イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【ダイヤのA act2】第56話:(紅白戦4)自己主張【ネタバレ感想】

2016/12/04

161109-d00

◆前回のあらすじ◆

一年の選手交代で入ったピッチャー浅田とキャッチャー奥村。

いきなりツーベースヒットを打たれてしまいます。次のバッターは送りバントでランナーは3塁へ。

このピンチの場面、キャッチャーの奥村は内野に前進守備をするよう指示を出します。そして、声を出し始める瀬戸。

161102-d09

チーム皆が声を出すようになり、一年チームの雰囲気は一気に向上するのでした。




◆ダイヤのA act2◆

5巻(37話38話39話40話41話42話43話44話45話
6巻(46話47話48話49話50話51話52話53話54話
7巻(55話56話57話・58話・59話・60話)

最新『ダイヤのA act2』

◆キャラクター紹介◆

◆一学年◆

161019-d04

161019-d05

ピッチャー『浅田 浩文(あさだ ひろふみ)』
キャッチャー『奥村 光舟(おくむら こうしゅう)』

161019-d11

◆試合状況◆

春季東京都大会 準決勝
『青道』VS『市大三高』

1年 0
3年




浅田のドロップカーブ

ワンナウト、ランナー3塁の状況で、キャッチャー奥村は内野に前進守備の指示を出します。

まだ試合を諦めていないという戦う姿勢・・・・・。

一年チームのボルテージは上がります。

それを迎え撃つ上級生チームの1番ライトの岡。

161109-d01

浅田は落ち着いて、一呼吸。

自分の最高のボールを奥村のミットに投げ込みことだけに集中します。

161109-d02

ボール!

すっぽ抜けのように見えますが、独特の軌道で曲がってくる『ドロップカーブ』。

右ピッチャーでもこのボールを投げる人はめったにいません。それを左ピッチャーが投げているわけですから、バッターとしてもなかなか対応しずらいボールなのです。

奥村は再度同じ球を要求。

岡も同じ球であるため対応できる・・・かに思えましたが、打てません! 空振りです!

161109-d03

上級生相手に初の空振りです。

3球目は外角低めのストレート! バッター引っ掛けてサードゴロ。ファーストに送ってツーアウトです! 

長身を生かした投球

これでツーアウト、ランナー3塁。

バッターは2番サードの石川。

浅田のドロップカーブが決まります!

161109-d05

上級生チームもなかなか浅田を崩せません。

最後はセカンドゴロ。ファーストに送ってスリーアウトチェンジ!

何とこの回、一年生チームは初めて上級生チームを0点に抑えました!

161109-d06

浅田の活躍を喜ぶ沢村と倉持先輩

浅田が上級生チームを0点に抑えたことで、沢村も大喜びです。

倉持先輩も、気弱そうな浅田を気にかけていただけに浅田の活躍を嬉しく思います。

161109-d07

そして、投手が頑張ったので、次は野手の番です。

161109-d09

投手が作った流れをそのままに、一年生チームは反撃をもくろむのでした。




-ダイヤのA actⅡ