スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話81話82話83話84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

なぜ、穴を掘っているのか?

双亡亭に取りつかれた亡者たちを追って、一番下までたどり着いた紅、アウグスト博士、鬼離田姉妹、フロルの5人。

亡者たちは、素手や木の切れ端などを使って穴を掘っていたのです。

そして、その横に並ぶ沢山の骨の死体。どの死体も腕がありませんでした。穴を掘り続けたがために、腕が摩耗して無くなってしまったのだと考えられます。

なぜこれほどまでにして穴を掘っているのか・・・・・?

ヒルのようなものを水の中に入れると・・・?

後衛から前衛にやって来たツトムは、アウグスト博士が試験管に入れていた双亡亭の『ヒル』のようなものを受け取ります。

そして、そのままその『ヒル』を自分で持ってきていたペットボトルの水の中へ。

ツトムは双亡亭にいる者達の『生態』を確かめるために水の中に入れたのでした。

・こいつらは窒素に弱い
・血にまみれている時は動いていた
・しかし空中では溶けてしまう

では、こいつらが苦手な窒素がほとんどない所ってのは何処なのか・・・?

地下の水脈を探していた

穴を掘り続けている亡者たちの前に現れた、鬼離田3姉妹の長女『菊代』。

双亡亭の亡者たちはただやみくもに穴を掘ってきました。

しかし、菊代には『6つの眼』があり、目的のものを霊視で見つけることが出来たのです。

琴代が見つけたものとは・・・・・

その時・・・・・ツトムが先ほどペットボトルの中に入れたヒルのようなものが巨大化し、ペットボトルから飛び出します。

ツトム
『そ、そうか・・・』
『「水」がヤツらにとって安全な住み家!』
『「水」の中でこいつらは』
『何倍にも大きくなるんだ!!』

『だからこいつらは・・・・・』
『この双亡亭から外に出るために・・・・・』
『地下の水脈を探していたんだ!!』

もし地下の水脈を見つけられたら、いつか『川』へ。そして『海』へと。

もし海に流れ込んでしまったら、一体どうなってしまうのか!?

繁殖して増えていくのか!?

何より人間は水を必ず飲むから・・・!?

菊代
『・・・・・・・見たな!?』

ツトムたちは菊代たちに見つかってしまうのでした。

スポンサーリンク

◆感想◆

◆侵略者たちは魚系

水を探していると言うのは予想通りでしたが・・・・・なるほど、水脈を通って外に出ようとしていたんですね。そういえば、侵略者たちの姿って魚っぽかったですよね。

 ▲38話より

これはある意味、作者からのヒントだったってわけですか。気づきませんでした。

◆関東大震災も後々関係すると思う

まだ、関東大震災の死体を掘り起こそうとしている説は消えていないと思います。前話(51話)では確実に『埋まっている』って言っていますからね、ツトムは。

ちなみに、第9話『説明会』によりますと、双亡亭が建てられ始めたのが『1925年(大正14年)』となっています。(完成したのが10年後の1935年頃)

それに対して、関東大震災は『1923年(大正12年)』に起こっています。つまり、関東大震災の2年後から双亡亭は建てられ始めたってことですね。時期的にはあっていると思うんですよ。

ですから、掘り起こそうとしているものの一つは、やはり亡くなった方の死体なのだと思います。

というか、『関東大震災』自体も侵略者か、別の何かが引き起こしたってことなのかもしれません。

◆フロルちゃんのフラグが立っている?

前回と今回のフロルちゃんの反応を見てみると、ツトムに対してフラグが立っているように見えなくもありません。

しかし、フロルちゃんには確か彼氏がいましたよね? 双亡亭の絵の中に引きづり込まれてしまいましたが。

 ▲第30話より

彼は果たしてどうった形で再登場するのやら。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように