◆前回のあらすじ◆

大量の亡者たちに囲まれた皆を助けるため、フロルは命をかけて窒素をアポーツしようとします。しかし、この場で窒素を爆発させては危険です。そのため、フロルは地下に飛び降り、空中で複数の窒素の容器をアポーツさせるのでした。

アウグスト博士たちは窒素を爆破させるために容器に攻撃を仕掛けます。しかし、紅は短刀しか持っておらず遠距離の窒素容器を攻撃できないため、逃がされます。紅は一人、窒素の爆風に巻き込まれずに済むのでした。

一方、窒素をアポーツし地下へ落下するフロルを救出したのは『黒い手』の能力を持つツトムでした。ツトムはフロルを抱きかかえ、皆が何とかしてくれることを信じ、爆風に身を任せるのでした。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話81話82話83話84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

双亡亭中央の爆発

双亡亭の中央付近で起こった爆発。そして、白煙が立ち込めます。

強行突破して双亡亭の敷地内に突入した業者たちの液体窒素はほとんど消えてなくなってしまいました。

業者B
『あんなにたくさんあった50リットル容器が』
『ほとんど消えちまった・・・・・』

隊員
『まったく何考えてる!?』
『こんなトコロに突っ込んで!』

業者A
『はぁすみません~~~!』

そうは言いながらも、業者たちはなんとか窒素を届けられたのだろうと考え、喜ぶのでした。

ツトムと緑朗の再会

爆発から『黒い手』で逃れたツトムとフロルはどこかの地下へ移動し、そこから上を目指していました。

ツトム
『お~気づいたかよフロルちゃん!』
『気付いたらさっきと同じよーなこの階段にいた』
『とりあえず登ってっけどさ・・・』

言葉が伝わらないなりにも状況を説明するツトム。

そして、上では登ってくる何かの存在に気付いた緑朗が、その場で待っていました。

敵かと銃を構える隊員たち。

地下から登って来たのは緑朗も知っている人物。引っ越してきてすぐに出会った『タコハ』だったのです。

緑朗
『タコハさん、どうして!?』
『なんで双亡亭に入ったの!?』

ツトム
『お、お前こそここに来ちゃったのかよ・・・』
『お前の姉ちゃんはお前をここに』
『こさせねえためにここで戦ってたのに・・・』

ツトムは負傷している『フロル』を隊員に任せます。

そして疲れ果てたツトムも外へ行こうとするのですが・・・・・

ツトム
『・・・緑朗、どうやらオレ』
『そっちにゃ行けねぇみたいだわ・・・・・』

ツトムを捕まえる複数の黒い手。ツトムも『絵描きの男との約束(絵の話をする)』がまだであるため、こうなることはうすうす気づいていました。

ツトムは緑朗に
・双亡亭の弱点は『窒素』
・地下水脈から海を目指そうとしている
・『アンキョ』で増えて手が付けられなくなる
それだけ伝えると、黒い手によってまた地下へ引きづり込まれてしまうのでした。


スポンサーリンク

◆感想◆

双亡亭、半壊

こうしてみると、双亡亭もそれほど大きくないですね。ちょっとした町くらいの大きさをイメージしていました。

大雑把に、縦『家20軒分』、横『家15軒分』くらいかなぁと思います。

建物自体は『侵略者の黒い液』でできていますが、外気から内側を守っていた分、窒素に対しても強く出来ていると思います。この窒素も、建物を壊すまでには至らないように思います。

窒素と空気では、窒素の方が軽い?

窒素が地下にたまってしまうのではないかなと思い調べてみたところ、窒素の方が軽いという情報を見つけました。

◆窒素の方が軽い
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1116877851

そうなりますと、地下にいたツトムとフロルは下に空気(酸素)がたまるので大丈夫だったのかなぁと。

しかし、爆発のエネルギーで空気など吹き飛ばされますからね。そう考えると、窒息してしまうのではないかなぁと。

ただ、黒い手のおかげで別の地下へ移動していたようなので、それで助かったという事なのかもしれません。

爆心地付近にいたアウグスト博士たちは、爆発の問題もありますが、空気の問題も大きいですよね。果たして何人生き延びることが出来たのか・・・・・。

フロルちゃん戦線離脱

ツトムによって外へ運ばれたフロルちゃんはこのまま病院へ直行となりそうです。何にしてもこれ以上の戦闘は無理ですね。一体、彼氏はどうするのかと。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように