スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話・81話・82話・83話・84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

皆、疲れ切っている

鬼離田3姉妹の次女と三女の救出に成功しましたが、双亡亭にはいって3時間足らず、皆ボロボロで疲れ果ててしまっていました。

ツトム
『そりゃそうだ・・・』
『おれぁホント、一刻も早くここから逃げ出したいよ』

宿木
『では喜べ』
『我々はこれより全員で撤退する』

上から作戦の立て直しという事で、撤退の命令が出ているのです。

この双亡亭内ではGPSも効かないため方向がわかりませんが、鬼離田姉妹は『心眼』で見ることができるため、出口にたどり着くことができるのです。

しかし、ツトムは何だか納得がいきません。

ツトム
『アンタら撤退するのイイのかよ?』
『母親を妊娠させたここにいるヤツに』
『文句言ってやるんだろ?』

疲れ果ててしまっているため、ほとんどの者は撤退に賛同します。

ツトムの叫び

双亡亭から撤退しようとする者達を、ツトムは必死になって止めます。

ツトムにとってもここはとても恐ろしい場所です。しかし、それ以上に双亡亭を許せないのです。

ツトム
『人の心の一番触れてほしくないところを』
『汚いやり方でべちょべちょに揺さぶって来て』
『その間ずっと聞こえてくる奴らの叫びは』
『「お前の体をよこせ!!」』
『どんな厚かましい願いだよ!』

『人の大事な記憶にドログツで踏み込み』
『体も奪っちまうヤツらに!』
『人間が負けるかよ!』
『負けてたまるかよってな!』

『あんたらはまだ十分に戦ってねーよ』
『お互いの情報や経験を』
『ぜんぜんじゃべりあってねぇからだ』
『互いに自分だけで勝手に戦って』
『勝手に自分たちだけで生き残って』

ツトム
『そのワザもつかっていないのに』
『一流の能力者が逃げるのかよ!』

『おれは見てーんだよ』
『この双亡亭が悲鳴をあげながら』
『ぶっ壊れていくところを』
『誰か見せてくんねーか?』

『オレはこのむかつく家が』
『ぶっ壊れるまでにげねぇ!』
『ふるえて泣き叫んでも絶対見届けてやらぁ!』

『この敷居のそっちとこっち!』
『そっちに行ったら誰ももう二度とは』
『ここに帰って来ねぇさ』
『なにせここは「おっかねえ」からな』

『誰か俺に見せてくれよ、なぁ!』

スポンサーリンク

残る者達

ツトムの話を聞いて、最初に敷居をまたぎツトムの元へ来たのは紅でした。

次にやってきたのはフロル。親であるアウグスト博士は止めましたが、『命を助けてくれた人の手を振り払う腰抜けにはなりたくない』と伝えやってきたのです。

ジョセフィーン夫妻もやってきます。ツトムには一度助けてもらった借りがあることと、何よりジョセフィーンが紅の事を気に入っているからです。

鬼離田姉妹はツトムに聞いてみます。

鬼離田姉妹
『我らが絵に引き込まれた折』
『何でお前はためらいもなく』
『我らを助けに参ったのじゃ・・・?』

ツトムは少し考えて答えます。

ツトム
『おれにゃあ兄弟がいねえからさ・・・なんか・・・』
『仲のいい姉妹が離れ離れっていやだなって』
『・・・なんかよゴメン、うまく言えねーわ・・・』

それを聞いて笑い出す姉妹。

とうとう残ってしまったのは宿木とアウグスト博士の2人。

宿木
『貴様ら正気か!?』
『命令に従わず』
『しかもそんな体調で戦うつもりか!?』
『死ぬぞ!』

アウグスト博士
『ヤドリギ、帰路を知るキリタが』
『向こうに行ったフェーズで』
『もう答えは出ているのだ・・・』

『I have no choice しょうがない、だ』

そして、アウグスト博士もついに残って戦う決意をします。

◆感想◆

いやぁ、これはさすがに賛同できませんねぇ。

皆、明らかに疲れ果てていますよ。これから戦いは激しくなっていくものと思われます。食事や睡眠はどうするんでしょうね。車いすを押している旦那さんは横腹を切られていますし。

そもそも、一番の目的であった『内部での爆破工作』が失敗に終わっているわけですから、現時点において、どう考えても決定打になりうる戦略が見当たりません。一度撤退して、体制を整え、戦略を練り直すしかないと思うんですね。

さてさて、どうするんでしょうね。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように