◆前回のあらすじ◆

飛行機で東京から北海道に向かっている最中、謎の星に引き寄せられ不時着してしまった青一達。そして、45年もの長い間、『侵略者』たちと戦ってきたと言うのです。

にわかに信じがたいこの話。

青一は、自分の右腕を爆発させ、歴代総理達の顔に水をかぶせます。そして、自分と父親が見てきたものをじかに見せようとするのでした。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話・77話・78話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

侵略者たちの星での戦い

侵略者たちと戦うようになって45年。

圧倒的な数を誇る侵略者たちとの戦いもクライマックスを迎えようとしています。

侵略者たちの星に住むのは、あの人たちと同じように水の体を持つ生物たち。深海魚のようでもある奇妙ないでたちのそれを、青一達は『ウツボ』と呼んでいました。

侵略者たちはあの人たちの星を奪おうと向かっていきますが、もう青一たちに勝つことはできませんでした。

あの人と青一達は一心同体のパートナーとなり、侵略者たちと戦い続け、もう、侵略者たちでは太刀打ちできないほどに、青一達は強くなってしまっていたのです。

スポンサーリンク

侵略者たちの声

圧倒的な数の侵略者たちでしたが、それも終わりを迎えようとしています。侵略者たちの戦力はほとんど全て青一達に倒されてしまったのです。

そこで、青一達は侵略者たちの声をききます。

『この星はもう核の対流がなくなった』
『それによって発生していた磁場が』
『太陽からの有害な粒子を防がなくなった』

『あの星から生命体を奪って』
『太陽の高エネルギー粒子で』
『蝕まれた同法の代わりにしようとしたが』
『追いつかなかった』

『しかも、たかが我々の栄養のくせに』
『あいつら反撃をしてきた!』
『そのせいで我々はもう存続が危ぶまれるほど』
『少数に減ってしまった・・・』

そして、侵略者たちを追い詰めたその先で、緑朗たちはよく知っているものを見ることになります。

◆感想◆

45年後には青一一人になってしまうのかなと思っていましたが、結構みんな残っているっぽいですね。父さん、母さんは侵略者の星にやってきていないようです。もしかしたら戦いに敗れて死んでしまったのかもしれません。

45年かけて、やっと侵略者たちを追い込むことに成功した青一達。そろそろ地球とのつながりがでてきそうな雰囲気です。

たしか、双亡亭が完成したのは1935年です。つまり、80年前です。

青一たちが侵略者たちと戦い始めたのが45年前の1970年頃。双亡亭でもこのころから死者が出始めています。

青一たちの戦いと、双亡亭での死者に何か関係がありそうなのですが、果たして・・・・・?

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように