◆前回のあらすじ◆

幼馴染の牧場周辺で見つけた『ゴブリンたちの足跡』。それはゴブリン達が牧場に攻め込む前触れでした。斥候の数からして、おそらく『ゴブリンロード』がいるはずです。平野での戦闘となるとゴブリンスレイヤーだけでは勝機がありません。ゴブリンスレイヤーは幼馴染に逃げるよう伝えますが、幼馴染はそれを拒みます。

そこで、ゴブリンスレイヤーはギルドへ出向き、冒険者たちにゴブリン退治の依頼を行います。報酬は『俺の持つ物全て』。受付嬢も『ゴブリン一体につき金貨1枚』という懸賞金をだすことでゴブリンスレイヤーを後押し。

こうして、多くの冒険者たちがゴブリン退治に協力してくれることになりました。

スポンサーリンク

◆ゴブリンスレイヤー◆

1巻1話2話3話4話
2巻5話6話7話8話9話
3巻10話11話12話13話14話15話
4巻16話・17話・18話・19話・20話・21話)

【最新】ゴブリンスレイヤー

◆キャラクター紹介◆

◆ゴブリンスレイヤー
家族をゴブリンに殺されてしまったことから、ゴブリンを倒すことを専門として一人で冒険者を続けきた。銀等級の冒険者。
◆女神官
冒険者になったばかりの15歳の少女。初めてのゴブリン討伐で殺されそうになった所を、ゴブリンスレイヤーに助けられる。以降、ゴブリンスレイヤーと共に行動する。新人の白磁級。

◆受付嬢
『冒険者ギルド』の受付を行っている。ゴブリンを優先して倒してくれるゴブリンスレイヤーをとても気に入っている。

◆槍使い
辺境最強と言われている。受付嬢が好きなのだが、ゴブリンスレイヤーにばかり笑顔を振りまくため、よくすねる。銀等級。
◆魔女
槍使いと共に冒険に行っている。銀等級。

◆エルフ ◆リザードマン ◆ドワーフ
魔神王に対抗するための使いっぱしりとして結成された異色の冒険者たち。3人とも銀等級。ゴブリンスレイヤーにゴブリン退治の依頼を行う。

ゴブリンロードとゴブリンの軍隊

斥候の情報から農場に数人の人間が集まっていることを把握しているゴブリンロード。100はいるであろうゴブリン達の前で作戦を説明します。

ゴブリンロード
『あの灯を見よ』
『あれは人族の街の灯だ』
『忌まわしき呪われた灯だ』

ゴブリンロード
『我々の故郷を襲い』
『殺し、全てを奪った奴らの灯だ!』
『今度は我々が奴らの住処へ攻め込み』
『思い知らせるのだ!』

ゴブリンロードの目的は『街を滅ぼし「ゴブリン王国」を築く』こと。その第一作戦として、東にある『牧場』を今から攻撃するのです。

東の牧場を奪うことで、そこで子供を作り、仲間を増やし、体制を整えることができます。ゴブリンロードにとって重要な拠点になりうる地点なのです。

人間が数人集まっていることはわかっていました。しかし、だとしてもこちらは『ゴブリンの軍隊』。十分、力で押し切ることができると考えていたのです。

ゴブリン達の進撃

牧場の建物の中には幼馴染と、それを守る数人の冒険者たちがいました。

冒険者の女
『大丈夫ですよ』

幼馴染
『ありがとう』

数人が牧場を警備している中、いよいよ、ゴブリン達の進撃が開始されました。

ゴブリン達は盾に『人間』を掲げていました。こうすれば、人間側が攻撃できないという事を理解しているのです。

『人間の盾』を掲げながら、ジリジリと牧場へ進んでいくゴブリンたち。

それを迎え撃ったのは『呪文を使える者』たちでした。呪文でゴブリン達をねむらせてしまいます。

ゴブリン達が眠ったことを確認するやいないや、草の中に隠れていた冒険者たちは一斉に飛び出します。そして、『盾にされていた人間』たちを優先的に回収。

ゴブリン達も呪文使いたちで応戦しようとしますが、冒険者たちは木の上で待ち構えていた『弓使い』たちで応戦します。呪文使いを弓で攻撃し、ゴブリンの呪文使い達を次々に仕留めていきます。

盾にされていた全ての人間たちの救出が確認されると、冒険者たちはいっせいにゴブリンに襲い掛かります。

ゴブリンライダー

思わぬ応戦にたじろぐゴブリン達。ベテランの冒険者たちは次々にゴブリンを仕留めていきます。

ゴブリン達も弓で応戦しますが、冒険者たちには通じません。『弓避』の呪文で守られているからです。冒険者たちの圧勝の流れでした。

その状況は、後方にいるゴブリンロードにも伝えられます。

ゴブリンロード
『慌てるな』
『乱戦に持ち込んだならば』
『騎兵で蹴散らせ』
『左右に展開させた塀も前進させよ』

オオカミに乗ったゴブリンロードの集団が襲い掛かってきます。

しかし、ゴブリンたちがこういった作戦で来ることはゴブリンスレイヤーにはわかっていました。冒険者たちは決められていた所定の位置まで戻ります。

その作戦の指揮を執るのは槍使い。

槍使い
『整列しろ!』
『後列は前列の間に構えて』
『その後ろは距離を置いて抜刀!』
『馬よりも断然低くて小さい』
『ギリギリまで引きつけろ!』
『跳ばれるぞ!』

『まだだ!』
『まだ!』


スポンサーリンク

◆感想◆

◆白金等級とは?

前話でゴブリンスレイヤーはゴブリンロードのことを『統率力に特化した』と表現していました。また『ギルドで言うなら白金等級』と説明しています。

この理屈で言うなら、人間の白金等級も強いわけではなく統率力ってことになるような気もします。

もしくは、組織の統率で戦力を数倍にまで巨大化できるということで、実質的に白金等級だと考えられるという意味合いだったのかもしれません。

◆軍隊の統率は難しそうだ

ゴブリン1体につき『金貨1枚』の報酬となっています。ですから、冒険者たちにしてみれば、沢山戦って、沢山倒したいという気になりますよね。作戦に従わずに、勝手な行動をとる者も出てくるのではないかなぁとも思えるんです。

ですからここは『報酬は内容にかかわらず皆で山分け』にすれば統率が取れるのではないかなぁとも思えました。

しかし、よくよく考えてみますとその作戦でしたら『どうせ報酬はみんな同じだから頑張る必要もない』と考える人が出てくるかもしれません。怠ける人が出てくるわけですね。そうなっては、元も子もありません。

『統率する』ってのも簡単ではないですねぇ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように