イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【双亡亭壊すべし】藤田和日郎の新連載第2話【ネタバレ感想】

2016/12/04

160402-ss1

◆双亡亭壊すべし◆

第1巻相当(1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻相当(9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻相当(19話・20話・21話・22話・23話・24話・25話・26話・27話・28話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。



本名は『立木紅』かな?

打1話の最後に登場した少女の名前がわかりました。

160402-s02

名前は『紅』。『緑朗と父が』という台詞があることから、姉弟の可能性があります。そうなりますとフルネームは『立木紅』となります。

しかし、姉弟であるなら何故一緒に住んでいないのかという疑問が生じます。また、『緑朗と父が』という言い回しから、緑朗の方を優先的に考えていることから何か別の意味と言いますか、姉弟とは違う何か別の関係があるのかなとも思いました? 考えすぎかもしれませんが。

双亡亭は神仏職の者には有名?

紅が住んでいる場所は『九州大分県久重山』です。

紅のおばあさんの発言によりますと『神職』『仏道』『祈祷師』達にとっては双亡亭は有名な場所のようです。

双亡亭は45年前からいわくつきだった?

1970年9月に心霊特番で双亡亭が紹介されています。約45年前ですね。

二人のリポーターとカメラマンが中に入って取材を行ったのですが・・・・・中の異様な雰囲気に二人は恐怖心を覚えます。

そして、謎の絵の前に立ったところで絵の中から何かでてきて・・・・・

160402-s04

この後、カメラマンも襲われてしまったのか、映像も途切れてしまいます。最後の映像から察するに、リポーター二人は亡くなるか行方不明になっているのではないでしょうか。

こういった映像が残っていたのであれば、普通に警察に届けるべきだと思います。当時のテレビ局は一体何をしていたのでしょうねぇ。それとも警察には通報したけれど、極秘の扱いになってしまったとか? この頃から政府上層部レベルで対応を話し合われていたのかもしれません。




45年前の少年『凧葉青一』

謎の旅客機は45年前に行方不明になっていたものだということが発覚しました。

そして、唯一生き残っていた少年の名前が『凧葉青一』。

160402-s05

45年前12歳だった凧葉青一ですが、45年たった今現在も見た目年齢がほとんど変わっていないように見えます。

そして、手が変形して強力な攻撃を放つ能力を身に着けています。

凧葉務と凧葉青一は親戚関係

『凧葉青一』のことを調べてみると『凧葉務』と親戚関係であるとういことがわかり、政府関係者は務に連絡を入れます。

160402-s06

務の『おじいさんのお兄さんの子供』という位置づけです。務はおそらく20代でしょうから、さすがに45年前の旅客機行方不明のことなどわかるはずもありません。

立木緑朗の決意

双亡亭の中で父親が目の前で死んでしまった緑朗。精神的なショックを受けて放心状態になっています。

父親が死んでしまったことを少しずつおもいだし、自分のやるべきことを考え出します。

160402-s08

『双亡亭、壊すべし!!』




作品紹介

ハンターハンター・・・350話
双亡亭壊すべし・・・1話2話3話4話5話
星野目をつぶって・・・1話2話3話

-双亡亭壊すべし

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。