◆前回のあらすじ◆

絵の中に取り込まれてしまった鬼離田3姉妹の三女、琴代。

琴代は幼かった頃の自分たちの姿を見ます。3人は当時『バケモノの子』と呼ばれ、皆から嫌われ、恐れられていました。そして、いつも箱の中に閉じ込められ、出られる時は、霊能力を身につけるためと称し、厳しい修行をやらされていたのです。

そんなある日、3人は自分たちの母親の写真をみつけます。普通の女の人でした。自分たちはバケモノの子ではない。そう喜ぶ3人でしたが、父親はそうではありませんでした。

当時、19歳だった母親は神隠しに会ってしまいます。そして10日後、母親はバケモノ屋敷で有名な双亡亭の門の前にいたのを発見されます。その時に、母親がお腹の中に身ごもっていたのが鬼離田3姉妹だったのです。母親は子供を産むとすぐに亡くなってしまいました。

自分たちの父親が双亡亭の「何か」であり、バケモノだということを知ってしまった琴代は、その絶望感から、双亡亭に取り込まれそうになってしまいます。それを救いにやって来たのがツトムと紅でした。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話81話82話83話84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

ツトムの説得

双亡亭により、体内に侵入されそうな琴代。そこへ紅とツトムがかけつけます。紅は周りにいる敵を短刀で切り裂き、ツトムは侵略されそうな琴代の説得を試みます。

ツトム
『オレもアンタの生い立ちが』
『あんまりスゴくてよ』
『・・・なんの気休めも言えねえよ・・・』

『・・・だからさ』
『アンタにゃこうきくしかねえんだ・・・』

ツトム
『アンタの過去がどんなひどかったかはカンケーねえ』
『勝てるとか、負けるとかの話でもねえ!』
『これからアンタはどうしたいかを聞いているんだ!』

敵はツトムをも攻撃し始めます。それでも、ツトムは引きません。

琴代
『あ、あたしは・・・』
『こ、このバケモン屋敷に復讐したかった・・・』
『ここさえ無けりゃ、あ、あたしたちは』
『バケモンの子なんて呼ばれなかったもん・・・』

ツトム
『でも、おまえはツラの無い屋敷に』
『復讐するワケじゃねえだろ?』

琴代
『うん、きっと・・・』
『あたしたちの母さんを妊娠させたのは・・・』
『双亡亭の手先になった誰か一人の男・・・』

ツトムとの会話のおかげで琴代の気持ちが前向きになり、紅が相手にしている敵が少しずつ縮んでいきます。

ツトム
『そうだ! そいつはちっぽけなただの男だ!』
『文句のひとつも言ってやりてえだろ!?』

琴代
『言って・・・やりたい・・・』

琴代
『あたしの・・・力・・・?』

ツトム
『人の心を乗っ取るためにわざわざ昔の傷を』
『思い出させてかきむしってよ!』
『その心の傷から入り込むんだ!』
『オレも紅も傷をほじくられた!』

『誰かは知らんけどここにゃ悪意がある』
『こんなトコはあっちゃいけねーんだ!』
『双亡亭はぶっこわさねえとなんねえ!』

『だから、アンタの「力」がいるんだ琴代!』

『ここにいる誰かに文句を言うんだろ?』
『そのためにもアンタの「力」を貸してくれ!』

バケモノの子だと恐れられてきた自分の「力」。ツトムはその「力」を貸してほしいといいます。自分を頼りにしているといいます。

そして、ツトムが言っていることは、自分のやりたいことでもある・・・・・。

琴代は恐怖を乗り越えます。

スポンサーリンク

絵からの脱出

正気を取り戻した琴代は、紅が戦っている敵を倒すため呪文を唱えます。

琴代
『動くな刀巫覡! 初めての荒邪行だ!』
『ふうせつやいばにのりてするどきことかたなににたり!』

紅を依代にして、琴代は童子を呼び出します。

そして、敵を粉砕し、3人は絵からの脱出に成功します。

琴代とツトムの2人で絵の中へ

絵から脱出した3人。

琴代は、姉の雪代を助けるため、すぐにもう一つの絵の方へ向かいます。

それをみて、慌てて琴代についていくツトム。

しかし、紅は絵から出た時に転んでしまい、出遅れてしまいました。

琴代とツトムは2人だけで絵の中へ。

紅も後を追おうとしますが、何故か絵の中に入ることはできませんでした。

雪代を救出するために・・・

雪代が取り込まれた絵の中に入った琴代とツトムでしたが、すでに琴代の中に敵は侵入し終えてしまっていました。

しかし、雪代の隙間はまだ完全に閉じてしまってはいません。

琴代はそのわずかな可能性にかけ、『スキマから体内に鬼神を飛ばし、敵を内部で殺す』という作戦を考えます。

とは言っても、先ほど「依代」になった紅が絵の中にいません。

そこで琴代は『ツトムの念のこもったモノ(イラスト)』を使って鬼神を呼び出すことを考え実行に移します。

◆感想◆

ここに来て、ツトムの活躍が目立ってきました。

・行きたいところへ連れて行ってくれる『黒い手』
・『依代』になる可能性がある『イラスト』

このイラストが活躍できるなら、ツトムも琴代たちとタッグを組んで、それなりの戦力として計算できるようになるかもしれませんね。

それにしても、琴代が言う『双亡亭の手先になった誰か一人の男』っていうのは、どう考えても『マコト』しか該当者はいませんよね。もしかして、この3姉妹はマコトの子供だと・・・? 意外な展開となってきました。

そして、琴代に襲い掛かるこの化け物は、青一たちが戦ってきた『侵略者』にみえるんですよねぇ。

・双亡亭にはラスボス的な何かがいる
・マコトは過去に飛ばされて「絵描きの男」となっている
・侵略者たちもマコトと共に過去の双亡亭へ来ている
・侵略者たちは絵を利用して人の体内へ侵入
・最終的に地球の侵略をもくろんでいる
・なぜマコトは絵を描いているのか?
・双亡亭のラスボス的な存在は何が目的なのか?

という事になってくるのだと思われます。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように