イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【あおざくら】第16話:誰がため【ネタバレ感想】

160831-a10

◆あおざくら◆

第1巻(1話2話3話4話5話6話7話
第2巻(8話9話10話11話12話13話14話15話16話・17話)
第3巻(18話・19話)

最新『あおざくら~防衛大学校物語~』

◆登場キャラクター◆

160518-a95 近藤勇美(こんどういさみ)
成績優秀だが実家が自営業の飲食店で貧しく進学を諦めていた。しかし、年上の幼馴染が東北の震災で被災者救助で活躍していたことを知り、自衛隊に興味を持ちます。進路指導にて、防衛大学校は勉強ができ、お金ももらえると知り、自分にはここしかないと進学を決意する。
160518-a92 沖田(おきた)
近藤と同室の1学年。父親が自衛官であり、純粋に自衛隊にあこがれている。入校式以降、少しノンビリとした性格でああることから先輩たちに目をつけられ、厳しくされることもある。
160518-a91 原田(はらだ)
近藤と同室の1学年。高校時代は野球をやっていた。海外派遣に興味を持っている。運動能力が高く手も器用であるため、たいていのことはそつなくこなしてしまう。
160518-a97 松平容介(まつひらようすけ)
近藤の対番で2学年。近藤を先輩として支えてくれる存在。いたずら好きの一面もある? 入校式以降、死んだようにくたびれており、近藤の相手をしてやる余裕がない。
160518-a94 坂木(さかき)
部屋長で4年生。クールな性格のようだ。入校式以降、怒鳴りつける厳しい先輩に豹変。鬼である。修羅である。
乙女の実の兄。両親が離婚しているため苗字が違う。表面上、乙女のことを突き放しているようにも見えるが、裏では一学年のことを色々と話し聞かせているようだ。ツンデレである。
160518-a93 西脇(にしわき)
サブ部屋長で4年生。おおらかで、後輩想いの先輩。入校式以降、別人のように厳しい先輩に豹変。しかし、イメージはゴリラのまま不変。
160518-a96 岡上 乙女(おかがみ おとめ)
1学年の女子。高校時代にナギナタで全国優勝している。可愛くて男子から注目されている。
サカキ部屋長の妹。かなりのお兄ちゃんっ子のようだ。




カッターを終えた二学年

二学年は朝から動きが俊敏で、声のノリも今までになく素晴らしいものでした。

160831-a01

カッターを終え、次の休日から外泊できるようになった二学年は、水を得た魚のように生き生きとしています。

そんな中、近藤は顔を晴らし、皆から心配されるのでした。

160831-a02

原田の脱柵未遂

昨晩の原田の脱柵未遂は、誰も気づいていないようでした。

あの後、近藤と原田は急いで学生舎へ戻ります。

入口でサカキ部屋長が待ち構えていましたが、特に何か言われるということもありませんでした。

160831-a03

ダベってた罰で、部屋で腕立て

朝からダベっていたという理由から、部屋長の命令で『腕立て10』を言い渡されます。

10・・・9・・・8・・・7・・・6・・・5・・・4・・・

160831-a04

残り1回と思いきや・・・・・0.9・・・0.8・・・0.7・・・

ただでは終わらせてくれないサカキ部屋長です。

入校式当初ほど理不尽ではなくななってきた?

そんな理不尽を受けつつも、沖田は入校式当初に比べれば理不尽ではなくなってきたなと感じるようになっていました。

厳しくされると言っても、それはミスしたところがあるからです。

何が注意指導の対象になっているのかを理解してきたということも大きいのかもしれません。

皆で、人間の慣れってスゲーなと笑い合うのでした。




防衛大学校を辞める手順

160831-a05

それをみて武井は、防衛大学校を辞めるヤツだろうと予想します。

160831-a06

入校式以降に防衛大学校を辞めるには、多くの手順を踏まなければいけないのでした。

武井の言葉に切れる原田

160831-a07

『人命や国の存亡にかかわる仕事なんだぞ』
『自覚が足りないんだ。時には命を・・・』

そのように説く武井に、いきなり関節技を決めだす原田。

160831-a08

原田は昨晩の件もあり、つい武井の言葉にイラついてしまうのでした。

原田の脱柵の件を松平先輩に相談

以前、松平先輩に『部屋で聞けないようなことは何でも相談してくれ』(第2話参照)と言われていた近藤は、原田のことを相談します。

近藤は、脱柵を考えていた原田を止めてしまいましたが、本当に止めるべきだったのかと悩んでいるのです。

160831-a09

防大だけが全てではない。

一般大に入り直した方が原田にとって幸せだったのかもしれないとも思えるのです。

皆で支え合い、皆で乗り越えていく

『ここでは皆が極限を強いられる』
『原田学生だけじゃない』
『同じ状況が皆におこりうるってことだ』

『つい先日行ったカッターだって』
『オレ一人じゃ絶対にムリだったぜ?』
『ペアで支え合って、皆で励まし合って』
『全員の力で一人じゃこえられない壁を越えていくんだ』

『支え合うことで極限状況を乗り越えていける』
『それを実感できて学べるのがこの学校じゃねぇかな』

160831-a10

松平先輩のアドバイスで、近藤も少し心のもやもやが晴れるのでした。

そこへ、原田が近藤を探しにやってきます。

160831-a11

女の子の話をしだす松平先輩を見て、あの時の悪夢を思い出す近藤学生でした。




-あおざくら~防衛大学校物語~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。