◆前回のあらすじ◆

パワーも術も桁外れな力を持つオーガが出現します。

全員で力を合わせて立ち向かうも、まったく歯が立ちません。ゴブリンスレイヤーは一撃のもと倒されてしまいます。

瀕死のゴブリンスレイヤー。オーガはとどめを刺そうと術を唱えるのですが・・・・・ゴブリンスレイヤーは切り札である『魔法の巻物(スクロール)』を取り出すのでした。

スポンサーリンク

◆ゴブリンスレイヤー◆

1巻1話2話3話4話
2巻5話6話7話8話9話
3巻10話11話12話13話14話15話
4巻16話17話・18話・19話・20話・21話)

【最新】ゴブリンスレイヤー

◆キャラクター紹介◆

◆ゴブリンスレイヤー
家族をゴブリンに殺されてしまったことから、ゴブリンを倒すことを専門として一人で冒険者を続けきた。銀等級の冒険者。
◆女神官
冒険者になったばかりの15歳の少女。初めてのゴブリン討伐で殺されそうになった所を、ゴブリンスレイヤーに助けられる。以降、ゴブリンスレイヤーと共に行動する。新人の白磁級。

◆受付嬢
『冒険者ギルド』の受付を行っている。ゴブリンを優先して倒してくれるゴブリンスレイヤーをとても気に入っている。

◆槍使い
辺境最強と言われている。受付嬢が好きなのだが、ゴブリンスレイヤーにばかり笑顔を振りまくため、よくすねる。銀等級。
◆魔女
槍使いと共に冒険に行っている。銀等級。

◆エルフ ◆リザードマン ◆ドワーフ
魔神王に対抗するための使いっぱしりとして結成された異色の冒険者たち。3人とも銀等級。ゴブリンスレイヤーにゴブリン退治の依頼を行う。

魔女への頼み事

ゴブリンスレイヤーは魔女に、巻物(スクロール)へ転移先を接続してほしいと頼みます。

魔女
『それで、どこに繋げればいいのかしら』

ゴブリンスレイヤー
『それだが・・・●●●●に繋げてほしいのだが、できるか?』

魔女
『ふふ、面白いこと考えるわね、あなた』
『本当、面白いわ』

海の底へ繋げていた転移の巻物

暗闇の中から意識が回復し始めるオーガ。一体、何が起こったのかわかりません。

オーガ
(・・・なんだ・・・我は・・・・・)
(・・・何をみているのだ・・・)
(・・・そうだ、我は人間どもが我が火球によって焼かれ)
(絶命するところを・・・見ているはずだ・・・)
(なのに我は一体・・・・・)

オーがは自分がどういった状況になっているのか、気が付きます。

オーガ
『なんだ・・・これは!!』
『なに・・・・・が・・・!?』

胴体から下が切り落ちているのです。血を吐き、もがき苦しむオーガ。

そんなオーガに、ゴブリンスレイヤーが歩み寄ります。

オーガ
『貴様かああ!!』
『なにをしたあああ!!』

ゴブリンスレイヤー
『「転移」の巻物だ』
『海の底へとつなげた』

オーガ
『海の底・・・だと・・・・・!?』

巻物でオーガを切り裂く

エルフは先ほどの出来事を思い出します。

オーガが『ヤクタ(火球)』を唱えたと同時に、ゴブリンスレイヤーは巻物をひらいたのです。

すると、唱えたヤクタが真っ二つに切り裂かれただけでなく、オーガをも真っ二つに切り裂き、吹き飛ばしてしまったのです。

エルフ
(海底で圧し潰されていた水の精が解放されて・・・)
(水流の刃によって火球ごとオーガを吹き飛ばしたのに・・・!)

(それに「転移」の巻物なんてとびきりの貴重品じゃない)
(どんなに深い地底や危険な遺跡の中からでも)
(一瞬で安全地帯に脱出できる命綱にもなる巻物・・・)
(それを攻撃に使うために持ち歩いていたなんて)

ゴブリンスレイヤーは瀕死のオーガに近寄り言い放ちます。

そして、とどめを刺すのでした。

戦いは終わり

オーガを倒した後、ゴブリンスレイヤーは隣の部屋の扉を見つめ、向かおうとします。

それをみて、ドワーフが止めに入ります。

ドワーフ
『今日のところはここまでじゃ、かみきり丸』

エルフ
『あっきれた! そんな状態でまだやる気!?』
『私もう矢を撃ち尽くしちゃったわよ』
『まさかゴブリン退治に来て』
『オーガと戦うことになるなんて思わなかったし』

リザードマン
『オーガの一撃は鎧の上からでも無事では無かろう』
『拙僧が治療を』
『だが問題は蓄積された疲労の方だ』
『それは術では癒やせぬ』

ゴブリンスレイヤー
『いや、ここまでだ』

ゴブリンスレイヤーたちは、遺跡の外へ出るのでした。

スポンサーリンク

馬車での帰り道

遺跡の外へ出ると、男エルフたちが待ち構えていました。

ゴブリンスレイヤーたちは用意してもらった馬車の中へ乗り込み、街へ戻ることになります。

馬車の中、エルフは女神官にゴブリンスレイヤーのことを聞きます。

エルフ
『かれ、いつもあんなコトばかりやってるの?』

女神官
『ええ、いっつもこんな感じです』
『でも、ああ見えて、結構周り見えてるんですよ、この人』

(きっと一人だったら・・・)
(あのままゴブリンを殺しに奥へ・・・)
(どんなに傷つき、疲れきっていても、一人で・・・・・)

女神官の話を聞いて、エルフは思います。

エルフ
(私にとって冒険は楽しいものだもの)

(いつか必ず・・・こいつに「冒険」をさせてやるわ)
(そうでなければ、誰も彼もみんな、救われないじゃない)

◆感想◆

ということで、エルフ、ドワーフ、リザードマンとのゴブリン退治は一区切りと言ったところでしょうか。ゴブリンスレイヤーに対しての依頼は終わったのでですが、キャラ的に以降も何らかのつながりが出てくるのかもしれませんね。

この作品は小説の方で4巻まで出ているようです。私も来月までには少し読み進めてみようかなと思っています。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように