イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【双亡亭壊すべし】第9話双亡亭破壊のための説明会【ネタバレ感想】

2016/08/03

160525-s06

◆前回のあらすじ◆

双亡亭へ向かう途中に、青一と緑郎は、45年前に住んでいた青一の家にたどり着きます。そこには悪霊のようなものが住み着いていました。

青一は自分のドリルの能力を使い、悪霊をすべて倒していしまいます。そして、2人は双亡亭へ向かいました。

◆双亡亭壊すべし◆

第1巻相当(1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻相当(9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻相当(19話・20話・21話・22話・23話・24話・25話・26話・27話・28話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。



双亡亭破壊の説明会に集まった人々

総理による『双亡亭を破壊した者には248億円!!』の発表により、多くの人が説明会に集まってきました。

どうやら、日本中の工務店、建築会社、解体業者、はつり職人(人力で壊す職人)が集まって来たようです。

160525-s01

やはり、『248億円』という金額の多さからのことだと思われます。

双亡亭の歴史

双亡亭破壊の説明会が始まります。

説明を行うのは、環境省『特殊災害対策室』室長の班目によって行われます。

彼によって、双亡亭の概要、主な警察介入の経緯が説明されます。

160525-s11

1925年(大正14年)
坂巻泥努(さかまきでいど)によって建て始められる

住所
東京都豊島区沼半井町2-5-29

通称:双亡亭

敷地:7200平方メートル(2178坪)

複数の棟を廊下によって連絡した複雑なつくり

1935年(昭和10年)
10年の歳月を経て、双亡亭は完成。

坂巻泥努の情報

坂巻泥努に関して

坂巻家の長男
1901年(明治34年)生まれ

一次大戦による『綿糸紡績業』の景気高騰で財を築く

本人の写真は存在しない
自画像のみ
画家を志していた

160525-s02

1923年(大正12年)22歳
関東大震災を機に少しずつ言動がおかしくなる

1925年(大正14年)24歳
当時珍しい海外旅行から帰国後
全財産を投じて『双亡亭』を建て始める

1935年(昭和10年)
双亡亭は完成する

近年の双亡亭の歴史

1935年から35年間に渡り記録なし

1970年
心霊特番により双亡亭内での死者が出る

1970年9月
事件を受け、警察官20数名が踏み込む

160525-s03

一名を除く全員が戻ってこなかった
戻ってきた一名も『最早、人ではなかった』と記録
不可解な言動の後、自らこめかみに銃弾を撃ち込み死亡
体は液状になり溶ける

以降、双亡亭への捜査を続けるも失敗
行方不明者48名
精神に異常をきたす者23名

捜査は半永久的に打ち切り
立ち入り禁止物件として封印される

2004年
大規模な機動隊による突入
CCDカメラによる記録が残っている

160525-s05

隊員たちは不可解な言動を発し
互いに殺し合いを始める
原因は不明

アメリカの遠隔操作型カメラ搭載の偵察ロボット
イギリスのドローンによる操作
いずれも何故か双亡亭に入ると画像を送らなくなり失敗




双亡亭内を一瞬とらえた画像

唯一、双亡亭内に入った瞬間をとらえた画像

160525-s06

複数人が立っているように見える
旧警察や機動隊員の装備品のようなものが確認できる

以上のような状況であると説明。

対超常現象のプロたち

これらの説明を受け、ほとんどの人たちが帰ってしまいました。とても手に負えないと判断したのでしょう。

それでも、少数の対超常現象のプロたちが残りました。

160525-s07

160525-s08

160525-s09

凧葉が背負う後悔の念

さすがに凧葉も確信します。おかしな能力を持つ青一でもどうすることもできないほどに双亡亭が危険であるということを。

紅は緑朗が双亡亭に来るより先に壊すと言い放ちます。

160525-s10

それを聞いて、凧葉は自分がやってしまった失敗を思い出します。緑朗が双亡亭の中に入ってしまったのは自分の責任だということを。

凧葉もまた、新たな決意を胸にするのでした。

あとがき

今回は、双亡亭に関する詳しい説明でした。謎の多かった双亡亭ですが、かなりわかってきましたね。

問題は空白期間となる1935~1970年の35年間です。この間に一体何があったのか。そして、なぜ青一が乗っていた飛行機が消えてしまったのか。

しかし、これって考えようによっては永遠に立ち入り禁止でいいような気もします。双亡亭は侵入者に対して攻撃していますが、入ってこない人たちには危害を加えていません。永遠に封鎖するってのが安全であり、妥当な判断だと思うのですが・・・。

唯一、双亡亭の外で起こったと思われる青一の飛行機の行方不明事件。これが今後、ストーリー上、大きな意味を持つのではないのかなぁと思えます。




-双亡亭壊すべし

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。