イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【メジャー2nd】第76話:(東斗戦18)東斗の反撃が始まる!?【ネタバレ感想】

2016/11/22

161122-m01

◆前回のあらすじ◆

エースのミチル投入で、ドルフィンズの勢いを止めた東斗。

今までは眉村の指示で野球をやっていた東斗でしたが、苦しい状況となり、これからは監督が指示を出すことになりました。

監督の采配が的中する中、4番の眉村には送りバントのサインが!?

161116-m06

バントのサインは撤回されたものの、独りよがりの野球をやっていたことに気づかされた眉村は、冷静さを取り戻すのでした。




◆メジャー2nd◆

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻(63話64話65話66話67話68話69話70話71話
9巻(72話73話74話75話76話77話・78話・79話・80話)

最新『メジャー2nd』

◆登場キャラクター◆

◆三船ドルフィンズ◆
160713-m01

◆東斗ボーイズ◆
160713-m02

◆現在の試合状況◆

Aブロック準々決勝
『三船ドルフィンズ』VS『東斗ボーイズ』

三船 0 1 2 2 5
東斗 1 0 4 0 5




名将の采配

『相手ピッチャーがいい場合・・・』
『俺が俺がで肩に力が入ればまず攻略できん』
『最低でもランナーを進める』
『つなぐ意識に変えるだけで』
『球も見れるし、スイングがコンパクトになり・・・』

161122-m01

眉村の打球はピッチャー返し! ボールはセンターへ抜けていきました! ヒットです!

これでノーアウト1、2塁!

161122-m02

焦る卜部

ピンチが広がり、ピッチャーの卜部は焦りを感じます。

東斗の5番はライト高坂。

チャンスを確実なものとするため、送りバントをしてきました!

キャッチャーのアンディは『ファースト』へ投げるよう指示しますが、卜部は行けると判断しサードへ! しかし、間に合いません。セーフです。

161122-m03

卜部の焦りでピンチがまた広がってしまいました。

1点勝ち越される

これでノーアウト満塁。

6番レフトの小峠。レフトまで運ばれてしまいます!

レフトフライ! そして、3塁ランナーはタッチアップ!!

161122-m04

ホーム、間に合いません! 1点勝ち越されて6-5となりました。

スクイズで2点目

ドルフィンズの監督は気持ちを切り替えるよう指示をだしますが、卜部は冷静さを取り戻せません。東斗のエースであるミチルから点を取ることが難しいとわかっているからです。

その考えが頭をよぎり集中しきれていなかった卜部。

東斗はスクイズを仕掛けてきます!

161122-m05

スクイズが成功し、これで2点目! 7-5となりました。

完全に東斗のペースです!

8番バッターは外野フライとなりスリーアウトチェンジとなりましたが、この回、2点を取られてしまいました。

気落ちするドルフィンズ

ベンチに戻って来た皆の顔は明らかに暗いものとなっていました。

161122-m07

茂野がまだいけると発破をかけて皆を奮い立たせますが・・・・・、ミチルの好投が続きます! 何と3者連続三振です。

161122-m08

ミチルが出て来てから、これで5者連続三振。打ち崩せるどころか、ボールに当てることさえ難しい状況となっていました。




-MAJOR2nd