◆前回のあらすじ◆

圧倒的な数を誇る侵略者たちとの戦い。45年もの年月をかけ、青一達はやっと侵略者たちを追い込むことに成功します。

侵略者たちの星で聞く、侵略者たちの声。侵略者たちを追い詰めたその先で、緑郎たちはよく知っているものをみることになります。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話81話82話83話84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

死んでいった仲間達

RHA航空北海道ゆき707便の乗務員客合わせて140人は次々と戦死していきました。

大人たちは年老いた者たちを守り、年老いた者たちは子供をかばい、子供はより幼いものを守り、そうやって45年もの永きに渡り戦ってきた青一達は、やっと侵略者たちの『黒い星』に攻め入ることができたのです。

穴の中へ逃げ出す『黒い水』

黒い星にたどりついた青一達でしたが、敵の本体となる『黒い水』がみあたりません。

よくみると、黒い水たちは一つの穴の中へ逃げ込んでいました。

先に来た仲間たちが、それを阻止するために必死に戦っています。

青一たちも黒い水を追い、穴の中へ入ります。

穴の中での戦闘

穴の中では青一の仲間であるケンジが倒れていました。

ケンジ
『オレモ・・・ヤラレチャッタヨ・・・』
『モウボク・・・タスカラナイ・・・』
『ゼッタイ・・・アイツラ・・・コワシテ・・・クレヨ・・・』
『オレノトウチャンモ・・・』
『セイイチ・・・オマエノカアチャンモ・・・』
『アイツラノセイ・・・デ・・・』

青一
『ウン・・・』

ケンジ
『マタ・・・ガッコノグランドデ・・・』
『トウチャント・・・チャッチボール・・・シタイナァ・・・』
『ココジャ・・・セミノコエ・・・シナイカラ・・・』

ケンジだけでなく、タロ、ゴロー、フミチャン、サカエ、ヨシマツ、カオリ、サトコ、イッチャン、皆が侵略者たちのせいで死んでしまいました。そして、青一のパパとママも・・・。

穴の奥は、さらに激戦を極めていました。

侵略者たちは凄まじい反撃を見せていたのです。

次々に倒される仲間達。青一は侵略者たちを逃がさない為に、必死に追いかけます。




侵略者たちが逃げ込んだ先が・・・双亡亭

逃げる侵略者たちを見て、オジイチャン(宇宙人)は気が付きます。

オジイチャン
『私は何故、推測できなかった・・・!?』
『青一たちがこの星に引き込まれた時に気づくべきだったのだ!』

青一
『ドウイウコト?』

オジイチャン
『彼らがどうしてそんなことができたかはわからない』
『だが、この穴はとてつもなく遠い空間とつながっている!!』
『彼らは今、その空間に逃走しようとしているのだ!!』

青一
『ドコニ・・・!?』
『アイツラ、ドコニニゲヨウトシテルノ!?』

オジイチャン
『よく見ろ、青一!』
『穴の果てに見えるものを・・・・・』

穴の先にあったのは・・・地球・・・、そして日本・・・、行きついた終着点が『双亡亭』だったのです。

侵略者
『邪魔するな・・・』
『我々はあそこへ行くのだ・・・』
『これより我々をあそこへ運ぶ大きな門が開く・・・』
『生き残った我々は・・・』
『死にかけたこの星を捨て・・・』
『あそこへ・・・行くのだ・・・!』

双亡亭をみた青一は、そこからあらゆるものを感じ取ります。

青一
『ナ・・・ンダ・・・?』
『ココハナンダ・・・?』

『トテモ・・・ジャアク・・・』
『・・・アクイガフキツケテクル!』

◆感想◆

やっと双亡亭とつながりました。

しかし、やはり時系列順で考えると、侵略者たちは悪の根源ではないような気もします。

1935年頃、双亡亭が建ち、総理達に謎の絵を送ってくる
絵に取り込まれて、肉体が溶けたり爆発したりする
1970年頃、侵略者たちが青一の乗った飛行機を呼び寄せる
1915年現在、45年戦った青一が地球へ戻ってくる

侵略者たちはもともと遠い空間につながるための手段をもっているようなので、それこそ1935年頃から地球と何らかの接触を行っていたという可能性は十分あると思います。

もしくは、侵略者よりも恐ろしい何かがすでに双亡亭にいて、それが侵略者たちを呼び寄せたのか。

双亡亭の中にいる『謎の絵描き』のこともありますし、まだまだよくわかりませんね。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように