◆前回のあらすじ◆

宇宙人たちは、青一に『イイヒトだ』と言われたことで、今までにない『感情』というものをえることができました。『うれしかった』のです。

そんな中、侵略者たちの最後の侵攻が始まるのでした・・・・・。




◆双亡亭壊すべし◆

第1巻(1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻(9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻(19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻(29話30話31話32話33話34話35話36話37話・38話)

最新『双亡亭壊すべし』

【電子書籍】双亡亭壊すべし【電子書籍】週刊少年サンデー

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。




侵略者たちに奪われる海

侵略者たちの最後の侵攻。

今回で全ての『海』が奪われ、宇宙人たちは肉体にあたる水を全て奪われてしまうことになります。

すでに、形を保つことさえできなくなってきました。

それぞれの別れ1

交通事故で幼い娘を失った夫婦。

宇宙人による『まがい者』であるとわかっていても、母親にとっては死んだ娘が生き返ったかのように思えたのです。

妻の気持ちがわかるからこそ、必死に自制していた夫でしたが、『娘』がガレキの中へ落ちていくのを見て、思わず助けに行ってしまうのでした。

それぞれの別れ2

『まがい者』ではなく、本当の妻に会いたかった男。

しかし、実際は戻っても家族なっていませんでした。

パチンコや麻雀をやめれなくて借金だらけになって『ヒトミ』は出て行ってしまったのです。

侵略者によって体を奪われ消えていく『まがい者のヒトミ』。

侵略者によって吸収されるヒトミに男はついて行くのでした。

それぞれの別れ3

妻に先立たれていた年老いた男。

宇宙人の偽りの家の中で首を吊ろうとしたところ・・・・・『まがい者』としておばあさんが現れたのです。

おばあさんが消えた後、物思いにふけつつお茶をすする男。

そして、ひび割れた地面の中へ落ちていくのでした。

僕が教えてあげる!!

青一たちに別れを告げ消えていく宇宙人。

マコトは宇宙人に泣きながらしがみつきます。

宇宙人は消え去りそうになりながら、どうすればいいのかと聞きます。

青一
『おこるんだよ!』

しかし、宇宙人は怒る方法を知りません。

宇宙人は、青一の体を包み込み、やり方を教えてもらおうとします。

青一は侵略者たちに向かいながら思います。

青一
(なんでも・・・)
(自分の思う通りになると思ってるんだろ?)
(この星が僕たちが・・・)
(何もしないから大人しいから・・・)

(でも・・・見せてやる)
(僕たちは、黙って死んでいかないってことを)
(大声で言ってやる)
(オマエ達なんか大っ嫌いだって!)

(コワシテヤル!!)

青一の協力で槍の先端のような形状になった宇宙人は、そのまま侵略者の方へ向かっていくのでした。

◆感想◆

いよいよ侵略者たちとの戦いになりそうです。しかし、この形状で岩を破壊するのは難しいかもしれません。だから『ドリル』に進化していったってことなんでしょうね。

しかし、戦いと言っても、青一はこれから45年間ずっと侵略者たちと戦い続けたってことになるんでしょうね。

そして宇宙人と一体化?したから45年間も歳を取らなかったってことになるのだと思います。

家族や他の人々は・・・この後、死んでしまうって事かなぁ・・・・・。