◆前回のあらすじ◆

亡者たちが階段を下りて、一体どこに向かうのかを知るため、紅、アウグスト博士、鬼離田姉妹、フロルの5人は前衛部隊となってついて行くことにします。

その先にあったものは地下の地面であり、亡者たちはただひたすらに地面を掘り続けていました。一体何のために?

そのことで疑問に感じたツトムは後衛から前衛に移動。アウグスト博士から受け取った『試験管の中のヒル』のようなものを、自分が保有していたペットボトルの水の中に放り込んでみます。その結果、ヒルのようなものは巨大化し化け物のような姿に変化しました。

このことでツトムたちは気が付きます。亡者たちが探していたのは『地下の水脈』であることを。もし水脈を発見したら、ヤツらは水脈からいずれは川へ、そして海へと移動するはずです。そうなってしまったら、一体世界はどうなってしまうのか・・・・・想像もつきません。

そんなツトムたちを、双亡亭に取りつかれた鬼離田3姉妹の長女である『菊代』が発見してしまうのでした。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話・72話・73話・74話・75話・76話・77話・78話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

見つけたのは『水脈』ではなく『暗渠(あんきょ)』

双亡亭にとり憑かれた者たちがやろうとしていたのは『水路を見つけること』だということに気が付いたツトム達。

そして、琴代に見つかってしまいます。

妹2人が仲間になっていなかったことを残念がる菊代に、雪代は語り掛けます。

雪代
『私達、この家の目的わかっちゃったのよね!』
『姉様たち魔物は水の流れに乗って』
『この家から出たいのでしょう!?』

『姉様たちの体内の魔物は』
『水の中でしか生きられないからねえ!』
『だからそこで地下水脈を探してたのでしょう!』

雪代はそうやって話しかけることで時間稼ぎをしてくれていたのです。ツトムや紅たちはその場から逃げ出すため、階段を上って上を目指します。

琴代
『ほほほ、そこまで知ってるのねぇ』
『でもね、私が見つけたのは』
『水脈なんて流れの遅いものじゃないわ』

『アンキョ、わかるかしらぁ?』

挟み撃ちにされてしまう

上を目指して走っていたツトム達でしたが、上からは宿木やマーグ夫妻が下りてきていました。上からも敵が襲い掛かって来ていたのです。

下からは琴代たちが上がってきます。

琴代
『安心して、アンタたちはもう』
『絵に連れ込みませんことよ』
『ここで死なせたげる!』

挟み撃ちを受けてしまい、逃げることができません。そこで宿木が決断を下します。

宿木
『下だと追い込まれる』
『上に向かうぞ』
『前面に戦力を集中!』

宿木はツトムに『黒い手』をつかってフロルと脱出するように言います。しかし、ツトムはここで逃げては見殺しにするようなものであるため逃げる気にはなれません。

ツトム
『そ、そうだ「窒素」だ』
『こいつら窒素に弱いんだ』
『窒素さえありゃ・・・・・』

青一たち、双亡亭にたどり着く

フロルの必死な想いは、双亡亭の外にいる青一に届いていました。

青一
『「ソウボウテイ」ノナカカラ、コエシタ』
『「チッソ」ガホシイッテ』

双亡亭の中にいる者が窒素が必要だとテレパシーを送ってきている。総理達はすぐに持ってくるようにと手配します。

そして・・・・・青一と緑朗が乗った車はいよいよ双亡亭の目の前にたどり着きます。


スポンサーリンク

◆感想◆

◆『水脈』と『暗渠』

『水脈』は『土と土の間に流れる水』という感じだと思いますが、今回、菊代が見つけ出したと言うのは『暗渠(あんきょ)』というものだそうです。暗渠と言うのは『人工的に作られた、地下で流れる水路』という意味だとか。

人工的な水路なわけですから、流れる水もしっかりとしていますし、水脈のように障害となるものもありませんので、流れが速いものと思われます。

しかし、かなり地下深い場所なのに人工的な水路がよくありましたね。

◆外にテレパシーを送るフロル

外にテレパシーを送ることは無いと考えていましたが・・・・・送ってきましたね。予想、大外れです(笑)。

これで青一とつながれば、青一はすぐにその場にたどり着くことができると思います。これはかなり早く合流できそうに思えます。

◆緑朗はどういった戦力になるのか!?

ツトムには『黒い手』や『絵からの救出術?』があるため、何とか活躍の場があるといった具合だと思います。しかし、緑郎となると、さらに戦力になるイメージがありません。連れて行って一体どんな活躍の場があるのかなと。

青一は45年間も侵略者たちと戦って、仲間はほぼ全員死んでしまっています。危険性は一番わかっているはずなのに、緑郎を連れて行こうとします。その点も不思議なんですよね。

もしかしたら、青一は緑郎を必要とする何かがあるんじゃないかなぁとも思えます。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように