◆前回のあらすじ◆

総理達の護衛で、双亡亭へと向かう青一と緑朗。総理達は45年間も侵略者たちと戦ってきた青一に大きな期待を持ちますが、青一は侵略者たちよりももっと恐ろしい何かを感じ取っていました。

一方、双亡亭内部では、ジョセフィーンと朽目が激しい戦いを繰り広げていたのです。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話・72話・73話・74話・75話・76話・77話・78話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

ジョセフィーンと朽目の戦い

双亡亭にとりつかれた朽目は、ジョセフィーンに襲い掛かります。

ジョセフィーンは人形を使ったバイロキネシスによる炎攻撃を行います・・・・・が、朽目には当たりません。

パレット
『キミもこの双亡亭を壊すためにはいったのだろ?』
『簡単にこの屋敷に取り込まれて恥ずかしくないのか!?』

朽目
『知んねーよ!』
『絵ん中から俺は生まれ変わって出てきた感じだぜ!』
『それがまたイイ気分でよ!』
『だからこの家を壊されちゃあ困るのよ!』
『お前もくたばんなジジイ!』

向かってくる朽目に、ジョセフィーンは人形による炎で攻撃を仕掛けます。

しかし、朽目は験力をつかって、それを跳ね返します。そして、ジョセフィーンたちに襲い掛かるのでした。

ジョセフィーンの元へ駆け付けるツトム達

一方、双亡亭内をさまよう宿木たち。

宿木
『こちら正面突入部隊隊長、宿木!』
『現在、双亡亭内を入り口に向かって撤収中!』

『心霊能力者、刀巫覡、柘植紅』
『アメリカ超自然現象研究協会のアウグスト博士』
『及び超能力者フロル・ホロバイネン』
『そして・・・・・』

意識を失っているフロルを背負い移動するツトム。

戦力となる者の体力温存のため、戦力にならないツトムがフロルを背負わされているのです。

さきほどから必死に無線で、本部と連絡を取ろうとしている宿木でしたが、外の部隊には連絡が届いていません。

その時・・・・・、突然、窓の外で爆発が起こります。

どこかの爆撃班が内部から双亡亭を爆破しているのかと思われましたが、ツトムはそうでないことに気が付きます。

そして、急いでその場へ・・・・・!

あの爆発の『色』を見たことがあるからです。あれは『火を出す人形夫妻』のものだとツトムは記憶していたのです。

スポンサーリンク

朽目の最後

朽目の振り下ろされた棒を、夫のパレットが素手で受け止めます。パレットはかなり鍛え上げられた肉体を持っていたのです。

パレットは朽目を腕力で放り投げます。

そして、ジョセフィーンのバイロキネシスで攻撃! しかし、朽目の動きは素早く、あたりません。

朽目は地面をも切り裂く験力で攻撃! パレットはなんとかジョセフィーンを守りますが、自分は交わしきれません。左の腹を切りつけられてしまいます。

さらにジョセフィーンたちに短刀で襲い掛かる朽目!

そのピンチを救ったのはツトムでした。朽目に飛びつき、攻撃を妨害したのです。

朽目
『なんだぁ、てめえ役立たずの民間人じゃねーか!』
『どけよ! どけってんだこのクズがー!!』

短刀の柄の部分でツトムの顔面を強打し続ける朽目。

ツトムは必死にしがみついていましたが、とうとう放り投げられてしまいます。

ふと気が付くとジョセフィーンが攻撃態勢に!

朽目は素早い動きで避けようとしますが・・・・・、駆け付けた紅が短刀で足を突き刺し、動きを封じます。

朽目
『く・・・紅・・・てめ・・・!』

朽目は慌てて験力で攻撃を防ごうとしますが、アウグスト博士の電撃を受け、験力を使えません。

そして・・・・・ジョセフィーンのバイロキネシスにより、焼かれてしまうのでした。

しかし・・・先ほど朽目に投げられてしまったツトムが階下へ・・・・・!?

◆感想◆

今回の朽目を見て思ったのですが、『双亡亭にとりつかれる』というのとはちょっと違うように思いました。
・朽目としての記憶がある
・別人格が混じっているように見えない
彼は間違いなく朽目自信であったように思えるんです。

ですから、イメージ的には『他の人格が体を乗っ取る』というよりも『人格そのままで、考え方が変わっている』といった感じでしょうか。

一言でいうなら『洗脳されてしまった』という状況がしっくりくるような気がします。

他のキャラたちの状況にも注視してみたいと思います。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように