◆前回のあらすじ◆

ミチルのピッチャー強襲となるバッティングで右手を突き指してしまった卜部。

必死に投げますが、指がしびれてコントロールが定まりません。デットボールでランナーを歩かせてしまいます。これでツーアウト満塁、一打サヨナラのピンチとなります。

もうこれ以上投げることはできないと悟った卜部はピッチャー交代を申し出ます。代わりに投げるのは、一度降板した佐藤。

うなだれて佐藤にボールを渡す卜部。佐藤は卜部の悔しい気持ちを理解します。そして、東斗に全力のピッチングを行うのでした。

スポンサーリンク

◆メジャー2nd◆

第10巻まで発売中!

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
9巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話82話
10巻83話84話85話86話87話88話89話90話91話92話
11巻93話94話95話96話97話98話99話00話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話12話
13巻13話14話15話16話17話18話19話20話21話22話
14巻(23話・24話・25話・26話・27話・28話・29話・30話・31話・32話)

最新『メジャー2nd』

◆登場キャラクター◆

◆風林中学野球部

◆現在の試合状況◆

Aブロック準々決勝
『三船ドルフィンズ』VS『東斗ボーイズ』

三船 0 1 2 2 0 3 8
東斗 1 0 4 0 2 1 8

佐藤の好投、そして・・・・・

最終回、7回裏の東斗の攻撃。

ツーアウト満塁。ここを抑えなければサヨナラ負けの場面で2度目のマウンドを任された佐藤。

気合十分! 先ほど打たれてしまって意気消沈していた気持ちは完全にリセットされただけでなく、それ以上の力を発揮していました。

キレは前以上に凄まじく、とても打てそうな状況ではありません。

見学に来ていた元プロ野球選手の眉村の父親も、佐藤の才能を認めます。

ツーストライクまで追い込んだ後の3球目を・・・・・バッターは打ち上げます! 内野フライです。

それは浅い内野フライ。しかし、何とかキャッチャーの茂野は追いつきます・・・・・が、視界に影が!? ピッチャーの佐藤も追ってきていたのです! 茂野と佐藤は、ベースとマウンドの中間あたりで正面衝突してしまいます!!

無情にも、ボールは地面に落ちてしまいます。

その間に東斗の3塁ランナーがホームイン! サヨナラです。東斗が7回裏に1点を入れ、サヨナラで勝利となりました。

喜ぶ東斗ベンチ。

スポンサーリンク

佐藤とぶつかって倒れこんでしまった茂野は、サヨナラ負けで愕然としてしまいます。

茂野
『ま・・・負けた』
『ごめん、ひか・・・・・』

そう言って、正面衝突してしまった佐藤に、茂野は声をかけます。

しかし・・・佐藤は倒れたまま動きません。

ドルフィンズベンチも異変に気付いて駆け寄ります。

『佐藤!!』
『どうした、佐藤!?』
『まて、動かすな!』
『救急車だ! 誰か119番!!』

(なんであんなことになったのか・・・)

茂野は、突然の事態にどうすることもできず、ただ立ち尽くすことしかできませんでした。

◆感想◆

これは佐藤、頭を強打しているって感じですね。キャッチャーのプロテクターって固いんでしょうかねぇ? 脳震盪の部類ではないかなぁと思います。一時的な物であれば大したことは無いと思いますが・・・・・。

『ぶつかる!!』ってわかったうえでぶつかった場合は、ぐっと筋肉で固めてガードするためダメージを大きく軽減することができます。しかし、完全に不意を突かれた状態でぶつかってしまうと、筋肉のガードが働いておらず、とてつもない大怪我につながったりします。

今回の場合ですと・・・一番心配なのは『首』のような気がします。下手すれば半身不随やマヒなどの後遺症が残るかもしれません。いや、まさかそんな展開にはならないとは思いますが・・・。

・佐藤、障害が残り野球ができなくなる
・茂野は責任を感じ野球を辞めてしまう
・それを佐藤が励ます
・佐藤の思いを背負い、茂野は野球に没頭していく

こういった王道パターンもありえるってことでしょうかねぇ・・・。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように