イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【メジャー2nd】第77話:(東斗戦19)最終回・・・!!【ネタバレ感想】

2016/11/30

161130-m01

◆前回のあらすじ◆

ドルフィンズの猛攻で力んでしまっていた眉村でしたが、名将である乾監督のおかげで集中力が戻ってきました。

そして、的確な乾監督の采配でドルフィンズの卜部を崩していき5回裏に2得点を挙げます。7-5です。

161122-m08

2点勝ち越され、なんとか得点を入れたいところですが、東斗のエースであるミチルの好投を止められません。5者連続三振。絶望的な状況に追い込まれます。




◆メジャー2nd◆

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻(63話64話65話66話67話68話69話70話71話
9巻(72話73話74話75話76話77話・78話・79話・80話)

最新『メジャー2nd』

◆登場キャラクター◆

◆三船ドルフィンズ◆
160713-m01

◆東斗ボーイズ◆
160713-m02

◆現在の試合状況◆

Aブロック準々決勝
『三船ドルフィンズ』VS『東斗ボーイズ』

三船 0 1 2 2 0 5
東斗 1 0 4 0 2 1 8




3点差をつけられるドルフィンズ

6回裏も東斗の勢いは止まりません。卜部を打ち崩し1点を加えます。そして、なおもツーアウト、ランナー1、3塁のピンチです。

161130-m02

そして、またも狙いすましたかのようにいいあたりをされますが・・・・・、ライト佐倉のファインプレーで何とかピンチを脱することが出来ました。

161130-m03

スリーアウトチェンジです。

6回裏が終わり、残すは7回のみとなりました。

最終回のドルフィンズの攻撃

161130-m04

ベンチでは、さすがに監督もあきらめムードでした。後は悔いの残らないように思いっきりバットを振って来いと。

ドルフィンズは1番ショートの木村から。

香田淳ではありますが、エースのミチルのボールに当てることさえできそうにありませんでした。

161130-m05

そして、1番の木村は空振り三振です。

これでミチルは交代から6人連続で三振となります。

2番レフトの茂野

2番はレフトの茂野です。

茂野はまだ試合を諦めてはいません。何とか佐藤までつなげればチャンスはあると考えています。

161130-m07

3打席連続でバントをしているため、内野は警戒しています。バントを使えそうにありません。

一球目は空振り! さすがに当たりません。

二球目は・・・・・見逃し、ボールです!

キャッチャーの眉村は手が出なかっただけだろうと考えます。

三球目は・・・・・ボールです! バットを止めました!

161130-m08

手が出ないのではなく、ちゃんとボールが見えていたのです。

今までずっと卜部とサイドスロー対策を行ってきたため、その練習の成果がでているのです。

四球目は、振りに行きます!

161130-m10

なんと、ファールチップ!

佐藤以外では初めてミチルのボールに当てることが出来ました。




-MAJOR2nd