イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【猫のお寺の知恩さん】新連載第1話【ネタバレ感想】

2016/08/21

160509-n01

2016年5月9日発売のビッグコミックスピリッツ24号から新連載となる作品『猫のお寺の知恩さん』です。『富士山さんは思春期』のオジロマコトさんによる作品となります。

◆猫のお寺の知恩さん◆

1話2話3話4話・5話

最新話更新




主人公の須田源(すだげん)くん、田舎に引っ越してくる

とある古いお寺に引っ越しの段ボールが届きます。

引っ越し屋
『小寺澤(こでらさわ)サーン。』

女性?
『はーい、ただいま。』

引っ越し屋
『どちらに運びましょうか。』

女性?
『奥の部屋にお願いします。』

160510-n03

田舎のバス停にバスが到着します。バスから降りたのは須田源くん。


『前、後ろ、どこを見渡しても、山、山、山。』

(県外の高校に進学を決め遠い親戚のお寺に下宿することになった。世間は春休み。)

160510-n04


(はじまるぜ、新生活! 彼女とかできたりして。)

バス停で待ち合わせ

(俺が小学校に上がる前に親の事情で数ヶ月だけその寺に預けられていたらしいけど、会えば思い出すのかな?)

160510-n02


(すげえ恰好・・・。なにあれ。)

女性?
『・・・須田源くん?』


『え。』

小寺澤知恩
『小寺澤知恩(こてらさわちおん)。』


『あぁ! 知恩ねーちゃん! 大おばさんの孫の!』

知恩
『憶えてた?』


『名前がヘン・・・じゃなくて、めずらしいからそこだけ記憶残ってた!』

知恩
『・・・。』

バイクのヘルメットを源に渡す知恩。

知恩
『しっかりつかまってね。』


『ご遠慮なく!』

源は知恩が運転するスクーターの後ろに乗り、目的地のお寺(住む場所)に向かって走り出します。


(かすかに線香のニオイ・・・。)
『地元の人ってどこで遊んだりすんの?』

知恩
『田舎は何もないからね。もうすぐ着くよ。』

お寺の中を案内

お寺についた二人はスクーターから降ります。

知恩
『バイクおいてくるから先に中入って。カギ開いてるから。』

160510-n05

お寺をみた源は一言。


『ぼろっ・・・。』

バイク置き場では飼っているのか、柴犬がワンワン吠えています。

バイク置き場から戻ってきた知恩は、お寺の鐘を眺めている源に話しかけます。

160510-n06

知恩
『どう、懐かしい?』

知恩を見た源は少し顔を赤らめ、照れ隠しにそっけなく答えます。


『や、あの・・・そんなガキの頃のこと覚えてねーや。なんにも全然。』

不満顔の知恩。

知恩
『部屋に荷物を置いたら本堂で挨拶しましょう。』

160510-n07

本堂で二人は手を合わせます。何となく知恩が気になって距離を置いてしまう源。

160510-n08

初ニャンコ登場(笑)。

知恩は源を引き連れて、お寺の内部を案内します。

知恩
『離れにはこのサンダルはいていってね。』

少しはなれば場所へ移動する二人。

160510-n09

知恩
『トイレ。』


『うわ・・・。』

建物とは別の場所にある、いかにも田舎という雰囲気の古いトイレに少し戸惑います。

知恩
『夜は真っ暗だから、懐中電灯使ってね。住むと慣れていらなくなるけど。』

源の部屋

源が住む部屋に案内されます。

知恩
『陽当たりはいいでしょう。』


『うん!』

よほど気に入ったのか源は満面の笑みです。

知恩
『部屋の掃除と洗濯は自分でしてね。』


『あ、うん。これは?』

160510-n10

カゴの中に花が入っているようです。

知恩
『さぁ・・・。』
『じゃぁ、なにか必要ならお勝手にいるから・・・。』

一人部屋に残された源は知恩のことを考えます。


『知恩ねーちゃんってあんなだったっけ。』

さすがに小学校に上がる前だったためハッキリと覚えていないものの、なんだか記憶の片隅にある知恩とは違うような気がしています。

部屋の電灯、柱の傷などを興味深そうに眺める源。窓の外を見て昔の知恩を少し思い出します。

160510-n11

子供の知恩
『はやくげんちゃん。したはようがんだよ。』

思い出そうとしますが、ハッキリとしたことは思い出せません。


(まいっか。)
『言うことねーわ部屋広いし。ボロいけど。』
『現状のシミ・・・。雨漏りのあとかな。』




知恩と二人で夕食

お風呂に入った後、夕食です。知恩が一人で準備していました。

160510-n12

知恩
『座って。もうご飯炊けるから。』


『あれ。二人分? みんなは一緒に食べないの?』

夕食を食べながら知恩は説明します。

知恩
『おばあちゃんは檀家(だんか)さんと慰安旅行よ。うちの両親はお寺を継がず海外赴任してる。住職の祖父が亡くなってからはおばあちゃんと二人暮らしよ。』


『それ初耳だけど。』

知恩
『そう? もともとお寺だけじゃ食べていけないし、このままいけばうちはいずれなくなるわね。』

少し間を置き話を変える源。


『・・・この家、テレビないんだね。』

知恩
『あるよ。おばあちゃんの部屋に一台。』

知恩
『源君はどうしてこんな田舎の高校に通おうとおもったの?』


『俺は・・・知もとに友達もいるし、24時間開いているコンビニとかもあって住むにはいいところだと思う。唯一キライなのが自分の家! 家(ここ)じゃなければ、もうどこでもいいかなって。親にはもっとそれっぽいこと言って納得させたけど。』

源は家庭内に何か事情があるようです。

食事を終えた知恩は源に説明します。

知恩
『自分で使った食器は自分で洗っておいてね。』

少し間を置き、知恩は源にあることを告げます。

知恩
『言わなきゃいけないことが・・・。もし・・・トイレに行く途中の廊下で後ろから子供の足音がしても、振り返らないで。このお寺、いわくつきなの・・・。』

160510-n13

源は『ハハッ・・・』と笑います、知恩は真顔で返します。

夜の廊下で幽霊と・・・

夜、布団に横になる源。天井のシミが人の顔に見えてしまいます。幽霊のことが気になって仕方がありません。


『・・・・・・後悔しはじめてる? もう?? 早くねぇか俺・・・。』

布団にもぐりこむ源ですが・・・トイレに行きたくなってしまいました(大の方)。


『・・・クソッ。』

源は廊下に出ます。

160510-n15

田舎の古い建物のお寺。廊下は歩くとミシッ、ミシッ、ときしみます。

外の離れにあるトイレ。何やら不気味な雰囲気です。

懐中電灯を照らしながら、お墓の横にある不気味なトイレに向かいます。

トイレの中でも不安でいっぱいです。

用を足して部屋に戻ろうと廊下を歩いていると・・・ミシッ、ミシッと足音が聞こえてきました。

思わず振り返ってしまう源でしたが、知恩が言っていた『振り返らないで』という言葉を思い出し、慌てます。

160510-n16


『うぁあぁああ!』

走って逃げだす源。足音も追いかけてきます。

まだお寺の中に詳しくない源は廊下の行き止まりにぶつかってしまいます。追い込まれてしまった源はしゃがみ込み、追ってきた幽霊に襲えれおののきます。

160510-n17

知恩
『あっはははははは。アハあははははは。』
『私のこと憶えていないとか、生意気言って、思い知ったか!!』

源は知恩がどういったタイプの人間だったかを思い出します。


(おもいだした。)
『・・・ガキか。』

160510-n18

知恩
『源ちゃん、おかえり。』

そう笑いかける知恩に、源は(知恩ねーちゃんは意地悪)だったことを思い出すのでした。

あとがき

全体的に絵がとても丁寧でうまいなと思いました。オジロマコトさんって女性なんですね。言われてみれば確かに女性ならでわの繊細な表現法による内容であったようにも思えます。

また、知恩さんがとても可愛らしくてよかったです。現代風ではなく、一昔前の化粧っ気のない天真爛漫さといった感じでしょうか。最近の漫画ではあまり登場しないキャラなのでとても新鮮で魅力的に感じます。

『縁側ラブコメ』という説明書きがありましたので、高校に入学する主人公の源と、3歳年上の知恩さんとの恋愛ストーリーを描いていくってことなんでしょうね。

また、楽しみの漫画が増えました。

最後に読んでいて気になったことを書いておきます。

猫のお寺の知恩さん?

『猫のお寺』とありますので、猫の登場回数が多いんだと期待しています。カラーの方には猫が3ニャンコほどいました。ストーリー上では1ニャンコでしたね。

どうやら住職さんが亡くなっているので、お寺としての機能は果たされていないようです。『お寺に住んでいるだけ』ってことになるんでしょうかねぇ。

今後、猫がどうストーリーにかかわってくるのかってのが気になるところです。

知恩さん初登場時の厚着はいったい何なのか?

160510-n02

源を迎えに来た時の知恩さんはビックリするほどの厚着でした。サングラスまでつけていましたし。いったいどういった意味があるのか?

田舎ではあのような格好をする風習があるんでしょうかねぇ。それとも、何らかの仕事をしていて、その時の格好のまま迎えに来たのか。

マフラーで口をふさいでいたという奇妙さから、『知恩さんは重度の花粉症』という線を予測しておいてみます。

籠の中の花は?

160510-n10

源の部屋に行ったとき、カゴの中に花のようなものが入っていました。源は気になって知恩さんに『これは?』と聞きますが、知恩さんは『さぁ・・・』と曖昧に答えます。

これは、知恩にとって源との思い出の何かなのかもしれませんね。

源に寺を継いでほしいのか?

160510-n20

この発言、気のせいかそのように思われているのではと感じました。

知恩も何やら肉食系の雰囲気ですし。計画的に結婚を狙っているのではと思ってしまったのですが、考えすぎでしょうか?

源は実家の方に嫌な思い出がある?

源が地元から遠い場所へ引っ越してきた理由が『家にいたくはないから』というものでした。家が大っ嫌いだったようです。

どういった理由で家が嫌いだったのかはよくわかりません。両親と何らかのいざこざがあったのか。それとも兄弟とか。

今後、源の家庭事情なども絡まってストーリーが進んでいくんでしょうねぇ。




-マンガ保管