イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【双亡亭壊すべし】第8話幽霊を粉々にする腕【ネタバレ感想】

2016/08/03

160518-s02

◆前回のあらすじ◆

双亡亭に向かっている青一と緑朗。たどり着いたのは青一が45年前に住んでいた家でした。青一は一人て中に入っていきます。
一方、外にいる緑郎は2人の女学生に声をかけられます。その家の中には幽霊がいると。青一を心配した緑郎は青一を追って中に入ります。
そして、中にいた青一は家の中にいる何かの存在に気づいていました。

◆双亡亭壊すべし◆

第1巻相当(1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻相当(9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻相当(19話・20話・21話・22話・23話・24話・25話・26話・27話・28話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。



女学生2人は幽霊に呪われている

幽霊がいるという45年前に青一が住んでいた家の中へ緑郎も入ってきます。『幽霊がいて危ないんだって! 出ないとダメだよ!』

緑郎を追ってきた女学生2人は私たちが呼んでくるから、緑郎は外で待っているように言います。

160518-s01

緑郎は女学生2人のことも心配しますが、思いがけないことを言い出します。

『私たちは・・・もう・・・ここの幽霊に・・・呪われている・・・から・・・。』

と。

1週間前、友達3人と侵入し呪われた

1週間前、この2人の女学生と、もう一人ハルカちゃんという友達の3人で、近所でも有名なお化け屋敷と言われるこの家に入りました。幽霊何て信じていなくて、遊び半分でした。

お茶の間らしき場所で携帯の写メを撮って帰ったのですが、思わぬものが写っていることが後になってわかりました。

160518-s03

幽霊のように見えるけれども、気のせいだろうということで、ハルカちゃんは写真を削除してしまいました。もうこれで安心ということで、その場は笑って帰りました。

しかし、それっきり、ハルカちゃんは学校に来なくなってしまいました。

ハルカちゅんは自宅の部屋で何かにおびえています。

160518-s04

女学生2人の形態に写っている写真は削除しようとしても消えませんでした。

どうやら謝ったら何とかなるのかなと思って、『塩』と『お酒』をもって今日はこの幽霊屋敷にやってきたようです。

大変だと判断した緑郎は、青一を見つけるため、さらに奥へ進みます。




幽霊をドリルで破壊する青一

青一にとっては45年ぶりの実家です。青一は父親、母親とのことを思い出していました。青一にとってとても幸せな時間でした。

思い出に浸っているにもかかわらず、幽霊は青一にまとわりつきます。

一方、ハルカちゃんの方にも幽霊が沸いていました。ハルカちゃんは完全におびえきっています。
160518-s55

青一のもとへたどり着いた緑郎と2人の女学生ですが、青一はすでに幽霊に取り囲まれてしまっている状況です。そして、たどり着いた3人も幽霊がまとわりついてきました。

160518-s66

その状況に、青一が怒り出します。

『ボクノ・・・ウチデ・・・』
『ウ・・・ルサイ・・・ナ・・・』

『ボク・・・ノ・・・』
『ウチデ・・・』

青一は右上でをドリル状にします。

『ボクノウチダゾ・・・』
『ボクノウチ・・・』
『ボクノウチ・・・カラ・・・』

『デテイケ!』

そう言って、ドリルを激しく回転させました!

160518-s09

回転しているドリルは、まるで吸い込むかのように幽霊を引き寄せます。そして、緑郎、2人の女学生にとりついていた幽霊まで吸い取ってしまいます。

さらに、自宅の部屋にいたハルカちゃんのもとにいた幽霊まで引き寄せてきます。

160518-s10

そして、中で引きちぎり、すりつぶし、粉々にしてしまうかのように、幽霊を消し去ってしまいました。

青一の家を後に

緑郎は青一のもとへ駆け寄ります。

『青一くん青一くん、大丈夫!?』
『今・・・今・・・怖かったよ・・・』

と。

精一は緑郎に

『モウ・・・コワクナイ・・・』
『ヨシヨシ・・・コワイモノハ・・・』
『ボクガ・・・コワシテヤッタ・・・カラ・・・』

そう告げます。どうやら青一は幽霊をも破壊する力を持っているようです。

そして、もう行こうと告げます。

160518-s21

この家には、青一が望んだ家族はいませんでした。やはり、もう死んでしまっているのでしょう。

女学生2人は緑郎と青一に伝えます。

『今、ハルカちゃんから電話あったの!』
『急に悪い気配が消えて、ハルカちゃん元気になったって・・・』
『すごい心配していたハルカちゃんのママも喜んで泣いてるって!』

青一は『ママ』という言葉に反応します。

160518-s30

青一と緑郎は家を後にして、双亡亭へ向かいました。

あとがき

青一の実家の話、完結です。青一の子供時代のことはなんとなくわかりました。特に何か特別な少年だったというわけではなく、いたって普通の少年だったようです。

まだまだ謎の多い青一です。

今回、青一は幽霊を破壊することができるということがわかりました。まさか幽霊を根こそぎ吸い込み、粉々にすることができるとは思いませんでした。なかなか便利なドリルですね。

むしろ、刀巫覡の巫女の方がよくわかりません。一体どうやって短刀で幽霊などを倒すことができるんでしょうかねぇ。これから出てくるとは思いますが、気になるところです。

現在、青一、緑郎のコンビは双亡亭に向かっていますが、タコハ、紅も政府の協力として向かうはずです。果たしてどちらが先につくのか。それとも、同時期に到着するのか。今後の展開に期待です。




-双亡亭壊すべし

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。