◆前回のあらすじ◆

双亡亭で戦ってきたため、皆疲れ果ててしまっていました。本部から帰還命令が下されているため、宿木は全員に本部に戻るよう通達します。しかし、ツトムは一人、それを辞めるよう皆を説得します。まだ皆でやれることがあると言うのです。

このツトムの説得に、最初に応じたのは紅でした。そして、自分を助けてくれた恩人だからとフロルちゃんが。紅のファンだからとジョセフィーン夫妻が。自分たちを助けてくれたからと鬼離田姉妹が。そして、とうとうアウグスト博士も『しょうがない』と折れてしまい、集まった破壊者たち全てが残って戦うことを決意するのでした。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話・72話・73話・74話・75話・76話・77話・78話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

情報交換

今まで相互に情報交換をすることなく戦っていました。

ツトムの主張において、その点で納得できたアウグスト博士は、全員に情報を出し合うことを呼びかけます。

琴代
『「絵」の中の奴らは』
『あたしらの鬼神で倒せたぞ・・・』


『私の短刀でも斬りはらえました』

パレット
『妻のメアリーの炎でも』
『絵からの腕や乗っ取られたものを焼けた』

アウグスト博士
『私のリバーサーの電撃も効果があったな』

『それらを合わせて考えると』
『絵の中に引き込まれても』
『乗っ取られないケースもありそうだ』

琴代
『乗っ取られて外に出てきた連中が』
『やっかいなのよねぇ・・・』


(ほんと・・・なんの力も持っていない・・・)
(ただの絵描きの人だと思っていたのに・・・)

ツトムの言葉が発端となり、皆は自分自身の考えや経験を出し合います。今までお互いに顔を背けていた人たちが一つになり始めているのです。

アウグスト博士
『双亡亭は奴らが人間に変わるための更衣室だと?』
『まぁ素人の愚かな推論だろうがな』

アウグスト博士は、ツトムの考えを一蹴します。

双亡亭は窒素に弱い!?

ジョセフィーンは疑問に感じることがありました。いつもよりも、メアリーの火の玉の火力が大きいのです。

それを聞いたアウグスト博士は、双亡亭に仕掛けておいたセンサーのデータを調査します。その結果、奇妙なことがわかりました。

双亡亭内の空気が『酸素42%、窒素56%、その他2%』になっていたのです。通常は酸素20%程度であるため、双亡亭内の酸素は通常よりも2倍の濃さとなります。だからメアリーの火力が大きくなっていたのです。

しかし、アウグスト博士が注目したのは増えている方ではなく、減っている方でした。

もし、ツトムの仮説通り、双亡亭に弱点があり、絵の中に引きづり込んで人間に着替えなければ出られないとするならば、空気中で減ってしまっている『窒素』が双亡亭にひそむ者達の弱点である可能性が高いのです。

もしそれが事実なら、双亡亭と戦うための手段となります。しかし・・・・・通信機が使えず、外にその情報を伝える方法がありません。

窒素と共に双亡亭へ

一方、総理と共にいる青一と緑朗は、車で双亡亭に向かっていました。

そして、青一から『窒素が双亡亭にいる侵略者たちの弱点』であることを聞かされていたため、総理は人脈を使って業者から大量の『液体窒素』を用意します。

もうまもなく・・・・・、青一達は、双亡亭まで後15分という所までやってきていました。

スポンサーリンク

地下に何かある?

双亡亭の弱点が『窒素』かもしれないことがわかって来たツトムたち。しかし、それでも、アウグスト博士は『肝心なことがわからない』と言います。

アウグスト博士
『そうやって屋敷内の窒素の量を減らし』
『人間と絵の中で入れ替わり』
『乗っ取った人間をぞろぞろ歩き回らせて』
『この双亡亭は何をしたいのだ?』
『奴らの目的は?』

今まで話を黙って聞いていた宿木は、そこで言葉を発します。

宿木
『・・・・・それに』
『関係する事かはわからんが・・・』
『私が博士たちと合流するまでに』
『目撃したことがある』

それは森田が絵の中に引きずり込まれた後。何か気配を感じたため、身を隠しながら下の階を覗いてみると・・・・・

数えきれないほどの警察官や機動隊員、自衛隊員たちが、何か木切れや板などをもって地下の方に向かって降りて行っていたのです。

宿木
『彼らがねぐらに帰るのを』
『見ただけなのかもしれないが・・・』
『私は奴らの目的が地下にあるように思えてならない』

その話を聞いてアウグスト博士は、次に自分たちが目指すべき場所は地下であると考えるのでした。

◆感想◆

果たして『窒素を減らしている』のか『酸素を増やしている』のか。まぁ、窒素が弱点なわけですから、酸素が増えているのではなく、窒素を減らしていると考える方が自然ですよね。

では一体どうやって窒素を減らしているのか? 皆目、見当もつきません。しかし、ここで一つの考えに至ります。

侵略者たちに侵略されていたあの宇宙人たち。窒素が弱点であるとわかっていたのであれば、窒素を作り出して侵略者たちを攻撃するという事は出来なかったのかなぁと。あれだけ不思議なものを色々と作り出すことができたわけですから、窒素を作ることもそんなに困難ではないように思えるんですよねぇ。

ちょっと、その点が気になります。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように