◆前回のあらすじ◆

オーガとの戦いで大きなダメージを受けたゴブリンスレイヤーは戻ってくるとともに倒れてしまい、しばしの休養期間をとります。

壊れてしまった防具は修理に出して直してもらいました。女神官は経験点がたまり、十位から九位の黒曜級に昇級しました。ギルドの方では、大剣使いが新人たちに戦い方の教育を行っています。ギルドは少しずつ良い方向へ向かっているようです。

エルフ、ドワーフ、リザードマンたちは遺跡の調査をやっています。自分たちには前衛がいないため、そのうち声をかけるかもしれないとゴブリンスレイヤーに頼みます。ゴブリンスレイヤーは『考えておこう』と返答。

こうして、ゴブリンスレイヤーはつかの間の平穏な時間を過ごすのでした。

スポンサーリンク

◆ゴブリンスレイヤー◆

1巻1話2話3話4話
2巻5話6話7話8話9話
3巻10話11話12話13話14話15話
4巻16話・17話・18話・19話・20話・21話)

【最新】ゴブリンスレイヤー

◆キャラクター紹介◆

◆ゴブリンスレイヤー
家族をゴブリンに殺されてしまったことから、ゴブリンを倒すことを専門として一人で冒険者を続けきた。銀等級の冒険者。
◆女神官
冒険者になったばかりの15歳の少女。初めてのゴブリン討伐で殺されそうになった所を、ゴブリンスレイヤーに助けられる。以降、ゴブリンスレイヤーと共に行動する。新人の白磁級。

◆受付嬢
『冒険者ギルド』の受付を行っている。ゴブリンを優先して倒してくれるゴブリンスレイヤーをとても気に入っている。

◆槍使い
辺境最強と言われている。受付嬢が好きなのだが、ゴブリンスレイヤーにばかり笑顔を振りまくため、よくすねる。銀等級。
◆魔女
槍使いと共に冒険に行っている。銀等級。

◆エルフ ◆リザードマン ◆ドワーフ
魔神王に対抗するための使いっぱしりとして結成された異色の冒険者たち。3人とも銀等級。ゴブリンスレイヤーにゴブリン退治の依頼を行う。

牧場がゴブリンに狙われている

ゴブリンスレイヤー
『逃げろ』

牧場で仕事をしていた幼馴染に、ゴブリンスレイヤーはそう言いだします。

幼馴染
『・・・・・え?』
『って、なんで? どうしたのいきなり?』

ゴブリンスレイヤーは、近くの林の中で、大量のゴブリンの足跡を見つけたことを幼馴染に伝えます。

相手がゴブリンなら倒せるのでは・・・・・、幼馴染はそう言いますが、ゴブリンスレイヤーはそれを否定します。

ゴブリンスレイヤー
『無理・・・だ』
『例え百匹だろうと洞窟の中ならば』
『俺は何をどうやっても勝つ』
『だが今度は恐らく今日にでも』
『百匹を超す群れが一斉にここを襲撃するだろう』

『恐らくここを砦として』
『町を襲うつもりだろう』

『・・・平野でそれだけの数を防ぐのは』
『俺には・・・無理だ』
『俺は白金等級ではない・・・勇者、ではない』

幼馴染
『だってさ・・・残る気なんだもん、君が』
『ほら、困ると黙るよね、昔っから』

何とか逃げるよう説得を試みるゴブリンスレイヤー。しかし、幼馴染は聞き入れようとはしません。

幼馴染
『だって・・・また・・・帰って来れるところ』
『なくなっちゃうじゃん・・・君の・・・』
(そしたら私も・・・もう・・・)

『そ、それにほら』
『避難しても家畜に被害がでちゃうとさ』
『その後が・・・だから・・・・・・』

明らかに怯えている幼馴染。

ゴブリンスレイヤー
『そんな顔をするな』
『やれるだけのことはやってみる』

スポンサーリンク

ギルドの人間に頭を下げる

一人でゴブリンを相手にすることはできないと判断したゴブリンスレイヤーは、冒険者がいる『ギルド』に向かいます。

そして、冒険者全員に対して話をします。

ゴブリンスレイヤー
『すまん、聞いてくれ、頼みがある』
『ゴブリンの群れが来る、町外れの牧場にだ』
『時期は恐らく今夜、数はわからん』

『だが、斥候の足跡の多さから見て』
『ゴブリンロードがいるはずだ』
『つまり、百匹は下らんだろう』

思いがけないゴブリンスレイヤーのお願い。しかし、さすがに『ロード』『ゴブリンが百匹』と聞いて、冒険者たちもざわつきます。

『ロード』というのは統率力に特化した変異種。ギルドの等級でいえば『白金等級』の相手となるのです。

ゴブリンスレイヤー
『時間が無い、洞窟ならともかく』
『野戦となると俺一人では手が足りん』
『手伝ってほしい、頼む』

そういって、ゴブリンスレイヤーは冒険者たちに頭を下げます。

ゴブリン退治の依頼の報酬

そんなゴブリンスレイヤーにくってかかる槍使い。

槍使い
『おい、お前なんか勘違いしてないか』
『ここは冒険者ギルドで俺たちは冒険者だぜ』
『お願いなんざ聞く義理はねぇ、依頼を出せよ』
『つまり報酬だ、なあ?』

報酬を要求する槍使い。しかし、ゴブリンスレイヤーはお金などほとんど持ち合わせていません。

そこで、ゴブリンスレイヤーはお金の代わりとして、別の提案をします。

ゴブリンスレイヤー
『・・・・・全てだ』
『俺の持つ物、すべてが報酬だ』

『俺の持ち物、俺の裁量で自由になるもの全てだ』
『装備、財産、能力、時間、そして・・・・・』

ゴブリンスレイヤー
『俺が死ぬと泣くかもしれん者がいる』
『「泣かせるな」と言われた』
『だから俺の命は俺の裁量ではどうにもならんらしい』

よくわからないものの、ゴブリンスレイヤーが本気であるという事は理解できた槍使い。

槍使い
『お前の命なんぞいるか!』
『後で一杯奢れ』

そういって、ゴブリンスレイヤーの依頼を引き受けることにします。

協力してくれるギルドの冒険者たち

続いて、エルフも協力を約束します。依頼を引き受ける条件は『今度の冒険に一緒に来る』こと。

ドワーフは酒樽を、リザードマンは牧場のチーズで引き受けることにします。

ゴブリンスレイヤーに協力してくれるのは冒険者たちだけではありません。受付嬢もゴブリンスレイヤーのために一肌脱ぎます。

ゴブリン1匹で金貨1枚なら破格の報酬です。多くの冒険者が協力を約束します。

そして、同じように重戦士も。

実は、自分の田舎を襲ったゴブリンを、ゴブリンスレイヤーが退治してくれたことがあるのです。

重戦士と共に参加することにする女騎士。

そして、二人に戦闘の訓練をつけてもらっている新人冒険者たちも参加を決意。

こうして、多くの冒険者たちがゴブリン退治に協力してくれることになります。

女神官
『良かったですね』
『もちろん私もついて行きます!』

『相手はゴブリンの軍隊・・・ですか』
『どう戦うんですか?』

ゴブリンスレイヤー
『策はある』


スポンサーリンク

◆感想◆

◆斥候

漫画やゲームなどで時々みかける言葉『斥候(せっこう)』。大雑把に言うと『戦闘を行う前の調査部隊』というイメージのようです。

今回、ゴブリンスレイヤーはゴブリンの斥候の足跡の多さから『ゴブリンロードがいるはず』と推測。こういった判断ができるという事は、過去、ゴブリンロードと戦った経験があるのかもしれませんね。

◆ゴブリンスレイヤーの報酬

ゴブリン退治の報酬として、ゴブリンスレイヤーが提示したのが『自分自身の装備、財産、能力、時間、etc』。これはつまり『お金が無い』という事なのだと思われます。実際、第5話でギルドに報酬の前払いをお願いしていましたから。

ゴブリンの以来しか受けないゴブリンスレイヤーであるため、今回の事がきっかけで、色々な戦闘、冒険にも駆り出されるようになるきっかけになるってことなのだと思われます。さっそく、エルフは次の冒険に連れていくという約束を取り付けていますからね。

◆受付嬢さんの助っ人

何とかゴブリンスレイヤーに協力できないかと考えた受付嬢さんは『ゴブリン1匹につき金貨1枚』という成功報酬を用意しました。後で上司に怒られてしまいそうです。

結局、今回のゴブリン退治の依頼の内訳としては『槍使い、魔女、エルフ、ドワーフ、リザードマン』がゴブリンスレイヤーの依頼を受けたという事になり、それ以外は『ゴブリン1匹につき金貨1枚のギルドの依頼を受けた』という事になったのだと思われます。

ある意味、ゴブリンスレイヤーは受付嬢さんに大きな貸しを作ったってことになるのかもしれませんね。

◆重戦士と女騎士

第3話ではゴブリンスレイヤーのことを嫌っているような雰囲気だった重戦士と女騎士。『ゴブリンスレイヤーが重戦士の故郷のゴブリンを退治したことがある』という事実があるようです。

前回の第10話にて、この2人が新人の冒険者を鍛えているという話がありましたし、ある意味、最も良心的な冒険者だと言えるのかもしれませんね。

◆ゴブリンロードとは?

作品内では
・統率力に特化した変異種
・ギルド等級白金等級に相当
と語られています。

『白金』といったら、受付嬢さんが『史上数人しかいない伝説レベル』だと語っています。そんな規格外であるにもかかわらず、よくゴブリンスレイヤーは『ロード』だと推測できたものですよねぇ。

ネットで調べた感じですと、ロードは
・知性や身体能力が特別に高い
・他のゴブリンを強化することができる
という風に語られています。とにかく、特別であることは間違いないようです。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように