◆前回のあらすじ◆

強敵オーガの出現で大苦戦を強いられるゴブリンスレイヤーたち。

しかし、ゴブリンスレイヤーが用意していた巻物で形成は逆転してしまいます。なんと、一撃でオーガを真っ二つに吹き飛ばしてしまったのです。ゴブリンスレイヤーは瀕死となったオーガにとどめを刺します。

ボロボロになっていてもなおゴブリン探しを続けようとするゴブリンスレイヤー。エルフ、ドワーフ、リザードマンの3人は、それを引き留め、一旦戻ることを勧めます。

街へ戻る馬車の中、エルフは考えます。冒険は楽しくあるべきだと。あまりにも辛いだけのゴブリン退治を続けているゴブリンスレイヤー。そんな彼に、本当の冒険を知ってほしい。エルフは心からそう思うのでした。

スポンサーリンク

◆ゴブリンスレイヤー◆

1巻1話2話3話4話
2巻5話6話7話8話9話
3巻10話11話12話13話14話15話
4巻16話・17話・18話・19話・20話・21話)

【最新】ゴブリンスレイヤー

◆キャラクター紹介◆

◆ゴブリンスレイヤー
家族をゴブリンに殺されてしまったことから、ゴブリンを倒すことを専門として一人で冒険者を続けきた。銀等級の冒険者。
◆女神官
冒険者になったばかりの15歳の少女。初めてのゴブリン討伐で殺されそうになった所を、ゴブリンスレイヤーに助けられる。以降、ゴブリンスレイヤーと共に行動する。新人の白磁級。

◆受付嬢
『冒険者ギルド』の受付を行っている。ゴブリンを優先して倒してくれるゴブリンスレイヤーをとても気に入っている。

◆槍使い
辺境最強と言われている。受付嬢が好きなのだが、ゴブリンスレイヤーにばかり笑顔を振りまくため、よくすねる。銀等級。
◆魔女
槍使いと共に冒険に行っている。銀等級。

◆エルフ ◆リザードマン ◆ドワーフ
魔神王に対抗するための使いっぱしりとして結成された異色の冒険者たち。3人とも銀等級。ゴブリンスレイヤーにゴブリン退治の依頼を行う。

幼いころの思い出

ゴブリンスレイヤーが子供だった頃の話。

ゴブリンスレイヤーは幼馴染の女の子と喧嘩をしてしまいました。理由は、女の子が街へ遊びに行くことを知り、それが羨ましかったからです。

しかし、人をうらやんでしまうとゴブリンになってしまうと言うのがお姉さんの教え。

優しくそういってくる姉に『・・・うん』と応える少年の頃のゴブリンスレイヤー。


『よしっ』
『じゃあ帰ってご飯食べよ』
『今日は、そうねシチューにしましょ!』
『好きでしょ?』

そういって笑顔で語り掛ける姉と共に、一緒に家に向かいます。

そして・・・・・・・

幼馴染と共にギルドへ

目を覚ますゴブリンスレイヤー。

まるで、その後の夢の続きを見たくはなかったかのように・・・。

ゴブリンスレイヤーは服を着ます。装備は壊れていたため修理に出しており手元にありません。

ゴブリンスレイヤーの部屋にやってくる幼馴染。

幼馴染
『おっはよ!』
『今日もぐっすりだったね』

3日前のオーガとの戦闘で疲れ果てていたゴブリンスレイヤーは、戻ってくるなり、いきなり倒れて動けなくなってしまったのです。その疲れと蓄積されたダメージのせいか、普段よりも眠りが深くなっていたのです。

