◆前回のあらすじ◆

紅がアウグスト博士たちが戦っていた辺りを確認すると、そこには『大きな繭』のようなものが出来上がっていました。その繭がほどけていくと、そこにはアウグスト博士たちがいました。全員無事です。彼らを繭のようなもので守ってくれたのは『帰黒』という謎の女性だったのです。

帰黒は自分は巫女であり別の場所にいる仲間と行動していることを紅に説明します。そしてテレパシーの能力もあったため、頭の中に響く声にひかれてここにやって来たのだと。さらに、何らかの能力で、帰黒は紅の弟である緑朗が双亡亭内部に入ってきたことにも気が付きました。紅はそれを聞き、緑朗がどこにいるのか連れてってほしいと帰黒に頼みます。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話81話82話83話84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

人間は攻撃できない

青一に襲い掛かる9人の憲兵たち。

青一はこの憲兵たちに侵略者たちと同じようなニオイを感じ取ります。

青一
(コイツラミンナ コワシテヤル!)

青一は憲兵たちをドリルで攻撃しようとします・・・・・が、ドリルで攻撃することができません。ドリルで攻撃する前に肉体を戻して拳で殴りつけてしまうのです。

青一
(ヤッパリ・・・デキナイヨ・・・・・)
(ヒトノ スガタ シタヒトニ・・・・・)
(ドンナニ「シンリャクシャ」ノニオイシタッテ・・・)
(ツカエナイ!)

さすがに憲兵たちも、青一が自分たちに『ドリル』で攻撃できないことに気が付きます。

憲兵
『恐れることは無い!』
『切り刻んでしまえ!』

決定打となりえるドリルを使ってこない青一に、憲兵たちは刀で次々に襲い掛かります。

まず、腕を使えないようにし、次に心臓を突き刺して止めを刺そうとしますが・・・・・青一は心臓の周りを硬化させ刀の攻撃を防ぎます。

しかし、青一が硬質化できるのは体の一部。憲兵たちは頭、体と次々に切り刻み、青一にダメージを与え続けます。

黄ノ下残花少尉

もうどうすることもできない・・・・・。青一は死を覚悟した次の瞬間、憲兵の攻撃から自分を守ってくれる謎の人物が登場。憲兵2人を切り捨ててしまいます。

???
『自分がいない間に指揮は貴様が』
『とるようになったのだな、井郷准尉』
『だが、自分は戻った・・・・・』
『これより貴様らに新たな任務を命令する』

『帝国陸軍東京憲兵隊残花班は』
『即時、地獄へ撤収せよ』

憲兵
『そ・・・そんなバカな・・・・・』
『貴方は、この双亡亭に喰われて死んだ・・・はず・・・・・』


スポンサーリンク

◆感想◆

弱点が大きすぎる

『人間を攻撃できない』という弱点は大きすぎるかと。侵略者たちは人間の体を乗っ取って戦いを仕掛けてきているわけですから、それで攻撃できないとなりますと戦いようが無いという状況に陥ってしまいます。というか、青一はもう死を覚悟してしまっていますし。

ここを乗り切ったとしても、今後どうするのかなぁという気はしますねぇ。

侵略者は『窒素』を吸わなければよい?

今回現れた『侵略者に乗っ取られた憲兵たち』は『酸素ボンベ』のようなものを装備しています。これはつまり『窒素を吸わないようにするための対策』という事なのだと思われます。

まず、侵略者たちは外の世界では生きていけません。理由は『窒素』が空気中に含まれているからです。

そのため、双亡亭の建物内部は窒素の濃度が低くなっています。窒素濃度が低いため、『亡者』たちは何とか活動が可能です。しかし、純粋な侵略者たちはそれでも生きることはできず溶けてしまいます。

つまり『侵略者に侵略されている度合いが高い肉体程「窒素」に弱い』という事なのだと思われます。

そして、今回の憲兵たちが『酸素ボンベ』を装備しているという事は『肉体に窒素がふれたら溶ける』という事ではなく『窒素を吸い込んでしまったら溶ける』という事なのだと考えられます。つまり、今回のように酸素ボンベを装備していれば、純粋な侵略者たちは外の世界でも活動できるという事かと。酸素ボンベの数に限りがあるんでしょうね。

第3の勢力!?

憲兵
『何故かは知らんが』
『アイツの惑星で力を得たようだな』

侵略者たちであるならば、青一が『アイツの惑星』で力を得ているのは当然知っているはずです。何しろ、青一達に自分たちの惑星を攻撃されて双亡亭に逃げてきたようなものですから。

にもかかわらず、それを知らないという事は・・・・・『侵略者たちは世代交代している』という事なのか、もしくは『元から双亡亭内部にいた侵略者たちとは違う第3の勢力』ということなのかもしれません。まぁ、侵略者たちの仲間のような者でしょうから第3の勢力と言うのが適切かどうかはちょっと違うような気もしますが。

黄ノ下残花少尉

一体何者なのか!?

まず『憲兵』なわけですから70年前の人物という事になります。人間の年齢で考えるなら90歳を超えていると考えられます。

侵略者たちによって体を乗っ取られ特殊な状況に置かれているからこそ若さを保てている・・・・・ということならわかるのですが、正気を保っている分、侵略者に乗っ取られているという事ではないようにも思えます。いや、乗っ取られているけれど自分の意識を保てている状況ってことなのかな?

そうではないとすると・・・・・やはり『マコト』関連になってくるってことになりそうです。

青一もマコトも45年前の人物でありながら肉体が成長することは無く若さを維持してきました。それは『宇宙人の水』を体内に宿していたことが理由だと考えられます。

『絵描きの男』、前回登場した『帰黒』、そして今回の『黄ノ下残花少尉』は、現在の知識を持っていない昔の人間って雰囲気です。つまり、彼らはマコトが自分に宿している『水』を分け与えた存在であり、だからこそ歳をとることなく若さを維持してきた人物ってことになってくるのかもしれません。

だとすると、マコトは双亡亭内部で70年以上戦ってきたという事であり、何人か仲間を作っていたという事になってくるのかもしれません。絵描きの男がマコトである可能性も十分あり得ます。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように