◆前回のあらすじ◆

空爆でも破壊することが出来なかった双亡亭を、単独で次々と破壊していく青一。そんな青一から、緑朗の元へ『テレパシー』が届きます。溶ける絵の控室で飛ばした水を一滴、緑郎の中に残したことで、青一と緑朗はテレパシーができるようになっていたのです。

青一は必死になって双亡亭を破壊し道を作っています。それは、双亡亭内部で助けを求めている者達に窒素を送り届けるためです。しかし、あまりにも敵の数が多いため間に合いそうにありません。そこで、青一は緑郎にテレパシーを送り、緑郎に窒素を届けてあげてほしいと頼んだのです。

緑朗はそのことを総理に話し、窒素を急いで用意するよう頼むのですが、そこで指揮をとっているものが思うように行動を取らせてくれません。緑朗は窒素を乗せている車を見つけると、そこへ走っていき・・・・・・・

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話81話82話83話84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

必死に頼む緑朗

青一に窒素を双亡亭内に運んでほしいと頼まれた緑朗は、窒素が積まれてあるトラックの元へ走っていきます。

緑朗は必死に頼み込みますが、おじさん達は窒素を運んできただけの業者です。勝手な判断で行動するわけには行きません。

緑朗
『双亡亭の中で待ってる人がいるんです!』
『今すぐ届けないと死んじゃうんです!』
『敵は窒素に弱いの・・・だから!!』

緑朗は必死に頼み込みます。

業者1
『オイ・・・それひょっとして』
『双亡亭を一人で壊したっていう・・・』

緑朗
『うん、その子が全部教えてくれたんだよ』

警察は緑郎に駆け寄り、安全な場所に移動する伝えます。しかし、緑朗は急いで窒素を届けなければいけません。

緑朗は警察に取り押さえられ、連行されますが、暴れてふりほどき、必死になってまた業者の元へ戻ってきました。

緑朗
『お願いです! その窒素を!』
『双亡亭のせめて敷地の中まで運んでください!』

『ゴメンナサイ!』
『中の人がお姉ちゃんがピンチなの!』
『その窒素を運んでください!』
『中の人がそれがあれば助かるって』
『ゴメンナサイお願いです!』
『窒素を中へ・・・・・』

土下座してお願いする緑郎を見て、業者の人間は、今まで自分たちはあんなに必死になって誰かのために頭を下げたことがあっただろうかと考えるのでした。

緑郎を車に乗せ、双亡亭へ

なおも必死に抵抗し続ける緑郎に、警察は手を焼きます。

そんな警察に声をかける業者。

業者1
『待ってろって言われたんで』
『トラック回すんですけど』
『なんでしたらそのガキ』
『車ン中で預かってましょか?』

暴れまわって迷惑していた警察は、業者に緑郎を任せることにします。

車の中に乗った緑郎に、業者は言います。

業者1
『このトラックを荷物ごと双亡亭の中に侵入させてくれだって?』
『バカなガキだなぁそんなコトしたら』
『あたしらクビだっつーの』

そう言いながら、警察の誘導を無視して、双亡亭の方へ向かう業者。

業者2
『何やってんすか~~~』
『そっちは、そっちは~~~!』

業者1
『スマンな・・・・・』
『でもよ・・・あたしゃ・・・』
『あんなに必死んなって』
『モノを頼まれたコトがなかったんでさ・・・・・』

そして、窒素を乗せたトラックは双亡亭内部へ!

フロル
(来た!!)

窒素を乗せたトラックが双亡亭内部に入ったことを感じ取ったフロル。

フロルの能力が届く範囲に入ったのです。

しかし、液体窒素はとても重いため、フロルでも転移させるのは困難です。

フロル
(集中するの!)
(集中して私!)


スポンサーリンク

◆感想◆

トクナガ理研のおじさん2人も双亡亭内へ!?

フロルの能力で車ごと窒素を双亡亭内に移動させる・・・・・という事になると思われますが、緑朗がやってくるのはともかくとして、関係ないおじさん2人も一緒についてくることになってしまいますよ。どうするんでしょうね? 思いがけず、無能力者が1人ではなく、3人増えてしまいそうです。

しかし、フロルは『液体窒素はとても重いわ』と言っています。もしかしたらトラックごとではなく、液体窒素のみを転移させるってことなのかもしれません。まぁ、そう考えるのが妥当かもしれません。

・・・とはいえ、業者は緑郎を車に乗せましたからねぇ。乗せたという事は、やはり車ごと転移される可能性が高いとも考えられるんですよねぇ。さて、どうなるか。

<双亡亭>と囲むことに意味があるのかな?

今まであまり気にしたことは無いのですが、どうして<双亡亭>と毎回囲んで表現しているんでしょうね? 囲むことに、作者さんは何らかの意味を込めているんでしょうかねぇ? ちょっと疑問に思いました。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように