◆前回のあらすじ◆

菊代に見つかってしまったツトムたち。雪代は菊代に『水が必要で水脈を探しているのでしょう』と言うと、菊代は見つけたものは『水脈』ではなく『暗渠』だと応えます。

階段の上の方へ逃げていたツトムたちでしたが、上から宿木やマーグ夫妻たちが下りてきていました。亡者たちが上から襲ってきており、下に逃げてきたのです。下からは菊代達亡者が上がってきています。挟み撃ち状態のピンチです。

宿木は強行突破で上を目指すよう皆に指示。ツトムは黒い手を使って逃げるようにと言われます。しかし、ツトムは皆を見殺しにはできないと逃げる気にはなれません。『窒素』さえあれば・・・・・。フロルはテレパシーで必死に外の者へ窒素が必要なことを伝えます。

それに気が付いたのが総理達と車で双亡亭に向かっている青一でした。そして・・・・・とうとう青一と緑朗は、双亡亭の門の目の前にたどり着くのでした。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話81話82話83話84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

双亡亭内部の状況

ツトムや紅たちは、地下へ向かう階段の途中で、亡者たちから一斉攻撃を受けています。何とか全員で立ち向かいますが、あまりにも数が多いため対処しきれそうにありません。

アウグスト博士の転換器もバッテリー切れが間近です。ジョセフィーンの体力ももう限界です。宿木の銃の弾もつきかけています。このままでは持ちこたえられません。

フロルと青一のテレパシー

そんな中、双亡亭の中にいるフロルと外にいる青一がテレパシーでつながっていました。

フロル
『私のいるところわかりますか?』

青一
『ウン、ボクモッテッテアゲルヨ』

フロル
『ありがとう、でも、きっと・・・』
『間に合わないの・・・』

『ここにはたくさんの階段があり壁があります』
『そこを通ってあなたが窒素を持ってくるまで』
『きっと私たちは持ちこたえられない・・・』

『だけど私の能力を使えば』
『窒素を一気に運べる・・・・・』
『だから急いで・・・できるだけ』
『双亡亭に近づけて置いてください・・・』

それを聞いた青一は、緑郎をつれ車の外に飛び出し、双亡亭の門の前に降り立ちます。

双亡亭を壊す

やっとたどり着いた双亡亭。緑郎の父親を殺した存在。

緑朗
(セッタイ・・・許さないぞ!!)

しかし、いざ双亡亭の前に立つと、その圧倒的な存在から恐怖がこみ上げてきます。

青一
『ラクロ、ボクニイッタ』
『ソウボウテイコワスッテ』
『ツレテッテクレルッテ』
『ソシテ、ヤクソクマモッタ・・・』

『アトハボクガ ヤクソクマモルバン』
『ボクガ ソウボウテイコワス』

『ダカララクロ・・・スグコワクナクナル!!』

青一は自分の右腕をドリル状にすると、そのまま門に突進し、双亡亭の門を破壊してしまいます。

スポンサーリンク

◆感想◆

フロルの物を転移させてくる能力は幾つか制限があるのかもしれませんね。『距離』『重さ』『量』『間にある障害物』などによって転移させにくいという事なのかもしれません。

◆フロルは英語しか喋れないはず

青一とフロルが会話していますが、確かフロルは英語しか喋れませんよね。

青一の特殊能力で会話できているのかなぁとも思いましたが、この作品では『日本語は縦書き』で『外国語は横書き』として表現されてきました。フロルの台詞部分が縦書きで表現されていることから、フロルが日本語を喋っているという可能性の方が高いように思えるんですね。

前回、フロルが何やら人知を超えそうな勢いで必死な想いを表現していましたから、この時に何らかの能力に目覚めたという事なのかもしれません。

何より、作者さんがフロルを普通に会話できる状況にしたかったという事なのかもしれません(笑)。

◆鬼離田姉妹がいなかった

鬼離田姉妹が描かれていませんでした。・・・・・どさくさに紛れて捕まっているような気がします。次回以降、『さよなら鬼離田3姉妹編』が始まりそうです。

そういえば、鬼離田3姉妹の父親が、絵描きの男であり青一の弟かもしれないという状況でしたよね。となると・・・・・、妹2人はのっとられるわけではなく意識が保たれたままの状況で絵描きの男と出会うという流れになってくるかもしれません。

さてさて、どうなるか。

◆報道陣の驚き方が生ぬるい

報道
『なんでしょう!? 動きがありました』
『総理の公用車が爆発し・・・』

派手なことが立て続けに起こっているせいか報道陣の感覚がマヒしているのではないでしょうか。リアクションが生ぬるいように思えます。総理の公用車が目の前で爆発したわけですから。『動きがありました』どころの話ではないんですよね。

報道
『あああ!! 今、今、爆発が起こりました!!』
『先ほど双亡亭前にやって来た総理の車が!!』
『総理の車が!! 爆発し!!』
『煙を上げています!!!』

これが一般的な報道陣のリアクションだと思われます。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように