◆前回のあらすじ◆

青一たちの45年にも上る長い戦い。大人たちは老人を、老人は子供を、子供はさらに幼い子供を守り、大人たちは全て死んでしまっていたのです。

子供たちだけによる侵略者たちの星での最終決戦。侵略者たち(黒い水)は地面に穴をあけ、そこから逃げ出していました。青一達は侵略者たちを追います。

侵略者たちの最後の激しい抵抗。多くの死者を出しながら、青一達は必死に侵略者たちを追い詰めます。

しかし、・・・侵略者たちは何らかの手段を使って、遠い空間へ逃げ込もうとしていたのです。そして、その逃げ込もうとしている先が地球であり、日本であり、双亡亭だったのです。

青一は、その双亡亭を見た時、今まで以上に危険な何かを感じ取るのでした。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話・72話・73話・74話・75話・76話・77話・78話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

門が開いていない

侵略者たちが逃げようとしていた場所は、双亡亭だったのです。

双亡亭を見て、巨大な危機感を感じる青一。

青一は、その存在が、あまりにも邪悪で、あまりにもまがまがしくて、危険な場所であることを感じ取ります。

侵略者たちが双亡亭に行ってしまったら、どんなに恐ろしいことになるのか、想像もできません。

あの人
『今少し見えた星が青一たちの来た星・・・』
『「美しい」星だな・・・』

『あの建築物にもし彼らが入ったら』
『青一たちが我々と交わって我々が強力になったように』
『侵略者たちがあの星をどれだけむしばむか計り知れない!』

しかし、侵略者たちはすぐにはそこへ行くことはできません。まだ『門』が開いていないのです。

門を開くには、何か大きなエネルギーが必要とされます。

侵略者たちはいらだっています。

かけつけてきたマコト

そこへ弟のマコトが駆けつけます。

青一
『ホカノ・・・ナカマ・・・ハ・・・?』

マコト
『モウ・・・オニイチャント・・・マコトダケ・・・』
『アイツラト・・・タタカウノフタリダケ・・・』

青一たちの後ろから何か大きな音が聞こえ始めます。

どうやら侵略者たちは残った全ての力を使って、この『門』へ突入してくるつもりのようです。

実は侵略者たちには『予知』をする能力があり、もうすぐ『門』の向こうで大きな力が働き『門』が開くことをわかっているのです。

その瞬間を見計らって、彼らは生き残った全ての体を、あの建築物に送るつもりなのです。

どうにかしなければ、地球が大変なことになってしまいます。

しかし、侵略者たちの最後の力は強大で青一とマコト二人ではどうすることもできそうにありません。

スポンサーリンク

君たちの星を守る

あの人
『青一、マコト、・・・よくお聞き』

『彼らが空間と空間を強引に結び付け』
『君たちの「地球」に逃亡しようとしていると気付いた時』
『我々は決意した』

『君たちの星は守らねばならない!!』

あの人たちは、宇宙空間を通り、侵略者たちの星へたどり着きます。

あの人
『今まで君たちのおかげで助かった・・・』
『我々同胞全ての力を使ってでも!』

『私たちはもう生命を存続するだけの力はない』
『だが、侵略者たちもにたような状態だ』

『だから・・・我々は今日できるだけ』
『彼らをここで滅ぼす』

向こう側の『門』を壊してくれ

双亡亭の門が開きそうです。

そして、侵略者たちも迫ってきました。

マコト
『モウ・・・ダメダヨ~・・・!!』

絶体絶命かと思われたその時、あの人の同胞たちが、侵略者たちを攻撃します!

あの人
『だから言ったろう? 彼らは我々が滅ぼす』
『だから青一とマコトは・・。』
『向こう側の「門」を壊してくれ!!』

あの人は、青一たちが乗ってきた飛行機を用意し、青一とマコトを地球に送り届けようとします。

青一たちの武器となる水が、あおの人の元へ戻っていきます。

青一・マコト
『ア・・・オジイチャン!』

あの人
『おじいちゃん・・・か・・・・・』
『宇宙で一番良い言葉だな』
『お別れだな・・・・・』

緑朗はわかった。

その『門』を開けてしまったのは、総理と防衛大臣だということを。

◆感想◆

結構残っていたと思うのですが、もう青一とマコトの二人だけになってしまったようです。

今までマコトが登場してこなかったことを考えますと、マコトももうすぐやられてしまうってことなんでしょうね。

今回読んだ感じですと、『双亡亭』と『侵略者』たちは完全に別の存在みたいです。新たな存在となる『侵略者』たちが、双亡亭と『合流。合併』しようとしているみたいですね。

今までのストーリーの中には『侵略者だ』と思えるような存在は出てこなかったように思うのですが・・・・・。まだ、侵略者たちは双亡亭の元へやってきていないということなのかもしれません。

何だか、双亡亭がさらに強くなるフラグがたったような気がしなくもありません。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように