◆ゴブリンスレイヤー◆

1巻(1話2話3話4話
2巻(5話6話7話8話9話
3巻(10話11話・12話・13話・14話)

【最新】ゴブリンスレイヤー

◆キャラクター紹介◆

◆ゴブリンスレイヤー
家族をゴブリンに殺されてしまったことから、ゴブリンを倒すことを専門として一人で冒険者を続けきた。銀等級の冒険者。
◆女神官
冒険者になったばかりの15歳の少女。初めてのゴブリン討伐で殺されそうになった所を、ゴブリンスレイヤーに助けられる。以降、ゴブリンスレイヤーと共に行動する。新人の白磁級。

◆受付嬢
『冒険者ギルド』の受付を行っている。ゴブリンを優先して倒してくれるゴブリンスレイヤーをとても気に入っている。

◆槍使い
辺境最強と言われている。受付嬢が好きなのだが、ゴブリンスレイヤーにばかり笑顔を振りまくため、よくすねる。銀等級。
◆魔女
槍使いと共に冒険に行っている。銀等級。

◆エルフ ◆リザードマン ◆ドワーフ
魔神王に対抗するための使いっぱしりとして結成された異色の冒険者たち。3人とも銀等級。ゴブリンスレイヤーにゴブリン退治の依頼を行う。

スポンサーリンク

珍しいパーティー

冒険者ギルドにやってきたエルフは、受付嬢に聞きます。

エルフ
『オルクボルグよ!』
『この冒険者ギルドにいると聞いたのだけれど』

しかし、受付嬢は聞いたことがありません。

エルフではらちが明かない為、間に入って、ドワーフが改めて聞いてみます。

ドワーフ
『「かみきり丸」と言えばわかるじゃろう』

しかし、受付嬢は聞いたことがありません。

なかなか、うまく話がかみ合わず、イライラしてお互いを馬鹿にしあうエルフとドワーフ。それを仲裁するリザードマン。

受付嬢は、珍しい組み合わせのパーティーだなと思います。

目当てはゴブリンスレイヤー

リザードマンが話をまとめます。

『オルクボルグ』『かみきり丸』というのは、その者の字名で、人間の言葉で言うと・・・・・『ゴブリン』だと説明します。

そこで現れたゴブリンスレイヤー。

この3人のお目当ては、ゴブリンスレイヤーのことだったのです。

野暮はダメ

一人、休憩所で休む女神官。

そこへ、他のパーティーが仲間にならないかと誘ってきます。

女神官は断りますが、彼らはゴブリンスレイヤーが新人を囮として扱っているのではと心配して誘ってきたのです。

女神官はそんなことはないと否定します。

そこへ現れたのが、辺境最強の槍使いと一緒にいる『魔女』。

魔女
『野暮はダメ、よ』

魔女のその言葉を聞いて、他の冒険者たちはその場を後にするのでした。

自分で決めなさい

魔女は、女神官にゴブリンスレイヤーと一緒にいる子でいいのよね?と聞きます。

女神官は、自分のような白磁級が、銀等級のゴブリンスレイヤーと一緒にについて行くのでは迷惑ではないかと心配しています。

そんな女神官に、魔女は、言います。

魔女
『道は、いっぱい、ね』
『正解なんてないの、難しい、から』
『せめて・・・「ごいっしょ」する、なら』
『きちんと自分で決めなさい、な』
『おせっかいかもしれないけれど、ね』

そう言って、魔女は去っていきました。

スポンサーリンク

3人の依頼

以来のため、別の部屋へ移動したゴブリンスレイヤーたち。

エルフはうさんくさそうにゴブリンスレイヤーを見ます。強そうに見えないのです。

しかし、ドワーフにはゴブリンスレイヤーが強いことはよくわかります。

ゴブリンスレイヤーは用件を聞きます。

エルフは、魔神が復活して、世界を滅ぼそうとしていると説明します。

だから、ゴブリンスレイヤーにも協力してほしいと・・・。

しかし、ゴブリンスレイヤーはゴブリン以外に用は無いと断ります。

ゴブリンスレイヤー
『だが世界が滅びる前に』
『ゴブリンは村を滅ぼす』
『世界の危機はゴブリンを見逃す理由にならん』

ゴブリンスレイヤーの対応にイラつくエルフ。

代わりに、リザードマンが今回の詳しい依頼内容を説明します。

内容は
・魔神王の一つが目覚めようとしている
・対抗するため、リザードマン、人間、エルフ、ドワーフの長が集まっている
・自分たちは使いっぱしりに雇われた冒険者

今回の依頼は、『エルフの土地でゴブリンの動きが活発になっている』というもの。

そのゴブリンを倒すために、ゴブリンスレイヤーに依頼が来たというわけです。

ゴブリンスレイヤーはゴブリン退治ということで、話を了承します。

場所、数などを大まかに確認したゴブリンスレイヤーは、一人でゴブリン退治に向かってしまいました。

ゴブリンスレイヤーにとっての相談

ゴブリン退治に向かおうとするゴブリンスレイヤー。

女神官がよってきますが、一人で行くから来なくていいと言います。

女神官
『せめて・・・!』
『決める前に相談・・・とか・・・』

女神官
『選択網があるようでないのは』
『相談とは言いませんよ?』

『一緒に行きます』
『放っておけませんから、あなた』

その状況を上から眺めていた3人。

3人は、ゴブリンスレイヤーとともに、ゴブリン退治に向かうことにしました。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆

◆月1連載作品◆
カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

恋は雨上がりのように.