イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【メジャー2nd】第67話:直球勝負【ネタバレ感想】

2016/12/04

160914-m06

◆メジャー2nd◆

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻(63話64話65話66話67話・68話・69話・70話)

最新『メジャー2nd』

◆登場キャラクター◆

◆三船ドルフィンズ◆
160713-m01

◆東斗ボーイズ◆
160713-m02

◆現在の試合状況◆

Aブロック準々決勝
『三船ドルフィンズ』VS『東斗ボーイズ』

三船 0 1 1
東斗 1 0 1




佐藤のピッチングは変化球!?

東斗の3回裏の攻撃。

ツーアウト、ランナー3塁というチャンスで4番の眉村。

佐藤が眉村を1-2と追い込んだところで、眉村は佐藤のピッチングが『不正投球である変化球(チェンジアップ)』ではないかと指摘します。

小学生の少年野球においては、ルール上、変化球は禁止されているのです。

160914-m01

眉村の指摘から、球審4人は、マウンドの佐藤の所へ確認に行きます。

不正投球と判断される

野球に関してあまり知識が無い佐藤。

球審に説明を求められ、緩急をつける方法として、自分で考えたボールの握り方を工夫したことを告げます。

160914-m02

球審は、そのボールの握り方を見て、変化球であると判断。

佐藤に、

『二度とそのボールを投げないように』
『再び変化球を投げたら退場処分』

そう説明するのでした。

160914-m03

思いがけない事態に動揺する佐藤。




直球しか投げられなくなった佐藤

『緩急をつける』という佐藤の作戦は失敗となりました。

眉村は『プレートの位置でどこになげるか』を見抜いています。

こうなったらプレートとは逆の位置に投げるしかありません。

160914-m04

ボール!

佐藤は手だけでコースを狙いますが、ストライクゾーンに入りません。

2球続けてボールです。

狙われた直球!

カウントは3-2のフルカウント。

佐藤の頭には、4番を歩かせるということはありません。

眉村はそれを見透かしていました。

力でねじ伏せようとする佐藤の一球! それを眉村は狙っていたのです!!

160914-m05

ストレートしかない。

2球見逃してスピードも把握できている。

そして、プレートの位置でどこに投げるのかもわかっている。

それを打つことは、眉村にとってさほど難しいことではありませんでした。

160914-m06

100mは飛んだであろう、大きなホームランとなりました。

ツーランホームランです。

これで3-1。

気持ちの整理ができていない佐藤

ホームランを打たれたことで、心配そうに見つめるアンディと卜部。

佐藤は相手の5番にストレートを投げます!

160914-m07

何も考えずに、安易に投げてしまった1球。

どこに投げるかコースをわかっている5番もまた、高らかにホームランを打ち込むのでした。




-MAJOR2nd