◆前回のあらすじ◆

絵の中に引きずり込まれてしまった鬼離田3姉妹の雪代と琴代の2人。

琴代が取り込まれた絵の中に入ったツトムと紅は、絵によって辛い現実を突きつけられている琴代を何とか説得し、その窮地を救うことに成功します。

絵の中から無事に出てくることが出来た琴代とツトムは、急いで雪代が取り込まれている絵の中へ! しかし、バランスを崩し転倒してしまった紅は、絵の中に入ることはできませんでした。

雪代は一足遅れで、精神的にボロボロにされてしまっており、体内への敵の侵入を許してしまっていました。琴代は最後の可能性として、雪代の体内に鬼神を送り込み、体内で倒してしまうことを試みようとするのですが・・・・・。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話81話82話83話84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

タコハ童子

鬼離田3姉妹の次女、雪代を助けるために絵の中に飛び込んだ琴代とツトム。しかし、雪代の体内にはすでに敵が侵入してしまっている状態でした。

何とか雪代を助けるため、琴代はツトムが書いた『絵』に鬼神をおろし、雪代の体内で敵を倒すことを試みようとします。

ツトム
『なんだよ、何にもおこらねーぞ』
『鬼神を降ろすってのは人間にだろ?』
『絵に降ろすってのは無理があったんだよな』

琴代
『バカめ、古来より外から出来たる魂は』
『物に宿ったものだ』
『依代は「万物」オーケーじゃ』

琴代
『特に絵に降りた鬼神は』
『力はか弱きものなれど・・・薄い!』
『それは今閉じようとしておる』
『雪代姉の心のスキマに・・・』
『侵入すること甚だしい!』

タコハが書いた絵の童子は、雪代の体に開いた隙間を通って中に侵入していきます。

後は、タコハ童子が勝つのを信じるしかありません。

タコハが絵に込めた想い

もし、タコハ童子が負けてしまったら長女の菊代だけでなく、雪代も敵に回ってしまいます。

琴代
『そうなったら、あたし・・・・・』
『イヤ、あたし達に勝ち目はない・・・・・』

『タコハ、お前はあの落書きにどんな「念」を込めた?』
『お前は何を思って・・・あの絵をえがいたのじゃ?』

ツトムはあの絵を描いていた時の事を思い出します。

それは、ツトムがまだ美大生の頃の事でした。美大生の生徒には『お金持ち』や『変人』などがいて、自分たちの『経験』や『知識』で人の上に行こうとする者が多かったのです。

対して、ツトムは貧乏学生であったため、大して経験や知識など持ち合わせていませんでした。

ツトム
『知ってるコや見聞きした経験は』
『他人を黙らすことに使わないで』
『これからの自分がマジに生きてくために』
『自分で使やイイのにってさ・・・・・』

『だからオレはふざけて』
『笑い飛ばしたかったんだ』

『オレが絵を描くときは』
『金が無くても物知りじゃなくても』
『親に恵まれてなくても』
『安い絵の具がありゃ色んなもんが』
『描けるんだぞ~さまーみろって・・・』

『なるべくゆかいでオモシロイもんを描いて』
『そんな足んねえものは』
『みんな笑い飛ばしてやるぞって』


▲雪代の体内で戦闘中のタコハ童子

そうやって描いたのが、ツトムの絵なのです。

笑うしかなかった鬼離田3姉妹

『笑い飛ばして』・・・それは琴代にとっても同じでした。

幼いころから、・・・つらくて・・・ひもじくて・・・痛くて・・・怖くて・・・ろくに何の思い出もない・・・・・。

だから、ずっと笑ってきたのです。

その場で笑い出す琴代。

ツトム
『あ、あんぽんたん!』
『今、笑ってるばあいかよ!』

しかし、琴代と一緒に笑うかの如く、敵が体内に侵入してしまっている雪代も笑い出します。

琴代
『そうそう、雪代姉、笑って! もっと!』
『イヤなことやイヤなヤツらは』
『みんな笑って追い出してよ雪代姉!』

戻って来たツトムたち

絵の前では、紅や宿木たちが待ち構えていました。しかし、紅以外はもう無理だろうと考えています。


『タコハさんは頼りないし・・・』
『何かと争う強さも持っていません・・・』
『ですが・・・何か・・・』
『この「双亡亭」に対抗する何か・・・』
『大事なものを秘めているような気がします・・・』

すると・・・絵の中から・・・!

ツトムと琴代は、無事、雪代の救出に成功し、絵から出てくることに成功するのでした。

◆感想◆

意外にも、雪代救出に成功です。『似たようなキャラは2人もいらない』という作者の判断があるだろうと予想していましたが、そうでもないようです。敵となってしまった長女を倒すには、2人いないとどうしようもないという事なのかもしれませんね。

今までの流れからして、双亡亭に体を乗っ取られて助かったものはいません。そう考えますと、やはり長女の菊代を人間に戻す方法はなさそうです。

そして、これで味方になりそうなキャラは全て集結したと思います(青一と緑朗以外では)。後は皆、敵になってしまっているでしょうね。

ちょっと見返していて気になったのですが・・・・・

第2巻9話に、双亡亭の説明会に登場したこの2人。以降、まったく登場していないんですよねぇ。

これは、
・(作者)登場させたけど使うの忘れてた
・実は最初から敵だった
という可能性もあります。

人間社会の中には『すでに素亡亭に取り込まれてしまった者』が複数存在するのではないかなと思うんですよ。ですから、双亡亭の説明会に、偵察としてやってきている者がいても不思議ではないかなと。

青一と緑朗はまだ双亡亭の内部に入っていませんし、まずはそういった敵との戦いってことになるかもしれませんね。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように