◆前回のあらすじ◆

ゴブリンスレイヤーの作戦の前に、ことごとくやられてしまうゴブリンの軍隊。ゴブリンロードはオオカミを使ったゴブリンライダーの部隊で襲い掛かるも、冒険者たち側はそれをも仕掛けを使って串刺しにしてしまいます。いよいよゴブリンロードは最後の作戦となる『ホブ』の集団と、最強の戦士となる『チャンピオン』を差し向けることに。

ゴブリンロードは結果を見るまでもなく、一人撤退を開始します。もう全てのゴブリンを見捨てて新たに軍を作り直さなければと考えたのです。しかし、そんなゴブリンロードの考えをゴブリンスレイヤーは読んでいました。先回りして、すでにゴブリンの巣を全滅させてしまっていたのです。

スポンサーリンク

◆ゴブリンスレイヤー◆

1巻1話2話3話4話
2巻5話6話7話8話9話
3巻10話11話12話13話14話15話
4巻16話・17話・18話・19話・20話・21話)

【最新】ゴブリンスレイヤー

◆キャラクター紹介◆

◆ゴブリンスレイヤー
家族をゴブリンに殺されてしまったことから、ゴブリンを倒すことを専門として一人で冒険者を続けきた。銀等級の冒険者。
◆女神官
冒険者になったばかりの15歳の少女。初めてのゴブリン討伐で殺されそうになった所を、ゴブリンスレイヤーに助けられる。以降、ゴブリンスレイヤーと共に行動する。新人の白磁級。

◆受付嬢
『冒険者ギルド』の受付を行っている。ゴブリンを優先して倒してくれるゴブリンスレイヤーをとても気に入っている。

◆槍使い
辺境最強と言われている。受付嬢が好きなのだが、ゴブリンスレイヤーにばかり笑顔を振りまくため、よくすねる。銀等級。
◆魔女
槍使いと共に冒険に行っている。銀等級。

◆エルフ ◆リザードマン ◆ドワーフ
魔神王に対抗するための使いっぱしりとして結成された異色の冒険者たち。3人とも銀等級。ゴブリンスレイヤーにゴブリン退治の依頼を行う。

チャンピオンVS重戦士と女騎士

ホブの集団とチャンピオンを迎え撃つ冒険者たち。

ベテランの冒険者たちは、相手が強敵のホブであろうとも次々と倒していきます。

一番の強敵である『チャンピオン』と戦っていたのは重戦士と女騎士の2人でした。

女騎士と連携を取りながら攻撃するものの、チャンピオンにはなかなか通用しません。

重戦士
(これがチャンピオンか)
(でかいだけのゴブリンだと思っていたが・・・)
(戦い慣れてやがる!)

このまま戦っていても決定打を作れそうにありません。

女騎士
『私が引きつけて隙を作る』
『お前がクリティカルを決めろ』

重戦士
『任せろ』

女騎士は盾を使って体当たりを行うと、小刻みにチャンピオンの体を切りつけます。

チャンピオンは棍棒を振り下ろしますが、女騎士は盾で受け流し、そんなものは効かないと剣と盾で音を鳴らしながらチャンピオンを挑発。

イラつくチャンピオン。

怒りに任せて大降りになったチャンピオンの懐に、重戦士がもぐりこみます。

重戦士が狙いすました一撃が与えようとしたその時・・・・・背後から一匹のゴブリンが襲い掛かってきました! ゴブリンもまた茂みの中でチャンスをうかがっていたのです!

それに気が付いた重戦士は拳の一撃でゴブリンを倒してしまいますが、チャンピオンを攻撃するタイミングが遅れてしまいます。

一瞬早かったはずの重戦士の攻撃が遅れてしまい、チャンピオンの棍棒の方が先に飛んできたのです。

かわすこともできそうにない一撃でしたが・・・・・、そこへ女騎士が割って入り、縦を使って重戦士を上手く守ります。

チャンピオンの攻撃を上手く受け流し、剣でチャンピオンの指を切り落とした女騎士。チャンピオンは持っていた棍棒を放してしまいます。

攻撃も防御もできなくなってしまったチャンピオン。次の瞬間、懐にもぐりこんだ重戦士は強烈な一撃を決め、チャンピオンの胴体を真っ二つに切り捨てるのでした。

最強の敵を倒し、冒険者たちからは大きな歓声が沸き起こります。

女騎士
『また私のおかげで命を拾ったな』

重戦士
『ああ、助かった』
『そいつの首はお前のだ』

女騎士
『感謝の気持ちがゴブリンの首か』

重戦士
『・・・いらねぇなら』

女騎士
『いや、もうらうが』

スポンサーリンク

ゴブリンロードVSゴブリンスレイヤー

一人撤退するゴブリンロード(小鬼王)。

ゴブリンスレイヤーは、ゴブリンロードがそうすることを予想して、すでにゴブリンたちのアジトを突き止め、全滅させてしまっていたのです。

怒り狂いゴブリンスレイヤーに襲い掛かるゴブリンロード。

ゴブリンロードは強力な斧を持っており、その攻撃はゴブリンスレイヤーの盾をも軽く削り取ってしまうほどでした。

そして、ゴブリンスレイヤーは心臓を狙っての一撃を放っていましたが、ゴブリンロードは胸甲を装備しており、剣が通りません。

まともに戦っては勝ち目が無いと判断したゴブリンスレイヤーは地面の草を使って目くらまし! 頭部に一撃を入れますが、致命傷にはなりません。ガードをしてもゴブリンロードの攻撃は強力。ゴブリンスレイヤーは簡単に吹き飛ばされてしまいます。

ゴブリンスレイヤー
『・・・正面からは苦手だな・・・・・』

捨て身での攻撃ををしかけるゴブリンスレイヤー。

ゴブリンロードの強力な一撃をゴブリンスレイヤーは盾でガードしますが・・・・・盾は真っ二つにされ左腕を吹き飛ばします。

しかし・・・・・ゴブリンスレイヤーはその隙をついて、うまくゴブリンロードの下腹に剣を突き刺すことに成功します。

スポンサーリンク

2ページ目⇒