今日もギルドに配達へ行くことになっている幼馴染。ゴブリンスレイヤーも用事があるため、二人で一緒にギルドの方へ向かうことにしました。

武器防具屋で出会った槍使い

ゴブリンスレイヤーは修理品を回収しに、武器防具屋へやってきます。

そこで待っていると、槍使いがやって来て会話となります。

槍使い
『体格はいいのに生白い奴だな』
『見かけない顔だが・・・新顔か?』

槍使いは兜をとったゴブリンスレイヤーの顔を見たことがないため、誰だかわかっていません。

ゴブリンスレイヤー
『いや』

槍使い
『するってぇと修理にだした装備を取りにきたってとこか』
『お前さんも都の方に稼ぎにいくのか?』

槍使い
『ま、個人的な理由さ』
『結局、綺麗なお題目なんざいらないんだよな』

スポンサーリンク

女神官が黒曜級に昇級

修理した防具を受け取ったゴブリンスレイヤーは防具を装備し、武器防具屋を後にします。

道中、女神官と出会いました。

女神官の等級が十位から九位の黒曜級に昇級したのです。先日、オーガと戦ったのが大きかったようです。

女神官はゴブリンスレイヤーにお礼を言った後、神殿の方へ報告に向かいました。

エルフたちの誘い

幼馴染の元へ行くと、まだ打ち合わせに時間がかかってしまうとのことでした。

そこで、ゴブリンスレイヤーは幼馴染に代わって荷下ろしをしてあげることにします。

ゴブリンスレイヤーが荷下ろしをやっているところ、エルフ、ドワーフ、リザードマンの3人がやってきます。目的はリザードマンが気に入った『チーズ』です。ゴブリンスレイヤーが荷として持ってきたチーズを渡すと、リザードマンとドワーフは喜んで酒盛りの場所へと向かうのでした。

残ったエルフはゴブリンスレイヤーに『遺跡の調査』をしていることを話をします。

ゴブリンスレイヤー
『そうだな』
『考えておこう』

思いがけず良い返事を貰えたエルフ。『考えておいてね!』そう言って走ってその場を後にします。

先のこと

幼馴染の用事も終わり、牧場に戻って一仕事はじめるゴブリンスレイヤーと幼馴染。

あたりも暗くなり、ひと段落ついたゴブリンスレイヤーの元へ幼馴染がやってきます。

ゴブリンスレイヤー
『どうした』

幼馴染
『ごはんだよーっていうのと』
『何考えてるのかなーっていうのと』

ゴブリンスレイヤー
『・・・先の事だ』

その言葉を聞いて、幼馴染は思います。

幼馴染
(誰だって歳をとる)
(怪我もするし)
(今回みたいに疲れれば倒れもする)
(いずれ限界がくる)

(戦いの中を生き残れても)
(ゴブリンを殺せなくなる日は)
(いつか必ず来るんだ・・・)

(その時が来たら彼は・・・)

幼馴染
『・・・ごめんね』

思わず口に出してしまった言葉。

ゴブリンスレイヤー
『・・・何がだ』

強引に膝枕をしてあげる幼馴染。

そして、今後の事・・・・・

幼馴染
『ゆっくりさ、考えようよ』

幼馴染はそうゴブリンスレイヤーに語り掛けるのでした。

◆感想◆

今回はノンビリとした回となりました。第1話から戦いばかりの話でしたからね。たまにはこういった話も良いなぁと感じました。できれば多めにしてもらいたいものです。

新人さんに稽古をつけてあげていたのは、第3話でゴブリンスレイヤーのことを軽く見ていた男のようですね。槍使いと髪形が似ているので判別が難しいです。『俺たちと関わることもないヤツだ』と言ってましたが、新人はゴブリン退治に行くので、ある意味、関わる機会がでてきそうな気もします。剣が大きいので『大剣使い』とでも言うのかな?

それにしても、ゴブリンスレイヤーの素顔、結局みせてくれませんでしたね。内緒にする意味があるのかなぁ(笑)。この作品は名前も決まっていないため、色々と表現が難しいんですよね。

次回はまた、強敵らしきものが登場しそうです。これはゴブリン系なんでしょうかねぇ。それとも、それ以外の敵なのか。小説もとりあえず入手したのですが、何だか読まずに漫画だけにした方が楽しめそうな気もするんですよ。しばらくは漫画一本に絞ろうと考えています。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように