◆前回のあらすじ◆

御幸塾の終了後、御幸の素振りに付き合わされる沢村と降谷。

そこで御幸は『一年のキャッチャーと投球練習をするように』と指示を出します。

御幸は、沢村と降谷が野球に関する理解を深めるのには大切なことだと考えているのでした。




◆ダイヤのA act2◆

5巻(37話38話39話40話41話42話43話44話45話
6巻(46話47話48話49話50話51話52話53話54話
7巻(55話56話57話58話59話60話61話62話・63話)

最新『ダイヤのA act2』

【電子書籍】ダイヤのA act2【電子書籍】週刊少年マガジン

◆キャラクター紹介◆

◆一学年◆

161019-d04

161019-d05

ピッチャー『浅田 浩文(あさだ ひろふみ)』
キャッチャー『奥村 光舟(おくむら こうしゅう)』

161019-d11

————————————————————————————-




奥村に拒否される沢村

御幸に一年とバッテリーを組むように指示された沢村と降谷。

沢村は早速、奥村を誘います。

しかし、奥村はそれを断ります。

自分はまだ一軍に上がれたわけではないからと言うのです。

一年に拒否され可哀そうな状況になっている沢村に、一年のキャッチャー由井が『良ければ自分が』と沢村に声をかけます。

喜ぶ沢村は、由井に受けてもらうことにしました。

奥村に受け入れられる降谷

降谷も奥村に受けてみないかとキャッチャーのお願いをします。

なんと、降谷の誘いを奥村はあっさりと承諾してしまいました。

何だか納得いかない沢村。

由井もまた、降谷を取られてしまったような心境でショックを受けるのでした。

ゴールデンウィークのスケジュール

監督室の方ではゴールデンウィークのことが話し合われていました。

一番の山場となるのは、選抜に出場していた『白龍』との試合です。全国屈指と言われる機動力の相手。チームとしても良い経験となります。

監督は『今一番調子がいい投手』を投げさせる考えでした。

降谷と奥村の投球練習

ブルペンで行われる投球練習。

降谷と奥村のバッテリーを、監督も見に来ていました。

ボールに球威があるからと言ってミットを流されていては、きわどい球を審判にボールと言われかねません。

この球威のある球を、ボールからストライクゾーンへ戻すキャッチング技術が必要となるのです。

奥村ははキャッチャーの力量を試されるピッチャーだなと考えます。

そんな奥村のキャッチングを見て、降谷は『投げやすい』と感じるのでした。

沢村と由井のシートバッティング1

ワンナウトでランナー1塁を想定した場面。

1塁ランナーの倉持には盗塁があります。

バッターの小湊はゲッツー阻止と、ランナーを確実に二塁へ送ることを考慮し、右方向の流し打ちを意識しています。

それがわかっているキャッチャーの由井は、インコースに構えますが・・・・・小湊はバットをコンパクトにたたんで、綺麗にライト前へ流してきました。

小湊のバッティング技術の勝利です。

沢村と由井のシートバッティング1

次はツーアウトでランナー1塁の場面。

1塁ランナーは東条。

そして、打席に立つのはキャプテンの御幸です。

由井は1塁ランナーの盗塁を警戒しリードしますが、沢村は首を振ります。

沢村は中途半端にやるよりも、ツーアウトだから、ここはバッターに集中する方がいいという考えだったのです。

由井はそれを受け入れ、沢村の望むインコースに構えます。

しかし・・・御幸はそれを打ち返してしまいました!

一塁線を破る長打コースです。

御幸は沢村の表情を見て、インコースに投げてくるだろうと予想し、狙っていたのです。

御幸の読み勝ちでした。

なかなかうまくいかない沢村、由井のバッテリーでした。