イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【双亡亭壊すべし】38話:【ネタバレ感想】

   

◆前回のあらすじ◆

飛行機で東京から北海道に向かっている最中、謎の星に引き寄せられ不時着してしまった青一達。そして、45年もの長い間、『侵略者』たちと戦ってきたと言うのです。

にわかに信じがたいこの話。

青一は、自分の右腕を爆発させ、歴代総理達の顔に水をかぶせます。そして、自分と父親が見てきたものをじかに見せようとするのでした。




◆双亡亭壊すべし◆

第1巻(1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻(9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻(19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻(29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻(39話・40話・41話・42話・43話・44話・45話・46話・47話・48話)

最新『双亡亭壊すべし』

【電子書籍】双亡亭壊すべし【電子書籍】週刊少年サンデー

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。




更新は後日行います

連載内容を確認次第、更新いたしますので、しばらくお待ちください。




 - 双亡亭壊すべし