◆前回のあらすじ◆

インターネット上で武井の情報を集めた近藤は、自習の時間を使ってプレゼンを行い、皆に武井の事を知ってもらおうとします。

武井が公開しているフェイスブックには、いかに武井と言う人間が素晴らしい人物であるかが語られてありました。そして、先輩や同郷の上級生からの評判もすこぶるいいものばかりでした。

しかし・・・・・、武井の裏アカであるツイッターで語られていた内容は、モテる者に対しての強烈な妬みでした。そして、自分がモテるには一体どうすればいいのかと。武井が幹部自衛官を目指すのもモテたいというのが一番の理由だったのです。

全てを近藤に暴露された武井は真っ白に燃え尽きてしまうのでした。

スポンサーリンク

◆あおざくら◆

第3巻発売中!

1巻1話2話3話4話5話6話7話

2巻8話9話10話11話12話13話14話15話16話17話

3巻18話19話20話21話22話23話24話25話26話27話

4巻28話29話30話31話32話33話34話35話36話37話

5巻38話39話40話41話42話43話44話45話・46話・47話)

最新『あおざくら~防衛大学校物語~』

◆登場キャラクター◆

160518-a95 近藤勇美(こんどういさみ)
成績優秀だが実家が自営業の飲食店で貧しく進学を諦めていた。しかし、年上の幼馴染が東北の震災で被災者救助で活躍していたことを知り、自衛隊に興味を持ちます。進路指導にて、防衛大学校は勉強ができ、お金ももらえると知り、自分にはここしかないと進学を決意する。
160518-a92 沖田(おきた)
近藤と同室の1学年。父親が自衛官であり、純粋に自衛隊にあこがれている。入校式以降、少しノンビリとした性格でああることから先輩たちに目をつけられ、厳しくされることもある。
160518-a91 原田(はらだ)
近藤と同室の1学年。高校時代は野球をやっていた。海外派遣に興味を持っている。運動能力が高く手も器用であるため、たいていのことはそつなくこなしてしまう。
160518-a97 松平容介(まつひらようすけ)
近藤の対番で2学年。近藤を先輩として支えてくれる存在。いたずら好きの一面もある? 入校式以降、死んだようにくたびれており、近藤の相手をしてやる余裕がない。
160518-a94 坂木龍也(さかきたつや)
部屋長で4年生。クールな性格のようだ。入校式以降、怒鳴りつける厳しい先輩に豹変。鬼である。修羅である。
乙女の実の兄。両親が離婚しているため苗字が違う。表面上、乙女のことを突き放しているようにも見えるが、裏では一学年のことを色々と話し聞かせているようだ。ツンデレである。
160518-a93 西脇鷹史(にしわきたかし)
サブ部屋長で4年生。おおらかで、後輩想いの先輩。入校式以降、別人のように厳しい先輩に豹変。しかし、イメージはゴリラのまま不変。
160518-a96 岡上 乙女(おかがみ おとめ)
1学年の女子。高校時代にナギナタで全国優勝している。可愛くて男子から注目されている。
サカキ部屋長の妹。かなりのお兄ちゃんっ子のようだ。

このメンツはモテないと近藤が指摘

近藤の指摘に対して真っ白に燃え尽きてしまう武井。しかし、すぐに復活してモテる奴らに不平不満を語ります。

まず沖田。ゴールデンウィークにナンパで女ウケが良かったというのが許せません。

そして近藤。その時にバッタリ彼女と出くわしてしまったというのが許せません。

原田は、沖田の姉を紹介してもらおうとがっついているし、東堂はバンドマンでチャラチャラしてウザいのです。

武井にとって、この部屋の者たちはウザい者ばかりなのです。

そして、平井にも裏切られてしまいます。

このメンツはモテないと近藤が指摘

それに対して、近藤は反論します。

沖田はトロくて頼りないし、無駄に大食いなのですぐに女から嫌われるはずです。

原田は体育会系のノリがウザい。

東堂は音楽をやっていたという割に女が周りにいたという話は一切ない。

だから、こんな奴らはモテてないと言うのです。

実際のところ、モテている者など誰もいないのです。彼女がいる平井を除いて。

謝罪に行く武井

結局、武井も、近藤達も、お互いの事をまったくわかっていなかったのです。

武井
『なんでオレのことそこまで気に掛ける』
『おまえになんの得もないだろう? なのに・・・』

近藤
『おまえだって何かを守りたいってココ来たんだろ』
『じゃあ仲間だろう!』

それを聞いて、武井は謝罪に行くことを決意します。中隊の一人一人に謝罪して回る考えです。

皆で一緒にと行こうという沖田でしたが、武井は自分がやらかしたことだから自分一人でケジメをつけると言います。

そうして、武井は謝罪に行きました。

スポンサーリンク

ヘルウィークの終わり

次の日も武井は腕立てを免除されますが、武井は自分もやりたいと申し出ます。

武井が反省し、率先して行動する姿勢を見せたことからサカキ部屋長からヘルウィークの終了が宣言されます。

サカキ部屋長
『本日、一九四〇をもってヘルウィークは終了する!!』
『以後、二度と事故の起きないよう気を付けるように!!』

『明日の休養日から外出を許可する!』
『しかし、武井学生は帰校遅延の件があるので』
『来週まで外出禁止とする!!』
『以上、わかれ!!』

休養日の夕方

休養日、武井は外出禁止であるため一人で部屋に残ります。

夕方、近藤たちは早めに戻ってきます。武井のために焼き肉を買ってきたのです。

意地を張る武井でしたが、結局、皆で一緒に焼き肉を食べることにするのでした。

4学年の気苦労

街中のとあるバー。

4学年たちが集まり、お互いの苦労をねぎらうのでした。

大久保
『一応彼なりに謝り反省していたけど・・・』
『まだ心の底から学び取れてはいないよね・・・』

サカキ
『アイツには今まで仲間ってものがいなかった』
『仲間が辛い眼にあうことに対して無頓着だったんだ』

◆感想◆

やっとヘルウィークの終了です。皆さん、お疲れ様でした。

部屋長たちも苦労していたんですねぇ。後輩たちは何も言ってこないでしょうけど、やはり同じ4学年の仲間たちは色々言ってくるんでしょうね。かなり大変だったことが顔ににじみ出ていますよ。

色々ありましたが、しっかりと謝罪に行った武井も立派だったと思います。『一人一人に謝る』なんていうのはなかなかできることではありません。漫画で描かれていませんが、これってかなりきついですよ。むしろ、こういうところを表現してほしかったなと感じます。

これで一区切り・・・ということで、次回はおそらく『校友会』だと思うんですよね。今まで、まったくと言っていいほど校友会での活動が描かれていません。取材不足なんだろうなぁと。年末年始前後に『取材のためお休み』というのがありましたので、おそらく校友会関連の事を調べてきたんじゃないかなぁと個人的に思っています。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆

◆月1連載作品◆
カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

恋は雨上がりのように.

スポンサーリンク