イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【ヒナまつり】第63話:【ネタバレ感想】

      2017/01/04

◆前回のあらすじ◆

アンズの屋台には色々な人がやってきます。

ラーメンにイクラを乗っけて食べることを試すヒナとマオ。実は『林』がアンズのお兄ちゃんであったことが発覚した瞳と林、三島の3人。アンズを溺愛するあまり凶暴化しつつある新田とサブ。

そして、最後には3年前のホームレス仲間であったやっさんとシゲさんまでやってきます。

こうした色々な出会いの中、アンズの一日は過ぎていくのでした。




◆ヒナまつり◆

59話60話61話62話63話・64話

最新『ヒナまつり』

◆登場キャラクター◆

ヒナ
未来の世界から、手違いで新田の部屋に転送されてしまった少女。超能力が使えて組織に利用されていたものの、知能指数が低く、暴走しやすい体質であるため追放されてしまった。新田の家に世話になっており、中学、高校と通わせてもらっている。イクラが大好き。
新田義史(にったよしふみ)
芦川組のインテリヤクザ。ヒナの超能力と、悪質なマスコミのせいで『生ける伝説の武闘派ヤクザ』として世間から評価を受けている。金儲けがうまく、経営コンサルティングもやっている。家事全般もうまい。趣味は壺の収集。現在は芦川組の若頭となっている。
三嶋瞳(みしまひとみ)
中学時代のヒナの同級生。詩子の強引な手法で、中学生でありながらバーの手伝いをやらされることに。その卓越した能力から、上下関係は一気に逆転。人脈も駆使して、高校生にして会社の社長となる(高校生であることは世間には内緒)。身長が低い。
アンズ
ヒナを抹殺するために組織から送り込まれた刺客。しかし、もともとヒナ、アンズ、マオと仲良の良い関係だった。未来に帰る手段を失い、ホームレス生活を送り、ラーメン屋(中華屋)の夫婦に引き取られる。お店が区画整理で取り壊しになって以降は一人で屋台を頑張っている。
マオ
アンズと同じくヒナへの刺客として未来からやって来た。しかし、東南アジアの無人島に誤転送され、帰る手段も無くし、3年かけてやっと日本にたどりつく。途中、中国の憲法道場に拾われ、師範としての広告塔として扱われている。3年の孤独からヒナとアンズの人形と会話する癖が残っている。




更新は後日行います

連載内容を確認次第、更新いたしますので、しばらくお待ちください。




 - ヒナまつり