◆ヒナまつり◆

59話60話61話62話63話・64話

最新『ヒナまつり』

◆登場キャラクター◆

ヒナ
未来の世界から、手違いで新田の部屋に転送されてしまった少女。超能力が使えて組織に利用されていたものの、知能指数が低く、暴走しやすい体質であるため追放されてしまった。新田の家に世話になっており、中学、高校と通わせてもらっている。イクラが大好き。
新田義史(にったよしふみ)
芦川組のインテリヤクザ。ヒナの超能力と、悪質なマスコミのせいで『生ける伝説の武闘派ヤクザ』として世間から評価を受けている。金儲けがうまく、経営コンサルティングもやっている。家事全般もうまい。趣味は壺の収集。現在は芦川組の若頭となっている。
三嶋瞳(みしまひとみ)
中学時代のヒナの同級生。詩子の強引な手法で、中学生でありながらバーの手伝いをやらされることに。その卓越した能力から、上下関係は一気に逆転。人脈も駆使して、高校生にして会社の社長となる(高校生であることは世間には内緒)。身長が低い。
アンズ
ヒナを抹殺するために組織から送り込まれた刺客。しかし、もともとヒナ、アンズ、マオと仲良の良い関係だった。未来に帰る手段を失い、ホームレス生活を送り、ラーメン屋(中華屋)の夫婦に引き取られる。お店が区画整理で取り壊しになって以降は一人で屋台を頑張っている。
マオ
アンズと同じくヒナへの刺客として未来からやって来た。しかし、東南アジアの無人島に誤転送され、帰る手段も無くし、3年かけてやっと日本にたどりつく。途中、中国の憲法道場に拾われ、師範としての広告塔として扱われている。3年の孤独からヒナとアンズの人形と会話する癖が残っている。




ヒナとマオ

いつものように屋台を開くアンズ。

そこへ、ヒナとマオがやってきます。新田の帰りが遅くなるため、ヒナはマオを誘ってアンズの屋台になって来たのです。

ラーメンが出されると、ヒナは持参したイクラをラーメンにトッピングし始めます。

いきなり妙なことを始めるヒナに怒るアンズ。

自分のラーメンを汚されていると判断したのです。

ヒナはアンズに、ゲーセンでとってきた『ペンギンの人形』をプレゼントして誤魔化そうとします。

微妙すぎるフォローをいれるマオ。

マオはヒナに『私もイクラのトッピングをしてみたいな』と言います。

しかし・・・・・、ヒナは完全に無視。

マオは困惑しながらも、ヒナに話しかけます。

お互い、何事もなかったかのようにラーメンをすするのでした・・・・・・・。

食べ終わった後、ヒナは感想として、『イクラ入れたほうが客入ると思うよ』とアドバイス。

もちろん、アンズは聞き入れません。

微妙すぎる絶賛に、アンズは虚しさを覚えるのでした。

瞳(社長)と林と三嶋

瞳と林と三嶋の3人が、アンズの屋台にやってきます。

若くて可愛い店主がやっているため、林のお気に入りの屋台なのです。

『店主』と言われるのが照れくさくて『アンズでいいですよ』と答えるアンズ。

名前を聞いて林は驚きます。自分の妹と同じ名前だったのです。

いきなり林がナンパを始めるため驚く瞳。

アンズは林に自分のことを話します。

・元々、私、今の両親に引き取られて・・・
・そこが中華屋で・・・
・浅賀商店街にあった来々軒ってお店・・・

話を聞いて、林は確信します。

それを聞いて、アンズも思い出します。そういえばお父さんたちには息子がいたと聞いたことがあるなぁと。

アンズは大喜びで、お父さんたちに話そうと言いますが、林は必死で止めます。

さっきナンパしてたことが親の耳に入ることを避けたかったのです。

しかし、アンズにはナンパをされていたという意識は無く、林は『ラッキー!』と思うのでした。

帰り道、林はアンズが純粋すぎて心配だなぁと語りますが、瞳は『お前が言うな!!』と言いたげな気持ちを必死にこらえるのでした。




新田とサブ

新田はサブを引き連れて、アンズの屋台へやってきます。

偶然通りかかったと装いますが、実際は好んで来ているのです。

そこでアンズは新田に、さきほどお兄ちゃんに会ったことを告げます。

何故か暗殺を考える新田。

新田はアンズの周りに男が近寄ってくることが許せない為、反射的に殺気立ってしまったのです。

それを見てサブは『マジキチじじいと同じになって来てねぇかなぁ・・・』と心配します。

新田はペンギンの人形が飾られてあることに気が付きます。

アンズは、ヒナから貰ったと言い、以前、新田と一緒に行った水族館でペンギンを見てからペンギンのことを好きになったと話します。

完全に、マジキチじじいと同じになってきていると確信するサブでした。

3年ぶりのやっさんとシゲさん

アンズの屋台に行くか行かないかで揉めている2人組がいます。

意を決してやって来た2人。

それは、かつてアンズとホームレス生活をやっていた『やっさん』と『シゲさん』だったのです。

ラーメン屋に引き取られてから、3年ぶりの再会となりました。

やっさんとシゲさんは、自分たちのこれまでのことを話します。

行政の支援で働きだしたのです。

ホームレスの自分たちが、のこのことアンズちゃんに会いに行くわけにもいきません。

やっと、アンズちゃんに会える資格が出来たと2人は喜んでいます。

2人は、自分たちが考えすぎだったことに気が付きます。

ホームレスであったとしても、アンズはいつでも快く迎えてくれるのです。

馬鹿なことを考えすぎていたと反省するとともに、アンズの優しさに、涙が止まらなくなってしまうのでした。

そして、3人は今までの時間を埋めるかのように、とても楽しい時間を過ごしました。

◆感想◆

アンズがラーメン屋(中華屋)に引き取られて以降、まったく登場が無かったやっさんとシゲさん。一体どうしているんだろうと気になっていましたが、どうやら現在は仕事をしてまっとうな人生を歩めているようですね。なんだか安心すると共に、嬉しいエピソードでした。これからも頻繁に登場していただきたいものです。

ヒナとマオは、相変わらずと言ったところでしょうか。

林がアンズの兄だというのはなかなかに急展開です。というか、アンズ的にはダメな兄を持ってしまったという所でしょうか(笑)。本人はそう思ってはいないでしょうけどね。

そして新田。『ヒナに彼氏ができた(と思いこんだ)時のオヤジ』の反応に似てきましたね。新田はアンズを遠くから見守りつつも、溺愛しているのはわかってますので、気持ちはわかります。これは、アンズの周りに彼氏候補が現れたら、またやばいことを考え出しそうです。

何はともあれ、今回は一年の締めくくり的な感じで、色々なキャラが登場して楽しかったのです。来年も楽しくなっていきそうですねぇ。楽しみです。