◆前回のあらすじ◆

テレパシーにより、青一から窒素を双亡亭内に届けてほしいと頼まれた緑朗は、業者に必死になって頼み込みます。しかし、業者たちは勝手なことをするわけにもいかない為、緑郎の頼みを聞くことはできません。それでも、皆の、自分の姉の命がかかっているため、緑朗はボロボロになってでも土下座をしてでも業者に頼み込みます。その姿に心を打たれた業者は、緑郎をトラックに乗せ、決死の覚悟でトラックごと双亡亭内部に侵入します。

液体窒素を乗せたトラックが双亡亭内に侵入したことを感じ取ったフロルは、とても重い窒素を転移させるために集中し始めるのでした。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話81話82話83話84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

アポーツ(物質現出)すれば死んでしまう

窒素を乗せたトラックが双亡亭の敷地内に入りました。これでフロルはアポーツで窒素をこちらに引き寄せることが可能です。

フロルはそのことをテレパシーを使い皆に伝えます。

フロル
(皆さん、窒素をこれから引き寄せます!)
(ここに運ぶのは大型デュワー瓶およそ50個)
(材質はアルミニウムとステンレス)
(液体窒素が各々50リットル入っています)

(それを破壊してここを窒素で満たせば)
(この敵はみんな溶けるのでしょう!?)

フロルがテレパシーでそのように言ったことを紅がみんなに伝えると、アウグスト博士が止めに入ります。フロルの体力でそれをやれば命に係わるからです。

しかし、これだけの亡者たちを相手にするのはもう限界です。

フロルはアポーツを行うため集中し始めます。

フロルの過去

ツトムは命にかかわるならやめた方がいいと、集中するフロルを止めに入ります。すると・・・・・フロルに触れたとたん、フロルの過去の記憶がツトムの頭の中に流れてきました・・・・・。

親がお金を得る手段として、フロルに始めて『お客』を取らせたその日、フロルはとっさにアポーツで車を引き寄せてしまったのです。

フロルの気味の悪い能力に嫌気がさした両親は、フロルを家から追い出してしまいました。

行く当てのないフロルを引き取ったのがアウグスト博士です。博士はフロルの超能力に興味を持ち、自分の研究材料として引き取ったのでした。

たとえどんな理由であるにしても、自分を必要としてくれる人がいる。それだけでフロルは幸せだったのです。

ツトム
(なんだよ、あのハカセ!)
(フロルをモノみてえに使ってんじゃんか!)

フロル
(そうじゃないの)
(博士が私を必要として下さらなかったら)
(私は生きていなかった)
(私は本当に感謝しているの・・・)

フロルは絵の中に引きづり込まれそうになった時に、ツトムと紅に助けてもらった時の話をします。

フロル
(タコハさん)
(タコハさんに助けてもらわなかったら)
(やっぱり私は死んでいた・・・)
(あの時、私はタコハさんの心に触れたわ)
(とっても温かだった・・・)
(もっとおしゃべりしたら・・・)
(もっとキレイな空がみられたかもしれない・・・)

(今、私にしかできないことをすることで)
(私は博士とタコハさんを助けることができるの)
(私の窓にはもうとっても青い空が見えかけているの)

窒素をアポーツ

フロルがアポーツで窒素を引き寄せようとしていますが、アウグスト博士は皆に忠告します。

窒素の容器を破壊すれば、実質、爆発に近い現象が起こってしまうのです。そして、何より窒素が大量にあふれてしまっては低酸素状態になってしまい全員、窒息してしまうのです。

その時、フロルは意を決して、地下へ飛び降ります。

そして、アポーツで窒素を!

フロル
(私・・・やったわ・・・)
(タコハさん・・・)
(なんて・・・キレイな空・・・・・)

◆感想◆

テレパシーは世界共通言語でした

フロルが日本語で会話できるようになり不思議に感じていましたが、どうやら『テレパシーなら言語など関係なく会話ができる』ということのようです。

これは双亡亭壊すべしオリジナルなのか、それとも一般的にそうなのかは謎です。

侵略者たちの弱点である窒素の復習

50話で語られていることですが、
・通常 :窒素78%
・双亡亭:窒素58%
と、双亡亭内部では20%ほど窒素が少なくなっています。

窒素が弱点である『侵略者』たちはこの58%の量であっても溶けてしまいます。

しかし『亡者』たちであれば58%の中で生存可能です。とは言っても、双亡亭の外となる78%の世界ではやはり溶けてしまいます。

ですから、今回フロルがやろうとしているのは、液体窒素を使ってチッソの量を増やし、亡者たちをやっつけろうとしているわけですね。78%以上にすれば、十分倒すことが可能です。

一本ずつ運んだら良かったのでは?

1本引き寄せて、その1本で亡者を蹴散らしつつ、2本目、3本目と少しづつ・・・という方法もあったように思うのですが。まぁ、そう考えてしまうのは野暮なのかもしれません。

緑朗は移動してこなかった

フロルは窒素だけをアポーツしましたね。てっきり軽トラに乗っている緑郎たちも一緒に移動するのかと思ったのですが。

・・・緑朗が車に乗った意味、まったくありませんでした(笑)。

フロルを助けるのは誰か?

次回は2つの可能性があると思います。

一つ、『このままフロルが死んでしまう』という可能性。もう一つは、『フロルを誰かが助ける』という可能性です。

では、助けるとした場合、誰が助けに入るのか?

可能性として考えられるのが、まずは『ツトム』ですね。戦闘も行っていませんし、フロルのことを気にかけていましたので、フロルが飛び降りた瞬間、ツトムが助けるために飛び降りるという可能性は十分にあり得ると思います。しかし、常識的に言って、この高さを飛び降りる上に、窒素の爆発などに巻き込まれたら死ぬと思います。

もう一人の可能性としては『アウグスト博士』だと思われます。今回の話でもフロルの命を心配していましたし、今まで素っ気ない態度でしたが、実際は親として大切に思っていたのかもしれません。武器の電力もエネルギー切れになってしまっているっぽいですからね。お役御免で、フロルを助けて死んでしまう・・・という可能性は十分に考えられると思います。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように