◆前回のあらすじ◆

侵略者たちの最後の侵攻で、次々に消えていく宇宙人たち。

青一とマコトは、怒ってやっつけてくれと頼みますが、宇宙人には『怒る』『やっつける』ということがよくわかりません。

そこで、青一が自分の身をもって、宇宙人に戦い方を伝えようとします。

そのまま『怒りの形』となって、青一と宇宙人は、侵略者の元へ立ち向かうのでした。




◆双亡亭壊すべし◆

第1巻(1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻(9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻(19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻(29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻(39話・40話・41話・42話・43話・44話・45話・46話・47話・48話)

最新『双亡亭壊すべし』

【電子書籍】双亡亭壊すべし【電子書籍】週刊少年サンデー

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。




反撃の形

侵略者たちと戦うために青一を取り込んだ宇宙人。

宇宙人は、青一にどのようにして戦えばいいのかを聞きます。

そして、青一が選んだ反撃の形は、テレビで見たトンネルを掘るための機械。『ドリル』の形状でした。

青一はそのドリル状の形で、侵略者たちに攻撃を仕掛けます!

侵略者の器を貫き、破壊する青一。

器からは、奪われた大量の水が星に戻ってくるのでした。

青一たちの45年間

青一は次々に侵略者たちの器を破壊していきます。

しかし、敵の数が多すぎて、青一達だけでは相手に出来そうにありません。

青一の父親は、青一を助けるために、水の所へ向かいます。宇宙人(水)の協力を得て、一緒に戦うためです。

そう考えていたのは父親だけではありませんでした。他のみんなも、同じように戦うことを考えていたのです。

こうして、皆は宇宙人と協力し合い、侵略者たちと戦い始めました。

そして、その侵略者たちとの戦いは45年も続いたのです。

今の話と、双亡亭との関係は?

この話を聞いて、驚きを隠せない歴代総理達。

あまりにも想像もつかない話で、にわかに信じがたいのです。

そして、一番の疑問は『今の話と双亡亭とに何の関係があるのか』ということ。とても双亡亭につながりそうにありません。

青一は、話すよりも見たほうがわかると言います。

青一
『コレカラ、ミセルノ・・・・・』
『ボクト、パパノ、ミタコト・・・・・』
『ソシテ・・・イチバン、シリタカッタコト・・・・・』

『ナンデボクタチ、アノホシニ、ツレテイカレタ・・・?』
『ソレヲ・・・・・』

青一は右腕を爆発させて、歴代総理達の顔に水をかぶせます。

それによって見ることができた双亡亭とのつながり。

爆撃を行って双亡亭を破壊しようとした、あの夜・・・・・。

◆感想◆

年末年始と言うことで、サンデーの長い休みが終わりました。やっと本格的に連載が続いてくれそうです。

話の流れからして、双亡亭の正体は、青一が戦ってきたという侵略者なのだろうと思われます。

侵略者たちは、地球に対しても侵略を行おうとしていた。しかし、何らかの理由で簡単に侵略できそうになかったがために、『双亡亭』という手段、段取りによって、侵略をもくろんでいるってことなのかもしれません。

そして45年前、侵略者たちは人間の何らかの情報を得るために、青一達が乗っている飛行機を自分たちの星に引き寄せようとした。それを優しい宇宙人たちに助けてもらった・・・・・ってところなのかなぁと。

ただ、双亡亭が建てられた経緯や、双亡亭の中にいる謎の男など、まだまだ分からないことは多数です。

次回も目が離せませんねぇ。