◆前回のあらすじ◆

大吾と睦子は風鈴学園の2年生になります。昨年、主力の3年生が卒業してしまったことで、風鈴学園の野球部は2年生がほとんどの6人だけの野球部になってしまいました。しかも、メンバーのほとんどは女子です。

そこへ現れた新1年生たち。素行が悪く、許可なく勝手に野球部のグラウンドを使って野球の練習をやっていました。彼らは名門の南陽ライオンズで活躍していた選手たちで、今年、スポーツ推薦で風林学園にやってきたのです。

野球部員が女子ばかりという事で、1年生たちはなめてかかります。そこへ現れた大吾は・・・・・?

スポンサーリンク

◆メジャー2nd◆

第10巻まで発売中!

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
9巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話82話
10巻83話84話85話86話87話88話89話90話91話92話
11巻93話94話95話96話97話98話99話00話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話12話
13巻13話14話15話16話17話18話19話20話21話22話
14巻(23話・24話・25話・26話・27話・28話・29話・30話・31話・32話)

最新『メジャー2nd』

◆登場キャラクター◆

◆風林中学野球部

キャプテンの茂野大吾

新入部員を迎え入れるために準備をしていた大吾。

一年生たちを快く迎えます。

大吾
『俺は風林中野球部のキャプテン茂野大吾!』
『入部希望ならここで名前とクラス・・・』
『これまでの野球経験と所属チーム』
『得意なポジションとか書いてくれる?』

しかし、1年達は大吾を無視。『着替えるから開けんなよ』そう言って、勝手に部室に入ってしまいます。

勝手に練習をし始める1年達

1年達は、この野球部は女ばかりで、しかもキャプテンが小さいことに呆れます。

今いる野球部の上級生たちを相手にしても仕方が無いと判断。

上級生を無視して、グランドを勝手に使い、自分たちのペースで練習を開始します。

1年の練習に参加する大吾

1年たちは『スポーツ推薦組』のメンバーであり、名門の南陽ライオンズに所属していた者達だったことを、大吾は睦子たちから聞きます。

事情を知った大吾は、名門でプレイしていた1年達の練習に興味を持ち、彼らの練習に加わろうとします。

大吾
『名門でやってた君たちのメニューとか』
『すごく勉強になりそうだから』
『俺も一緒にやっていいかな?』

『一緒に練習すれば』
『君等の実力もわかるしね』

しかし、それは逆効果で、1年生たちを怒らせてしまう結果になったのです。

仁科
『俺たちのいたライオンズはな』
『実力至上主義でやってたんだ!』
『先輩も後輩も関係ねえ!』
『グラウンドに立ったら』
『野球の実力があるやつが偉いんだよ!!』

1年生と上級生で勝負

実力至上主義を主張する一年生達。

大吾はその意見に賛成します。

大吾
『一年早く生まれただけで』
『才能もない、努力もしてないやつに』
『ペコペコするなんておかしいよね』
『グラウンドでは実力至上主義、大賛成だよ』

『じゃあハッキリさせるしかないね』
『相手の実力も知らないのに』
『マウンドをとるのはフェアじゃない!』

勝負は『上級生5人』VS『1年生5人』で、試合は3イニング。審判無しで、きわどい判定はキャッチャーがジャッジ。

お互いの実力を見る、変則試合が始まります。

スポンサーリンク

◆感想◆

大吾がキャプテンでしたか。前回の私の予想は大ハズレのようです。野球部員は6人なので、あと一人、どういった人物なのか気になるところです。

また、一週間遅れで新しくやってくる監督は、南陽ライオンズの元監督だとか。こういった実力至上主義をかかげてきた監督なわけですから、かなり特殊な監督なのだと思われます。大吾たちの波乱は続きそうですね。

◆大吾の身長が悲しすぎる

前回のラストでチラッと登場した大吾。顔立ちが小学生みたいだなぁと思っていましたが・・・・・どうやら、身長の方も小学生からほとんど成長していないようです。

睦子よりも2つくらい年下に見えるという・・・・・。

◆この大吾はヒドすぎる(笑)

考えられないほど身勝手な1年でしたが、大吾の登場で一気に流れが変わります。

こんなん見てしまったら、1年の方がまともに見えてしまうから困る。

大吾さんの、一気に正義と悪を逆転させてしまうこの技術、さすがです。

大吾と睦子の能力は?

かなり自信ありげな大吾をみると、全体的に、そこまで野球ができないってわけではなさそうです。太っちょさんは野球ができなさそうな雰囲気でしたが。でもパワーはありそう。

妥当な予想としては
・睦子・・・ピッチャー
・大吾・・・キャッチャー
ってところだと思います。

意表をついて、大吾がピッチャーをやるってのもあるかもですけどね。

睦子の方は小学生の時点でも天性の才能がありましたので、肉体的にも成長している現在はかなり期待できると思います。

大吾の方は体がまだ成長していないので、頭脳を駆使したプレイってことなのかな? どういった野球をしてくれるのか、楽しみです。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように