◆前回のあらすじ◆

双亡亭にとりつかれた朽目は、ジョセフィーンに襲い掛かります。ジョセフィーンも自分のバイロキネシスで攻撃しますが、動きが早く、しかも験力で跳ね返すこともできるため、当てることができません。

そこへ駆けつけてきたツトムたち。

紅の短刀により足を封じ、アウグスト博士の電撃により験力を封じることに成功。そして、ジョセフィーンのバイロキネシスにより、朽目を倒すことに成功するのでした。

しかし・・・朽目によって放り投げられてしまったツトムが階下へ・・・!?

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話81話82話83話84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

憑りつかれた鬼離田3姉妹の姉

朽目に放り投げられたツトムは転がり落ち、下の階へ・・・・・。

とある一室に飛び込みます。

そこにいたのは、鬼離田の3姉妹でした。

鬼離田3姉妹の姉
『おほほほほほ』
『ねえ!?このお姉さまが言うたとおりでしょお?』
『マヌケ顔のフツーの男が』
『何の脈略もなくここに来るって!』
『来てもなーんもかわりはないけれどねぇ・・・おほほほ』

『それがわかったのも・・・』
『貴方たちの「まなこ」を借りているからだわ・・・』

鬼離田3姉妹の姉は、絵の中に引きづりこまれて、とりつかれてしまったのです。

鬼離田3姉妹の雪代
『まさか「憑き物落としに二打無し」と言われた』
『この鬼離田3姉妹が・・・』

鬼離田3姉妹の琴代
『バケモノ屋敷にあべこべに取りつかれちゃった』
『なんて洒落にもなりませんことよ』


『きゃははははは!』
『だったら貴方たちがこちら側にいらしてよ!』
『とても素敵な気分になれましてよ!』

雪代と琴代は二人で『お糸童子』を呼び出し、向かってきた者達を倒します。

しかし、3人いないため、お糸童子は半身しかありません。

対して姉の方には、『過去にここで取り込まれた”依代”』がいるため、より強いものを呼び出すことができるのです。


『来たりませ荒鬼神!』
『「玄爺童子」! 「お鋏童子」!』

お鋏童子でお糸童子の糸を切り刻み・・・・・

玄爺童子でお糸童子を殴りつけ・・・・・

そして、お鋏童子でお糸童子を切り裂いてしまいます。

倒されてしまった雪代と琴代は捕らえられ、そのまま絵の中へ・・・・・。

二人とも、絵の中へ引きづり込まれてしまいました。

スポンサーリンク

ツトムは役立たずだからどうでもいい

妹2人を絵の中へ放り込んだ姉。

しかし、姉はツトムを放り込むことはしませんでした。何の役にも立ちそうにないからです。


『アンタはなんの役にも立たなそうだし・・・』
『どうせ放っといてもどこかで死ぬわ』
『せいぜいそれまでいい声で』
『悲鳴を上げ続けておくれ』

そういって、姉は別の部屋へと行ってしまいました。

ツトムと紅が再び絵の中へ

落下したツトムを助けに、紅と宿木がやってきます。

そこで目撃したのは、絵の方へ近づいていくツトムでした。


『タ、タコハさんっ!!』
『な、何してるんですか!!』

宿木
『タコハ、このバカ!』
『絵に近づいたら危険だろうが! 離れろ!』

ツトム
『ああ、ちょっくら中に入ってくるわ・・・』
『あの霊能がしまし姉妹の妹たちの方が』
『この絵に入っちまったんでよ・・・』
『今ならまだ間に合うかもしれないからさ』

そう言って絵に近づくツトム。

絵から大量の腕が伸びてきます。

そんなツトムに飛びつく紅。

こうして、ツトムと紅は再び絵の中へと入っていきました。

◆感想◆

今回は鬼離田3姉妹の話でした。

それにしても、姉がとりつかれてしまったにもかかわらず、下の2人はどうでもいいという雰囲気でしたねぇ。何らかの対立関係にでもなっていたのでしょうかねぇ? その割に、妹2人はとてもあつい絆で結ばれているかのような雰囲気でした。果たしてこの3姉妹の人間関係に迫る話はあるのか。

ああ、なるほど。妹2人が絵の中にはったというわけですから、鬼離田3姉妹の過去にまつわる話が次回あるってことですね。これはこれで興味深いところです。

それよりも先に気になってしまっていたのが『絵描きの男』ですね。おそらく、ツトムは中で絵描きの男と再会することになると思います。こっちの展開の方がやっぱり気になるんですよねぇ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように