◆前回のあらすじ◆

新1年生を快く出迎える風林中等部キャプテンの大吾。しかし、1年生たちはそんな大吾を無視して、勝手に部室で着替え、勝手に練習を開始し始めます。

あの1年生たちが、名門の南陽ライオンズ出身であり、スポーツ推薦組であることを睦子からきいた大吾。名門の野球部たちがいったいどんな練習をやっているのか知りたくて、1年生たちの練習に参加させてもらおうとします。しかし、1年生たちはそれを快くは思いませんでした。

1年生たちがいた南陽ライオンズは実力至上主義。先輩も後輩も関係なく、グラウンドでは実力のあるものが偉いというルールでした。彼らはそれをこの野球部でも行おうとしているのです。

その話を聞き、大吾も『実力至上主義』に賛成します。ただし、相手の実力も知らずにマウンドをとるのはフェアではないと。

そこで、大吾は、上級生5人VS1年生5人の試合を提案するのでした。

スポンサーリンク

◆メジャー2nd◆

第10巻まで発売中!

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
9巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話82話
10巻83話84話85話86話87話88話89話90話91話92話
11巻93話94話95話96話97話98話99話00話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話12話
13巻13話14話15話16話17話18話19話20話21話22話
14巻(23話・24話・25話・26話・27話・28話・29話・30話・31話・32話)

最新『メジャー2nd』

◆登場キャラクター◆

◆風林中学野球部

5人VS5人の変則試合

お互いの実力を知るために大吾が提案した『5人VS5人』の変則試合。

ジャンケンで、上級生チームが先攻、一年生チームが後攻となります。

睦子は負けた時の事を考えて不安に感じます。

睦子
『こんな試合して大丈夫なの!?』
『私たちが負けたら』
『あいつらもう永遠に私たちの事』
『コケにし続けるよ!?』

大吾
『大丈夫、大丈夫』
『いくら名門って言っても』
『この前まで小学生の連中だよ?』
『俺たちのこの一年の成長なら・・・・・』

しかし、仁科の投球練習を見て、皆、だまり込んでしまいます。

自信を持つだけのピッチングはできるようでした。

1番相楽

いよいよ試合開始。

上級生チームの先頭バッターは小柄な体格の相楽。

仁科の速球に当てることが出来ず、ツーストライクまで追い込まれます。


『速いねー』
『何キロくらいだろ』

大吾
『110キロ以上は出てるね』

追い込んでいるピッチャーの仁科は余裕です。女が自分の球を打てるはずが無いと考えているからです。

仁科
『女が俺の球にかするかよ!』

しかし、相楽は当ててきました。

ボールはフラフラっと上がった内野フライ。アウト。

フライトは言え、さすがに女子に当てられるとは思わなかったため、仁科も驚きます。

2番睦子

2番バッターは睦子。

睦子は引っ張ってゴロを打ちますが・・・・・

ショートの千葉が好守備を見せ、ファーストに。アウト。

とはいえ、仁科は二打席連続で打ち返され、ショックを受けます。何故、女子なのに自分の球が打てるのかと。

3番沢

3番バッターは沢。

沢はジャストミートさせますが・・・・・ボールはピッチャー返しで、ピッチャー仁科のグローブの中に。スリーアウトチェンジ。

結局、上級生チームは三者凡退で、0点に抑えられてしまいました。

女であることは忘れる

次は一年生チームの攻撃。

上級生チームのピッチャーは睦子。キャッチャーは大吾です。

相楽
『点はやれないよ睦子!』

睦子
『プレッシャーかけんな!』
『あたし実戦のマウンド』
『まだほとんど経験ないのに』

大吾
『大丈夫、やれるよ』
『俺のミットだけ見て投げるんだ』

そして、投球練習を開始します。

一方、一年生チームのブルペン。

抑えたとはいえ、3人とも仁科のボールを打ち返してきました。簡単な相手ではないという事は間違いありません。

仁科
『もう一切容赦しねぇ』
『あいつらぜってー泣かせてやる』

スポンサーリンク

◆感想◆

◆3年生の先輩が登場

まったく害の無さそうな誠実な先輩が登場しました。3年生は、一人しかいないみたいです。たった一人で入部した一年時代を想像すると、何やら寂しさがこみ上げてきそうです。

そういえば、この先輩が1年の時って、大吾の姉ちゃんが3年生ですね。

◆結構、当たりまくってますよ

仁科はかなり自信を持っていましたので、それなりに実績のあるピッチャーなのだと思われます。その割に、パカスカ打たれまくってますよね。守備と運に助けられていますが。

何故、女子なのにこんなに打てるのか?

①野球を真剣に勉強した大吾が指導した
②小学生時代に活躍した女子の集まりだった
③卒業した先輩がしっかりとした指導を行ってくれていた

何にしても、中途半端な気持ちで野球をしている人物であるなら、絶対に打てないと思います。真剣に野球に取り組んでいるのは間違いなさそうです。

◆低すぎる大吾の身長の意味は?

3年の先輩と比べると、やはり大吾の低さは際立ちます。低いにもほどがある、低さですよ、これは。

では、何故に作者はこんなに大吾の身長を低くしてしまったのか?

①体が小さくてもこんなに活躍できるんだぞと言うことを表現したい
②作者的に高校生からでかくする考え

そういえば、20年ほど前に『砂漠の野球部』という漫画作品がありましたよね。メジャーと同じ週刊少年サンデーで1995年から2年間連載されていました。

この作品では、主人公は前半は天才ピッチャーとして表現されていましたが・・・・・たった一年で19cmも身長が伸びてしまい、今までのようなピッチングがまったくできなくなるという悲運な話になってしまいました。

このような感じで、『肉体の成長でスランプに陥る』話をもってくる・・・という可能性も考えられるかもしれません。

そもそも、前作のメジャーでは『主人公の能力がメチャクチャ凄い』を表現してきたわけですから、今回のメジャー2では、同じ路線はいかないという事なのだと思われます。

もしかしたら意表をついて

大学野球
→社会人野球
→プロ野球
→メジャー

という路線も考えられるかもしれません。大吾の苦難の道は続く?

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように