◆前回のあらすじ◆

ゴブリンスレイヤーの幼馴染が住む牧場を標的としたゴブリンロードたち。そして、それを待ち構える冒険者たちの戦いが始まります。

ゴブリンたちは人間の盾を使用し、冒険者たちが攻撃できないような状況を作ります。しかし、その作戦は見抜かれており、呪文使い達が呪文でゴブリン達を眠らせます。その間に、冒険者たちは盾にされていた人間たちを救出。ゴブリン達も呪文使いで応戦しようとしますが、冒険者たちはそれも木の上に登って待ち構えていた弓使いたちで次々に仕留めていきます。

ゴブリンロードの次の手は、オオカミに乗ったゴブリンライダーによる騎兵攻撃でした。しかし、これもゴブリンスレイヤーは予想しており、向かってきたゴブリンライダーを『仕掛け』で次々に串刺しにしてしまうのでした。

スポンサーリンク

◆ゴブリンスレイヤー◆

1巻1話2話3話4話
2巻5話6話7話8話9話
3巻10話11話12話13話14話15話
4巻16話・17話・18話・19話・20話・21話)

【最新】ゴブリンスレイヤー

◆キャラクター紹介◆

◆ゴブリンスレイヤー
家族をゴブリンに殺されてしまったことから、ゴブリンを倒すことを専門として一人で冒険者を続けきた。銀等級の冒険者。
◆女神官
冒険者になったばかりの15歳の少女。初めてのゴブリン討伐で殺されそうになった所を、ゴブリンスレイヤーに助けられる。以降、ゴブリンスレイヤーと共に行動する。新人の白磁級。

◆受付嬢
『冒険者ギルド』の受付を行っている。ゴブリンを優先して倒してくれるゴブリンスレイヤーをとても気に入っている。

◆槍使い
辺境最強と言われている。受付嬢が好きなのだが、ゴブリンスレイヤーにばかり笑顔を振りまくため、よくすねる。銀等級。
◆魔女
槍使いと共に冒険に行っている。銀等級。

◆エルフ ◆リザードマン ◆ドワーフ
魔神王に対抗するための使いっぱしりとして結成された異色の冒険者たち。3人とも銀等級。ゴブリンスレイヤーにゴブリン退治の依頼を行う。

ゴブリンスレイヤーの作戦

オオカミに乗ったゴブリンライダーが多数接近してくるも、冒険者たちは直前で『槍襖』の仕掛けを使い、ゴブリンとオオカミたちを串刺しにしてしまいます。

一部、仕掛けをかいくぐってくるゴブリンたちもいましたが、それでも冒険者たちの圧勝です。戦術がことごとくうまくいっているのです。

重戦士
『全くボロイ稼ぎだぜ』

女騎士
『ああ、だがあいつの戦術が』
『尽くはまった結果と言えるな』

今までの戦術、作戦を指導していたのはゴブリンスレイヤーだったのです。

(戦闘前の回想)

ゴブリンスレイヤー
『奴らは奇襲をしても』
『されることには慣れていない』
『待ち伏せをしろ』

『奴らは虜囚をくくりつけた「肉の盾」を使う』
『眠りの呪文をかけその隙に救出させろ』
『眠ったゴブリンには手を出すな』
『目が覚めると面倒だ』

『群れが大きくなるとオオカミを飼い』
『さらに増えると騎乗する』
『数の規模から2~30は来るだろうが』
『この人数ならば十分に引きつけ』
『槍襖で対応できる』


スポンサーリンク

ゴブリンロード、主力を投入

ゴブリンの偵察は、部隊が壊滅的な打撃を受けていることをゴブリンロードに報告します。怒りをあらわにするゴブリンロード。

ゴブリンロード
『はやりクズでは話にならん』
『お前の出番だ』

『勇者たちを率い冒険者どもを血祭りに上げよ』
『戦利品は全てお前たちにくれてやる』
『多くの冒険者の命を奪ったその力』
『存分にふるうが良い』

冒険者たちの目の前に現れた次なる敵は、今までのような雑魚ではありませんでした。本当の強敵である『ホブ(田舎者)』の集団と、『チャンピオン(小鬼英雄)』だったのです。

重戦士
『いい加減、雑魚相手も嫌になってたとこだ』
『大物喰らいが俺の本職だからな!』

『ここから先はベテランの戦場だ!』
『腕に自信の無い奴はすっこんでな!!』

スポンサーリンク