イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【あおざくら】第28話:事故走り【ネタバレ感想】

   

161207-a00

◆前回のあらすじ◆

武井の服務事故が原因で、先輩たち怒りは頂点に達し『ヘルウィーク』が始まってしまいました。一学年たちは、今まで以上に厳しい指導と訓練を強いられることになります。

しかし、何故か武井は、全ての訓練を免除され続けます。

161130-a06

台風の被害にあうこともありません。

そんな中、食堂で武井は服務事故に関して反省している態度を見せなかったため、多くの人から反感を買ってしまう状況になってしまいました。




◆あおざくら◆

第1巻(1話2話3話4話5話6話7話
第2巻(8話9話10話11話12話13話14話15話16話17話
第3巻(18話19話20話21話22話23話24話25話26話27話
第4巻(28話29話・30話・31話・32話・33話・34話・35話・36話・37話)

最新『あおざくら~防衛大学校物語~』

◆登場キャラクター◆

160518-a95 近藤勇美(こんどういさみ)
成績優秀だが実家が自営業の飲食店で貧しく進学を諦めていた。しかし、年上の幼馴染が東北の震災で被災者救助で活躍していたことを知り、自衛隊に興味を持ちます。進路指導にて、防衛大学校は勉強ができ、お金ももらえると知り、自分にはここしかないと進学を決意する。
160518-a92 沖田(おきた)
近藤と同室の1学年。父親が自衛官であり、純粋に自衛隊にあこがれている。入校式以降、少しノンビリとした性格でああることから先輩たちに目をつけられ、厳しくされることもある。
160518-a91 原田(はらだ)
近藤と同室の1学年。高校時代は野球をやっていた。海外派遣に興味を持っている。運動能力が高く手も器用であるため、たいていのことはそつなくこなしてしまう。
160518-a97 松平容介(まつひらようすけ)
近藤の対番で2学年。近藤を先輩として支えてくれる存在。いたずら好きの一面もある? 入校式以降、死んだようにくたびれており、近藤の相手をしてやる余裕がない。
160518-a94 坂木(さかき)
部屋長で4年生。クールな性格のようだ。入校式以降、怒鳴りつける厳しい先輩に豹変。鬼である。修羅である。
乙女の実の兄。両親が離婚しているため苗字が違う。表面上、乙女のことを突き放しているようにも見えるが、裏では一学年のことを色々と話し聞かせているようだ。ツンデレである。
160518-a93 西脇(にしわき)
サブ部屋長で4年生。おおらかで、後輩想いの先輩。入校式以降、別人のように厳しい先輩に豹変。しかし、イメージはゴリラのまま不変。
160518-a96 岡上 乙女(おかがみ おとめ)
1学年の女子。高校時代にナギナタで全国優勝している。可愛くて男子から注目されている。
サカキ部屋長の妹。かなりのお兄ちゃんっ子のようだ。




武井を辞めさせる方法は無いか?

乾燥室にやってきた近藤は、中で『武井を辞めさせる方法は無いか』といったことを話している一学年の3人に遭遇します。

食堂で、自分の遅刻を反省していないどころか、同部屋の仲間にも謝罪していないことを知って不快に思っているのです。

161207-a01

3人は武井に対して嫌がらせを行う作戦を話しあい始めました。

そこまで聞いて、近藤は乾燥室の扉を開けます。そして、中にいた3人にこう言い放ちます。

161207-a03

近藤にこう言われ、3人は冗談だと引き下がります。

しかし、近藤は武井の置かれている立場がどんどんと悪いものになってきていると心配するのでした。

(事故走り)朝から乙武装で全力ダッシュ!

地獄のようなヘルウィークの一日目が終わりました。皆ヘトヘトです。

そんな皆に、サカキ部屋長は、明日は朝から『乙武装』で集合だと伝えます。

161207-a04

朝から全力ダッシュです。しかも、とてつもなくペースが速く、なかなかついていけません。

そこへサカキ部屋長がやってきます。

『おせーーーぞ、近藤ーーー!!』
『なんでおせーんだ!』

『はいっ!』

『頭でっかちか?』
『体力錬成足りてねぇんじゃねぇか?』

『はい!』

『なんだテメー!』
『はいしか言えないのか!』

『はいっ!』

161207-a05

なんと緑石をリュックの中に入れられて走る羽目になりました。

『部隊に入ったらもっと思いの担いで走ることもあるんだ!』
『序の口だこんなもんー!』

『はいっ!』

『他の奴に遅れをとるなーーー!!』

『はいーーー』

こんな地獄のダッシュの中、武井はまた一人だけ走ることを免除されていました。

161207-d05-2

周りの反感はつのります。

下級生の事故は上級生も責任を負う

朝食で、松平先輩が近藤に話しかけてきます。

同じ中隊ということで、松平先輩もヘルウィークに巻き込まれています。平気な振りをしていますが、なかなか堪えているようでした。

161207-a06

武井が謝らない限りヘルウィークは続く

近藤は松平先輩に『なぜ武井はヘルウィークの罰を外されているのか』を聞きます。

それに対して松平先輩は、武井はめちゃくちゃ厳しい罰を受けていると答えます。

161207-a08

今回、武井が罰を受けずにじっと見るだけになっているのは、『自分のせいで仲間に迷惑をかけていることを実感させるため』なのです。

161207-a51

そのことに武井が気づき、素直に謝罪すれば、ヘルウィークは終わるはずです。

松平先輩はこんなに厳しい罰を武井は一週間も耐えられるはずはないと考えています。おそらく、もうすぐにでも泣きを入れてくるだろうなと。

しかし、その話を聞いて近藤は頭を抱えます。

『あの・・・もしも、もしもですよ・・・』
『もし武井が・・・それでも謝らなかったら・・・』

161207-a09

武井謝らず、一週間経過・・・・・

武井が謝罪することなく一週間が過ぎてしまいました。

そして次の週・・・・・ヘルウィークはまだ続いています。

161207-a10

近藤達の地獄は終わりそうにありません・・・・・。

◆感想◆

武井が心配だという状況から一転、中隊全ての身体が心配になってきてしまいました。これはまた予想を上回る超展開です(笑)。

武井的には、現在自分が置かれている状況の意味は理解できていると思われます。ではなぜ謝罪をしないのか?

①プライドが邪魔をして謝罪できない

結構、プライドが高そうな人物なので『謝罪したい』という気持ちはあっても、なかなかそれができないってのがあるのかもしれません。

②仲間意識が乏しく、知ったことではない

ここまで薄情な人間ではないと信じたいところです。何より、こういった判断を下すなど愚かで意味がないことくらいは気付くはずですからね。

③今後、どういった展開になるのか知っている

武井は防大に関して一番詳しいっぽい人物でしたから、こういった場合、先輩たちがどう考え、どういう状況になっていくのか知っているという可能性もあります。とは言っても、この状況で武井が得をする流れがあるようには思えませんので・・・これはないかなぁ・・・。

まぁ、打倒に『①』が正解なのだと思います。それでいて、サカキ部屋長的には『武井が謝罪しやすいような状況を作ってあげられていない近藤達の責任も重い』と判断しているのではないでしょうかねぇ。




 - あおざくら~防衛大学校物語~