◆前回のあらすじ◆

ツトムの呼びかけで、双亡亭にとどまり、協力し合うことにしたアウグスト博士、紅、鬼離田姉妹、ジョセフィーンたち。自分たちが今まで経験した情報や考えを出し合います。

そのことで、双亡亭内の空気は通常よりも窒素が少なくなっていることに気が付きます。もしかしたら双亡亭にひそむ者達は『窒素に弱い』のではないかと。

最後までとどまることに反対している宿木は、自分が経験したことを話し出します。それは森田が絵の中に引きずり込まれた後の事。双亡亭にとりつかれていた数えきれないほどの警察官や機動隊員、自衛隊員たちが螺旋階段を下りていき、地下の方に向かって行っていたのです。それを目撃した宿木は、『奴らの目的が地価にあるように思えてならない』、そう言うのでした。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話・72話・73話・74話・75話・76話・77話・78話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

地下へ向かう、とりつかれた者達

絵の中に引きづり込まれて取りつかれてしまった者達。

彼らは列をなして、地下を目指します。

彼らがいったいどこへ向かい、何をしようとしているのか?

ただ、全員がついて行っても、何かあった時のことが心配です。わかれて行動しようにも、通信機がありません。

フロルのテレパシー能力

実は、フロルには『テレパシー能力』があります。心と心で会話ができる超能力です。この能力は通信機代わりとして使えます。

しかし、誰とでもテレパシーで会話できるというわけではありません。一定の霊能力がある者同士とだけ会話ができるのです。

今いるメンバーでは
・紅
・鬼離田姉妹の2人
・ジョセフィーン
の4人が、フロルとテレパシーができることがわかりました。

能力の無いものには伝わりません。

二手にわかれて偵察

二手に分かれて地下を目指すことになります。

まずは敵の最後尾をついて行く先行部隊。

その後方からついて行くのは、戦闘能力が低い宿木とツトム、そして起動能力に劣るマーグ夫妻です。

地面を掘る目的は・・・?

ビル7階分・・・高さにして30mほど降りた辺りで底に到達します。

そこで彼らがやっていたことは・・・・・

木片で地面を掘り、手で土をもって移動させていました。穴を掘っているのです。やり方としては、とても効率の悪い方法でした。

なぜ彼らは穴を掘っているのか・・・? ツトムはその理由を考えます。

ツトム
『・・・掘り出すっつったって』
『ここに何か埋まってるっていうのかよ』
『埋まってる・・・・・?』

ツトムは、以前読んだ、双亡亭の主である『坂巻泥努』の本を思い出します。

(ぐわ面の絵具の・・・)
(そもそもこの・・・)
(土地は関東・・・)
(の上に建った・・・)
(もと・・・)

本に書かれてある内容を思い出したツトム。

ツトム
『あ・・・・・』
『この双亡亭の土地は・・・』
『だったら・・・』

宿木
『どうした? おい・・・』
『何か分かったとでも言うのか?』

カチカチと歯を鳴らし怯えだすツトム。

ツトム
『わかったも・・・何も・・・』
『オレの読んだこの双亡亭を建てた』
『坂巻泥努ってヤツの自費出版の本に・・・』
『書いてあったんだよ・・・』

宿木
『何がだ!?』

ツトム
『このそこに埋まってるモン・・・』

『そいで、もしかして俺の想像通りなら・・・』

そういって、地下へ向かって走って階段を下りていくツトム。

ツトム
『ばあちゃん、あの博士に伝えといてくれ!』
『アンタのさっき持ってた試験管を』
『ちょっとだしといてくれって!』

◆感想◆

双亡亭にとりつかれているものたちが地面を掘っている理由は何か?

◆井戸を掘ろうとしている?

第29話で元総理達が『水路を作るように』といった書置きを残しています。ですから、水が必要なんじゃないかなって思うんですね。

水はH2Oなので分解すれば酸素ができる。酸素を大量に放出すれば窒素が減る・・・・・のかどうかはよくわかりませんが、もしかしたらそれが狙いで水を必要としているのかもしれません。

ですから、井戸を掘ろうとしているのではないかなと思えてきます。

◆死体が埋まっている?

坂巻泥努の本に書かれてあった内容。

『関東大震災で亡くなった人たちを』
『埋めた場所の上に双亡亭が建てられた』

という事なのではないかなと思いました。

死者、行方不明者は10万人ほどとのこと。この死体を掘り起こそうとしている可能性があると思います。

そう考えれば、ツトムが震えあがる理由もうなづけます。

ただ、今までの双亡亭は『生きている人間を操る』といった感じでした。死体を入手して何かできるんでしょうかねぇ? できるとするなら、やっかいなことこの上ないですよ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように