に与える影響も大きいものでいた。

骨と筋肉がきしみます。

お情けの防御

これ以上よけるのは体の負担が大きすぎると判断した新田は

『お情けで防御してやろうか?』
『そうすれば多少は前線してるように見えるだろ?』

新田は、ミカの岩をも破壊するバンチを両腕で防御します(ヒナの超能力で)。

160821-h14

かなり痛いです、新田の腕が。

余裕をかましながら防御する新田ですが、心の中では痛さで絶叫せざるをえません。

何とか全て防御しましたが、新田は苦痛で余裕の表情をするのも困難です。

160821-h15

勝負が決まる!!

ミカは理解できない状況に苦悩しますが、少なくとも今の攻撃では兄に勝てないことだけはわかっています。

ミカは渾身の一撃を放つことを決意。

160821-h16

そして・・・・・勝負は一瞬で決まりました。

160821-h18

なんと、まったく動きだすモーションが無い段階からの正拳突き!

普通、何らかの動きを行う場合は『予備動作』というものがあり、その予備動作を見て相手は動きを判断することができます。

しかし、新田の動きにはそれがなく、ミカは完全に虚を突かれ、対応できなかったのです。

敗北を認めるミカ

兄の思いがけない攻撃に驚くミカ。

しかし、コブシを自分に当てない行動に納得がいきません。

160821-h19

カッコイイ台詞を吐きつつも、内心は暴力的すぎる実の妹に不満たらたら。

160821-h21

ミカもさすがに敗北を認めざるをえませんでした。

オレに近づくんじゃねぇ!!

新田のあまりにもカッコいい姿に、空手部部員たちは感動の涙を流します。

そして、新田の元へ走り寄ります。

しかし、新田は言います。

『俺に近づくんじゃねぇ!!』

160821-h22

恐ろしく、そしてカッコいい新田に、改めて空手部員たちは尊敬の念を送るのでした。

しかし・・・・・実際は、体がボロボロだったのです。

もう、動いただけで絶叫しそうな状況でした。

何とか体面を保てた新田でしたが、その日は、地獄の苦しみから解放されることはありませんでした。




-ヒナまつり